2019年03月17日

ラナンとスイートピーのモーヴブーケ

ラナンとスイートピーとスカビオサのブーケです。
すべてが濃紺。薄紫。

握っているうちにラナンキュラスがどんどん開花してしまうので、手早くまとめるのがポイント。もう一つのポイントは、気ままなスカビオサの向きを巧く生かしてあげること。ラうアンドになるように、と意識しても、だんだんわけがわからなくなりながら、空間を埋める感じで束ねました。スイートピーは、お花の位置が上の方に数輪あって、ちょっと離れたところにも一つ二つ咲いていて、どちらを生かしてあげるのが良いのか迷いましたが、手元に来てしまったお花は、かわいそうだなと思いつつ、カット。

【本日の花材】

ラナンキュラス 大 Mブルー 
        小 ロシェル
スイートピー  グレース
スカビオサ   ラオウハルカ
        ナナオーキッド
ヘデラベリー
トキワガマズミ
グリーンワッフルゼラニウム


Hana-kichiさんにしては珍しく、葉っぱ系が少なめのブーケ。トキワガマズミも「グリーン」の役割でしたが、私は、中心に持ちました。


IMG_5528.jpg


posted by みほこ at 23:31| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

春枝のシャンペトルブーケ

ちょっと贅沢にシャンペトルブーケに挑戦。
しかもかなり大きめ。枝ものだったので重たくてなかなか腕力のいる花束づくりでした。

題して「春枝のシャンペトルブーケ」

使ったお花
コデマリ
ユキヤナギ
スイートピー 白

以上!三種類のみ。

コデマリは、完成予定の大きさになるように黙々と切り分け。だいたい、一枝を三パーツに切り分けました。
ユキヤナギは、ほぼそのまま使用。

ブーケづくりをした日は、コデマリもユキヤナギもつぼみばかりで花の白がスイートピーだけで、青々したブーケに。5日ほど経過して、小さな花が咲き始め、華やかになりました。まだまだ、咲き進むともっと違った雰囲気になるでしょう。


完成当日のお花の様子。
IMG_5481.JPG


今日の様子。
F173508C-4D9E-4355-89AB-92A21E926D66.jpg
posted by みほこ at 22:07| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

大人の遠足 スイートピー

いつも通っているお花のレッスンのhana-kichiさんアレンジの「大人の遠足」と題する、お花の生産者さんを訪ねるという企画でスイートピーを生産されている農家さんを訪問。

久しぶりに東海道線で横浜を声で平塚方面へ。
当日はちょっと冷たい朝で、袖なしダウンジャケットで出かけてしまい、電車待ちのホームではかなり寒い思いをしたのですが、東京北部から湘南まで南下するとお日様が高くなったからだけではない温かさを感じました。
農家さんの近くのバス停から農家さんまでの道のりでは、たくさんの春が見つかりました。

見つけた春
その1 タンポポ タンポポは咲いているだけでなく、すでに種になっているものまであり、種を飛ばすために立ち上がろうとしている珍しい状態のタンポポもありました。
その2 菜の花が開花。自生の菜の花がすでに花をつけていました。
その3 花が咲いているので、当然と言えば当然ですが、モンシロチョウもひらひらと。羽のくたびれ具合までは、観察できませんでしたが、もしかすると冬を越した蝶だったのかもしれません。
その4 野菜を刈った後の香り。この香りは、春の香りというよりは、畑の香りですが、小学生の頃、通学路で鼻先をくすぐっていたあの青臭い香りを久しぶりにかぎました。

スイートピー農家さんでは、育成にどれだけ手がかかるのかというお話や、かつてスイートピー産地として鳴らしていた神奈川は、ちょっと今は元気がない…という超現実なお話まで伺いました。

日照が3日続かないとつぼみを落としてしまう、とても繊細な植物であること。1シーズンに6メートルまでも伸びるので、採花をしやすくするために、枝を下す作業を3回〜4回行っていて、弦をまっすぐに伸ばすためには洗濯ばさみが必需品など、スイートピー畑の中も見せていただきながらお話を伺い、採花までさせていただきました

新しい品種もご紹介くださり、スイートピーの甘い香りをからだいっぱいに吸い込んで帰ってきました。


現場ではブーケを作るレッスンも

【レッスンで使ったスイートピー】

イースターパレード 白
グレース 藤色
リップルピーチ ふきかけ赤色
ヒカル姫 イギリスの生産者さんから種を分けていただいたもの

合わせたグリーンは、ユーカリとゼラニウム。
826219CA-D1AF-4304-993C-17E0779CB932.jpg
香り満載のブーケになりました。ブーケの形は、ごちゃごちゃっとした仕上がりでしたが、かなり華やかな色とふんわりとした香りでなごんでいます。

ハウスの中で、花を付けたスイートピーが整然と並んでいる有様は、可愛いというより、かっこよい感じ。白い花でも、品種によって黄色味が買っていたり真っ白であったり、香りも品種ごとに違うことも並んでいるとよくわかったりと生産現場ならではの実体験をさせていただきました。
A8533977-EFDA-457A-9C9C-E554CF7822D8.jpg





お土産は、自分で採花したスイートピー3本と、神奈川県オリジナルで「香りミックス」と名付けている売り出そうとしている3種のスイートピーも。スーパーで販売されるお野菜や果物に生産者さんのお名前が付くことが増えてきましたが、お花も生産者さんの存在が感じられるような並べ方をしている青山フラワーマーケットさん。こうやって生産現場を見せていただくと、ますます大切に、大事に愛でたいな、という気持ちも強くなります。

C0CF6298-4090-47E2-B5A3-108CBD1F30E9.jpg


posted by みほこ at 22:53| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

4月からのフィンランド語講座のお知らせ 〜予定発表

ただいま開講中で受け持たせていただいているフィンランド語の講座。いずれも4月以降も継続予定です。

その1)「行こう!野うさぎ」を読む @朝日カルチャーセンター 新宿校


4月からの3か月もこの作品を継続して読みます。
小説ですが、日本語訳も出版されている作品なので、日本語訳で読み終わっているところまでカバーしていただければ途中参加でも楽しんでいただける作品です。小説故に、方言・スラングも含めた話し言葉も登場します。一方、当たり前ですが情景描写や感情表現のオンパレード。教科書テキスト、新聞・雑誌などの文章では味わうことのできない、文章表現を楽しむことができます。辞書を引くことが億劫でなければ、どなたでも参加いただけると思います。
予習必須ですが、2週間に1回のゆったりペースですので、長文を読むことに挑戦してみたい方にお勧めです。
詳しくは、朝日カルチャーセンター@新宿校のHPでご確認ください。



その2) フィンランド語講座@マトカトリ/日本橋
「ニューエクスプレスフィンランド語」を一通り学習した方を対象とした応用編。

フィンランド語の基礎・応用編 その3 

実施予定日は、5月の超ゴールデンウィークが過ぎてからの6回。

5月11日、18日、6月1日、29日、7月6日、7月27日

文法事項は、ニューエクスプレスフィンランド語で扱っている内容のみ。使う文章は、会話文を中心に、言葉を発することと語彙を増やすことに重点を置いています。
詳細と申込み他問い合わせは、マトカトリさんへ。


その3)フィンランド語でエッセイを読む会 

アンナ=レーナ・ハルコネンのエッセイを読む会を1回1話で継続中。
エッセイ故の難しさもありますが、フィンランドの今を感じることもできるエッセイです。
3月以降の予定は、次の通り。

3/23(土)
5/18(土)
6/29(土)
7/27(土)

詳細と申込み他問い合わせは、マトカトリさんへ。
予習は必須ではありませんが、事前に読む予定のテキストをお渡ししていますので、目を通してから参加されることをお勧めしています。

フィンランド語に触れる機会を作りたい方。
長文を読むことを楽しみたい方。お待ちしています。

上山 美保子






posted by みほこ at 00:01| Comment(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

2月のお花の記録 二つ 「春の芽吹きアレンジ」と「桃の節句アレンジ」

今回は、2月に受けたレッスン2つ分をまとめてアップ。

その1)「春の芽吹きのアレンジ」

アレンジメントで初めて球根植物が登場。
コケ玉風に作り上げた土台に乗っけるという、なんとも挑戦的なスタイルでした。
球根植物は、ムスクの香りを放つムスカリ。
花が開花し始めた頃、下からもう一本の茎が成長し始めているのを発見。
先に開花した茎は、早々にカット。そのまま、水差しへ。
1本目を切ったとたんに2本目がググんと伸びたのには驚きました。

【花材】
ムスカリ 3個
ローズゼラニウム
スペア民都
ユーカリ
ヘデラベリー
ヒメミズキ
コケ
アジサイ

ムスカリを安定させる針金も用意がありましたが、可能な限り植物だけで留めたくて、ヒメミズキに頑張ってもらいました。

完成直後の図。
46DAB5CE-93BE-4342-9DED-FC7E9262AF1E.jpg

ムスカリがあまりよくわかりません。


ムスカリ開花の図

1C2C1014-890C-42EA-A561-32435AFCADD4.jpg
その2)桃の節句のアレンジ

3月3日の桃の節句をお祝いするためのアレンジメント。
香りを放つ花材ばかり。普段は選ばない可愛すぎるピンク色ばかり。
まだ、完成後1日しか経過していないので、開花には程遠いですが、おそらく3月3日には、ちょうどよい感じになってくれると嬉しいです。

【花材】
花桃
ミモザ
チューリップ 〜クリスマスドリーム
スイートピー 〜サクラ
ラナンキュラス 〜エレガントピンク
スカビオサ 〜ラナ ライト ピンク
リューココリネ
菜の花
手まり草
ポリシャス

四角い入れ物にこんもり仕上げるのは、なかなか難しい課題でした。
乾燥に弱いという桃が無事に開花するのか気になりましたが、無事に開花。

A6DB948F-C63C-43C5-B2AA-9788DB855619.jpg
これからチューリップやラナンキュラスも大きく花を開いてくれると感じもかなり変わるでしょう。
楽しみ楽しみ…

posted by みほこ at 23:00| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

バレンタインデーとお祝いフラワーアレンジメント

2月には、ちょっとした「お祭り」がありますので(バレンタインのことね)、お花で表現してみました。
お花のアレンジメントレッスンで使った台座付きかごを選択。

用意した花材は、次の通り。

ミニガーベラ キムシー (濃いピンクと薄いピンク) 3本
スカビオサ ラオウワインアドレ 3本
バラ ストロベリーモンローウォーク 1本 (お花が5つもついていました)
タラスピ 1本
ホワイトレースフラワー 2本
てまり草 2本
ヒペリカム キャンディフレアー 1本
ゼンマイ 2本
麦 3本
ドラセナ コーディラインスノー 1本
ノレスカス 1本

揺れる感じのお花がなかったので、どうしようかと迷いましたが、タラスピを購入しておいて正解でした。ちょっと揺れる感じを出すことができたと思っています。
ガーベラは、きれいなドームになるように並べるのではなく、少し段差を作って、自由な感じに見えるようにさしました。
元気バージョン

1DB88BDD-F672-4E5F-ABBD-1653862D8772.jpg


自然派バージョン

561A69EC-477D-4F58-803D-82892617622C.jpg
posted by みほこ at 23:32| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

花合わせアレンジ 2月

三回目の花合わせアレンジレッスン。
使う(使いたい)花材を予算に合わせて選んで、アレンジメントにするというレッスンです。今回もテーマは、ラウンド型アレンジ。ですが、自由気ままに作らせていただきました。

今回の入れ物は10センチほどの高さがある円形のかご。フローラムフォームは、かごの高さより少し低め。しかも、隙間あり。花材の高さで仕上がりの高さを調整する練習も兼ねたレッスンでした。

今回使った花材は次の通り。

スノーボール 2本
コデマリ   1本
ライラック  2本
サクラコマチ 2本
アトランティス ミリオンスター 2本
ローズマリー 2本
カーネーション 3本
バラ ドラフトワン 1本
ツインキャンドル 2本
ゼンマイ   3本

お花を選ぶのに多少迷いましたが、ライラックのぼんやり紫色に惹かれたので、ぼんやり色でまとめました。
また、春らしい花材のゼンマイも採用。1本ずつバランスよく入れると、角が出たようになりかねなかったので、かごの口径面が大きいことを生かしてゼンマイとアトランティスでまとめる半分と、もう半分はバラを目立つところに入れました。ゼンマイ側には、カーネーションを配置。フローラルフォームをどうやってカバーするのかが課題と言われ、スノーボール、バラ、カーネーションを土台に。

コデマリは、花をほとんどつけていないものを選びましたが、日を追うごとに花が咲き、ライラックとともに、全体がぼやぼやした感じになっています。

1ABA41D2-CCEE-43C2-89A3-5D63AC8F6185.jpg
posted by みほこ at 22:49| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

春の風そよぐボタニカルブーケ

青山フラワーマーケットのお花のレッスンに通うようになって今年で6年目になったようです。
こんなに長く続くと思いませんでしたが、月2回程度と決めていることも継続できている理由かも。
お花が家にある暮らしも当たり前になりました。
贈り物に作りたいな、と思ってしまう図々しさも出てきましたが、後々まで残るものではないし、お祝いの気持ちを表わすには、ちょうどよいと思えるようになりました。

1月2度目のレッスンのテーマは、「春の風そよぐボタニカルブーケ」。
ボタニカルって植物っていう意味ですよね。植物ブーケってことなのかしら?と予告画像を見ながらひと悩み。
春の風そよぐ…は、新年明ければ暦の上では、日本は春なので、まあ…とは思いましたが、今日は、超冷え込みの厳しい日。
各地から雪・大雪のニュースも入ってきていることと、映画「雪の華」#雪の華 の情報があふれていることもあって、お花の色合いから今日のブーケのテーマは、まさに「雪の華」。
枝分けをせずに作成する人と、メインの茎を短めにして、中型版と2種類の大きさになりました。

【花材 お花篇】
バラ 〜グリーンアイス 2本
アスチルベ 白 3本
宿根スイートピー 白 6本
グリーンミスと 3本

【花材 葉っぱ篇】
スモークグラス 3本
豆の花 2本
ローズゼラニウム 2本
リキュウソウ 6本
ヘデラベリー 1本


束ねる際のテーマは、流れるように。バラの茎が垂れる感じになるのを使ってまとめました。
茎の長さが短い宿根スイートピーを足元に入れて見えるようにしたのがポイント。
リキュウソウの茎がどれもかなりしっかりしていたので、バラの流れとは違う方向へ流してみました。



6812D3F8-4F3B-44C4-A6E7-8AE063A90C3D.jpg
今回は、ラッピングも白だけにしてみました。

B59D8F5C-945A-4E7A-B7AB-00118303DFA0.jpg

自宅で。かなりのお気に入り。

posted by みほこ at 22:56| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

北欧作家絵画展 @ 渋谷・東急本店 2019年1月31日〜2月13日

毎年恒例、『北欧作家絵画展』のご案内をいただきましたので、ご紹介。

『北欧作家絵画展』
2019年1月31日(木)〜2月13日(水)
渋谷・東急本店 8階 美術ギャラリー
渋谷区道玄坂 2‐24‐1


フィンランドの作家 3名、エストニアの作家 2名、デンマークの作家 1名の作品を40点ほど紹介される絵画展。


ギャラリーさんから、「一押し」作品3つの画像をいただきましたので、ご紹介。


V.ケンパイネン
V・ケンパイネン 『 大地の精霊たち 』  絵のみ .jpeg


動物たちがたくさん遊んでいて、明るいけれど落ち着いた色合いの可愛い系の絵。どんな部屋の壁に飾ると素敵かなと考えるのも楽しいです。


J.ミルダバーグ
J・ミルダバーグ 『 夢見の時間 』   絵のみ.jpeg


ちょっとおしゃれな感じの人の自宅にありそうな絵。珈琲豆の焙煎の香りが漂うような落ち着いたカフェにあってもよいかも…
あ、具体的になりすぎかな…


R.L.トゥーンペレ
R・L・トゥーンペレ 『 海水浴 』   絵のみ.jpeg



「不思議な図鑑」なんて言いながら楽しめそうな絵だなって思いました。


日常生活の中に絵があるって贅沢だけれど、ちょっと良いなって思います。





posted by みほこ at 22:09| Comment(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

花合わせプレミアムレッスン アレンジメント 〜ラウンド型

新年一回目のお花のレッスンは、アレンジメントラウンド型。
自分で花材選びから始める楽しくて、ちょっとドキドキレッスンでした。

今回の予算は5000円(お花のみ)
選んだお花

ラナンキュラス ポムロール 3本
バラ 3本
グリーンワッフルゼラニウム 2本
こでまり 1本
花ウサギ 1本
シスター 1本
アメリカンブルーバジル 1本
青もも 1本

以上は、実際に使ったお花。
その他、今日のアレンジメントには使わなかったけれど、お正月飾りから取り外した花材を使って復習を兼ねて、もう一つ作ったアレンジメントに投入したもの。

すべてスイートピー 各1本
ローラン
ファースト
ラベンダー
クレオ
ステラ
ローズ

レッスンで作ったアレンジメントは、低い位置でまるっこいものでまとめたので、ひらひら系のスイートピーを入れる空間がなくなってしまいました。本当は、もう少し、まるっこいモノたちを浮かせればよかったようなのですが、これはこれで、うまくまとまったので、満足満足。
みなさま、カラフルカラーなお花を使っていて華やかだったのですが、私のだけ、緑系。色なし…家に持ち帰って初めてよい感じに思えました。
C7737E37-1C01-4B83-8200-3FD5363280CF.jpg





スイートピー7本を贅沢に使っい、リサイクル花材で作ったアレンジメント。
中心に松を据え、「足元」には、葉ボタンなど。
松のツンツンにスイートピーの柔らかい花びらを傷つけないように刺すのがちょっと大変でしたが、完成品は大満足。
余っていたコデマリもいい感じにあしらえたと思っています。
5D8B27ED-CCCD-4659-800F-30198F6C9105.jpg



posted by みほこ at 23:31| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする