2014年12月28日

冬休み2014 総集編 自転車篇

帰国して1週間 忘れぬうちにいろいろ書きたいと思いながらあっという間に1週間。ホントに忘れないうちにまとめ書きをしておこうと思います。

今回は、実質最終日にRajaton(ラヤトン)のクリスマスコンサートを聴きに行くことを最大の目的に渡航。偶然にも同じ時期にフィンランド及び欧州旅行にやって来ていた友人と行動を共にしたことで、一人で滞在していたら絶対に行かないようなところまででかけることができ、とても良かったと思います。

到着早々、ちらっと雪はあったものの翌日からは、雪なしのヘルシンキ。翌日、久しぶりに出かけたトゥルクでは、大聖堂と大好きなミカエル教会両方に入ることができたことが何よりも嬉しいことでした。
そのトゥルクの大聖堂前に無造作に駐輪中だった自転車。

14-12-2014 P.jpg

トゥルク大聖堂前には、こういう黒い自転車がよく似合う、と思います。ホントに・・・

次は、わざわざ通過してから、この場所へ戻ってまで写真に撮った自転車2台。
いずれもヘルシンキで。
20-12-2014 p.jpg

16-12-2014 P.jpg

黄色い方は、サドルの高さが私の腰よりも上の位置。背の高い(たか〜い、と伸ばしたくなるぐらい高い人)が、黒いウールのロングコートを着て、やはりフェルト製の黒い丸い帽子をかぶって飄々と乗っていそうなイメージの自転車でした。

ピンクの方は、お買い物に来ている自転車の列の中で発見。女性でも男性でも乗れそうなこの自転車。男性が乗っている方が可愛いかな。色、形、すべてに於いて二重丸。乗りたいな、と思うような自転車でした。

また次回、街をさっそうと走る自転車に、駐輪中の自転車に目を配りながら過ごしたいと思います。

posted by みほこ at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 冬休み2014 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする