5月のSeasonal Bouquet デルフィニウムとクレマチスのブルーブーケ

青系のお花は割と少なく、だからこそ参加しました。 今回の主人公は、つぼみの形がドルフィン(イルカ)に似ているという理由が名前の由来だというデルフィニウムと蔓性植物の女王といわれるクレマチス。それぞれ2種類を使ったブーケづくりでした。 完成直後 【花材】 デルフィニウム スーパーグランブルー (色の濃い方)     …

続きを読むread more

ジャルダンアレンジメント 5月のお花

今回は、自分でお花を選ぶのではなく、お花がすでに決まっているアレンジメントクラスに参加しました。季節柄、母の日をイメージしているアレンジメントでしたが、シャクヤクやスプレーバラも入る華やかなアレンジメントでしたので参加しました。 【使用した花材 ~オアシスに差した順番に】 ポリシャス       1本 シャクヤク(サラ…

続きを読むread more

東京サンゴリアス vs. クボタスピアーズ船橋・東京ベイ @秩父宮ラグビー場

 2024年ゴールデンウィーク後半中日。ラグビー・ワンリーグ最終戦シリーズの一試合、サンゴリアス対クボタスピアーズ戦を観戦してまいりました。サンゴリアス・ホームの試合ですが、クボタスピアーズファンのオレンジ色も多く、スタジアムは、黄色なのかオレンジなのか同系色でみんなが両方を応援している雰囲気に。  お隣の神宮球場では六大学野球の早稲…

続きを読むread more

4月の花合わせレッスン

 久しぶりに同じお部屋で2つのレッスンが並行して進行するという楽しい空間での花合わせレッスンでした。  仮想お花店に用意されていたお花たちは、ピンク、オレンジがメイン。グリーンの種類は豊富でうれしい感じ。予算5100円で作るブーケに選んだ花材は以下の通りです。 【選んだ花材】~選んだ順 リョウブ        2本 カーネー…

続きを読むread more

【映画鑑賞記】 手紙と線路と小さな奇跡

2021年制作韓国映画 『手紙と線路と小さな奇跡』鑑賞記   原題直訳では「奇跡」。実話をもとに描かれた作品とのことだったので、ちょっと脚色されている程度だろうと思ったら、なんとファンタジー仕立てでした。時代は、ソウル五輪の頃のお話ですが、首都ソウルと田舎の村との違いや、進学というものへの考え方、家族への思いなど、韓国だなと思う…

続きを読むread more

編集協力という仕事 『エジプト人シヌヘ』刊行に寄せて

 フィンランド語を生業の一つとしています。フィンランド語の手ほどきをする、いわゆる語学講師という仕事。フィンランド語から日本語に置き換えるという翻訳や通訳という仕事。今回は、編集協力という仕事でした。編集協力でかかわった本『エジプト人シヌヘ』がようやく刊行となりましたので、どんな仕事だったのか…という面からこの作品について紹介したいと思…

続きを読むread more

東京サンゴリアス vs. 静岡ブルーレブス @秩父宮ラグビー場

 平日夜のゲーム。17時開場、19時キックオフ。 混雑を避けるために17時過ぎに地下鉄で外苑前駅に到着。駅構内の柱は、サンゴリアス色。今日の試合のために⁉と驚きましたが、3試合(3週連続)を応援するための広告のようでした。すごいな、サンゴリ君。 駅からスタジアムへ向かう道は、なかなかの人の数だったのですが、秩父宮…

続きを読むread more

Seasonal Bouquet  カラー×バラのブランブーケ

今回は、ちょっと難しい花材の組み合わせでのブーケづくり。挑戦するって大事なこと、と思って参加することに決めたレッスンでした。 【花材】 カラー ウェディングマーチ エレガンス 4本 スプレーバラ モンローウォーク 2本        リトルシルバー 2本        シフォンドレス 1本 グリーンレース 1本 コデマ…

続きを読むread more

『北欧の神秘』展 @ SOMPO美術館 へ行ってきた

 2024年3月23日~6月9日まで開催中の『北欧の神秘』展@SOMPO美術館(新宿)へ行ってきました。こういう展覧会は、テレビや新聞で紹介されると途端に混雑するので、早めに乗り込んだわけです。美術系の番組での紹介を視たり、新聞評を読んでから行くと、要所がわかるし、なるほど、と納得しながら楽しむことができるという良さもありますが、自由な…

続きを読むread more

Seasonal Bouquet 3月の巻 

今月は、仮想お花屋さんで花選びから始まるお花のレッスンがなかったので、先生が選ぶの季節のお花をメインとしたSeasonal Bouquetに参加しました。 今回のテーマのお花は、クリスマスローズ。通常は、クリスマスの始まる季節の頃から咲き始めるというキンポウゲ科のお花。そして、産地さんを紹介すべく、それぞれのお花を得意とする花農家…

続きを読むread more