2014年12月20日

第八日目 ムーミン&ヤンソンからシベリウスへ

お休み実質最終日。

クリスマス前の最終週末で、朝から街の中心部はたいへんな賑わいでした。
スーツケースごろごろ組もたくさん見かけたので観光客も多かったのは確かですが、お買い物の袋をいくつも持って移動している人の数も半端なく多かったです。

でも、夜の人の出はほとんどなく、地元に住む友人も、土曜日のこの時間にこれだけ街が空っぽというのは、ちょっと考えられないと申しておりました。

書店や街を回ると、あ、来年の準備が進んでいるなということに気が付きます。来年の準備・・・そう、シベリウス生誕150周年。
その先駆け的催しがおそらくアテネウム美術館で行われている「シベリウスと芸術家の世界」。 アテネウム美術館正面からの図。建物改修中で、ちょっと変な感じですが。

20-12-2014-1.jpg



シベリウスの顔が色分けされております展覧会のポスター(右側・上の写真をクリックして拡大していただくとわかるかと思います)。これがあるものの分析結果で、へぇ、そんなものですか、と理解できたような、煙に巻かれたような、でも面白い発想だなと楽しめました。ポスター一枚で、楽しめる展覧会って好きかも。


実は、今日は、「このためにフィンランドでの冬休みを計画しました」・・・という「メイン・イベント」Rajatonのクリスマスコンサート@Music Hallだったのです。楽しくて、心地よかったコンサートのことはまた後ほど。

コンサートへ向かう道中の風景。

20-12-2014-2.jpg

肉眼だともっと美しかったです。

posted by みほこ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬休み2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする