2014年12月16日

第四日目 クリスマス狂想曲!?

本日は、快晴!日の出が遅く、日の入りが早いのでお天気の良さを心行くまで楽しむという時間のゆとりがないのが残念ですが、青空が見えていると移動も地下鉄ではもったいないので、遠回りでもトラムで。歩ける距離なら歩いて移動の一日でした。

昨日は人に会うことがメインの一日だったので、今日は、本屋めぐりの一日。驚いたのは、どこのお店もなんだかとてもざわざわしているということ。何度も何度も時間を確認。まだまだ、普通に働いている人が多い時間帯のはずなのに、ものすごく混んでいる。レジなども書店とは思えないほどの列。しかも、手に持っている本の数が1〜2冊ではなく、もっとたくさん。みなさん、クリスマスプレゼントを買い求めているようでした。その様子は、まさしく狂想曲。本に関する問い合わせも多いようで、スタッフの皆さん、フル回転。つい最近、フィンランディア文学賞も発表されましたから、受賞作は、平積みの中でも特等席に。アカデミア書店では、パレットのまま床にど〜んと置かれていましたから、その迫力といったらありませんでした。

そして、夕方は、ウスペンスキ寺院でクリスマス・コンサート。
通常、席が入っていない寺院内もコンサートのために椅子が入って客席ができておりました。
教会という建物内の反響の良さが最大限に生かされた美しい歌声のコンサートでした。合唱団員の数はそれほど多くなく、でも、いい塩梅の強弱と表現を愉しめるコンサートでした。

正教会のきらびやかで厳かな雰囲気の中での演奏は、コンサートホールとは全く違う良いものでした。

ウスペンスキ寺院からヘルシンキ大聖堂を臨む・・・

16-12-2014-1.jpg

posted by みほこ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬休み2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする