2015年09月30日

卸売り店とリサイクルセンター

すっかり秋が深まっているヘルシンキ。奇跡的にお天気にも恵まれております。
紅葉も進み、木々も冬の準備を着々と進めているようです。

今日は、「個人事業者」が買い付けに行くことができる卸売り店とリサイクルショップに連れて行ってもらいました。

卸売り店だからと言って、すべての物品の単価がお安いわけではなく、小売店と変わらぬ値段の商品がほとんど。ただ、レストランやカフェ等を経営する人たちが買い求めに来る場所なので、消費量が多い調味料や洗剤など、大型パッケージのものを置いていたり、商売用の特別な雑貨の取り扱いがあるというのが特徴。お肉の販売単位も半端なく大きかったです。卸売り店が集中している一区画なので、花・植物専門の卸や、紙類専門、お肉専門と色々な専門卸店がありました。

リサイクルセンターは、お久しぶりな感じ。個人で持ち込むこともできるし、買い物に来ている人たちもけっこういました。リサイクル物品は、書籍、食器、衣服、履物から、自転車、電化製品、家具、洗面台に至るまで自動車以外はなんでもありそうなところでした。一番目を引いたのは、ウエディングドレスだったかな。以外と履物(靴)の数も多かったです。
不要になった品々を持ち込んで、あるいは回収してもらってリサイクル販売されているものもあれば、亡くなった方の遺品をまるまる引き取って、リサイクル販売しているものも多いとのこと。ここであれやこれやとモノを見ましたが、この2年ほどの間、絶版になっていて古本屋さんでも探し続けていた本が2冊も見つかって、なんだかとってもお得な気分になった一日でした。

リサイクルセンター内にあった分別ゴミ箱。
元々洗濯機でした…だそうです。

2348C71F-5112-4841-B890-A3B1F34C9F42.jpg

本日の歩数 4,954歩
運動量が高かった歩数 1,239歩 (約10分)
総距離 2.87km

歩いた歩数、少なすぎ。明日はまじめに歩きに行こう!

今日の空。午後6時30分頃。毛布みたいに見える。
496D20FE-330B-4819-8FAB-2D3C879A38AA.jpg


posted by みほこ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

おしゃべり・食べる・おしゃべり・移動・おしゃべり・食べる…な一日

大快晴の気持ちの良い一日でしたが、万歩計の数字はほとんど上がらず友人たちとおしゃべり三昧。
今日、発した言葉の数はいつもの100倍くらいになったような気がします。

おしゃべりの合間のわずかな距離の徒歩移動中にみつけたもの。

29-9-2015.JPG

ベンチの脚がカモです(たぶん)。アヒル!?ガチョウ!?とにかく水鳥。

明日は秋を見つけにお散歩に出かけたいなと思っております。曇り空のようなのですが・・・

本日の歩数 7,154歩
運動量が高かった歩数 1,792歩 (約15分)
総距離 4.25km
posted by みほこ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

ヴィリニュスからヘルシンキへ 

今日は、ヴィリニュスからヘルシンキへ戻るだけの一日にしました。朝、のんびり起きて、朝食もゆっくり。出発までの時間は、ひたすら残りのハガキを書き、ホテルの窓から外を眺めたり、ぼんやりして過ごしました。

28-9-2015.JPG

絵ハガキさんたち。こてこての観光用カードはあまり魅力的には感じませんでしたが、こういうアート系カードは見ているだけでも楽しかったです。カードの紙もけっこう分厚く、画用紙風のものも。


窓をしっかり閉めていると、気が付かないのだけれど、窓を開けていると飛行機の音が突然聞こえてきたりします。外を歩いていても、お、飛行機だ、と思うことがありました。市内から空港まで、タクシーで15分。バスは、停車しながらでも、30分かからない距離なので、空港と市内がとてつもなく近いのです。そして、ヘルシンキから1時間のフライトで海を越え、2つも国を超えてしまうって、なんだかすごいことに思えて仕方ありませんでした。飛行機のエンジンの大きさによってフライト時間が変わるとしても、この距離感は何とも言えないものがあります。日本だと、十分に国内フライト…フィンランドでも、ヘルシンキから北へ向かって飛んだら国内線ですね。

インフラは、けっこうフィンランドメーカーの物が目につきました。まず、エレベーターKONE社。そして、ホテルの窓。把手を上にすると、上部だけ倒れるように開けられて、横にすると、普通の窓として全開可能。これって確かフィンランドの自慢の窓なのではなかったかな、と思うのですが、メーカー名が確認できずに残念。気密性が高いので、かっちりと閉めると音もしっかり遮断します。ホテル以外でも、この窓を使っているレストランを見かけましたので、けっこう便利だと認められているのかな。その他には、ガソリンスタンド(NESTE)そして、街中の電動式広告ボード。ファストフードでは、SUBWAYに負けず!?Hesburgerも入っていました。食べませんでしたけど…スタバがなくてほっとして、ロバーツコーヒーもなくてちょっとほっとしました。

あいにくコーヒー飲みではないので、行く先々で飲んでいたのは紅茶。いわゆるBlack Tea。初日は、飲みなれている味とは違うかなと思いましたが、おそらくそれは水質の違い。2日目以降は慣れまして、美味しくいただくことができました。とあるレストランで、「デザートはいかが?」と言われたときにデザートと共に頼んだのが、Giliu kava.ミルクコーヒーですが、いわゆるコーヒー豆を抽出したものではないのでノンカフェイン。若返りと美容に良いです、なんてことがメニューに書いてあり、即試すしかないでしょう。英語でなんて書いてあったのか、ちゃんと控えてくればよかったな。調べたけれど、何かいまだに不明。

そして、リトアニアと言えば、琥珀とリネン。
琥珀もちゃんと見ておこうと一軒だけお店に入ってみましたが、触発されることはなく、そそくさとお暇。
リネンのお店はかなり楽しみました。お店によって品揃えも違うので、見どころ満載。魅力的なお店も何軒か。お店によってこんなにも品揃えが違うということは知らなかったのですが、いわゆるお土産屋さんとして営業しているのではないということが判って逆に安心でした。

本日の歩数 6,808歩
運動量が高かった歩数 2,898歩 (約25分)
総距離 4.14km

総歩数は、昨日の3分の一。でも、運動量が高い歩数は、あまり変わらず。
だらだら歩きが少なかったってことですね。
続きを読む
posted by みほこ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

休暇 7日目 ヴィリニュス 3日目 快晴〜突如にわか雨 さわやかな日曜日

当初、カウナスへも出向くつもりで3泊旅行を組んだのです。でも、徒歩だけで回るのには限界というものがあり、旧市街だけで1日半を費やし、ウジュビス地区にもまだ行けていない、ということで、カウナス行きは取りやめ。また、この国へ来る理由を残しておこうかな、と言い訳。

今日は朝から快晴で、気持ちのよいこと限りなし。教会の塔より高い建物が旧市街地にはないので、空が遠くまで気持ちよいまでに見渡せるのです。雲が向こうの方まで綺麗に並んでいる姿は、実に美しかったです。


宿泊ホテルは42室という小規模ホテルで個人旅行者ばかり。自家用車できている人も多く、ナンバープレートを見ると、リトアニア、ポーランドが圧倒的。でも、廊下から聞こえる言語は英語という印象だったので、世界各国から満遍なく来ているということでしょうか。

今日は日曜日なので、お店も食べるところもかなり不便になるのかな、と構えていたのですが、そんな心配は皆無。営業時間が平日よりは短いということはあっても、普通に営業。日曜日はお休みと言うお店は少ないかも。
旧市街という場所柄か、金曜と土曜日にはウェディングドレスを着たカップルが記念撮影をする姿を何組か見かけました。真冬はきっとできないでしょうから、夏から秋にかけては多いのかな。

旧市街は見どころの建造物前には案内板がありまして、ガイドブックなしでも楽しめようになっております。中世の建物が、手入れされることもなく独立するまで月日が流れてしまったのでしょうから、この25年で沢山の場所に手を加えて街全体を整えているようですが、まだまだその作業は続きそうです。ガイドブックには改修中となっていたお城が改修も終わり憩いの場所になっていましたが、街が発行する地図にもはっきりと案内がないためか、人はまばら。見晴らしもよいところなのに勿体無いな、と。

4D116CD0-6970-49B7-B2B5-1EACC4FDDB85.jpg
ウジュビス(共和国)地区のカフェ前。
ここでもハロウィンは祝うらしい…

歩数 17,182歩
運動量が高かった歩数 4,907歩 (約40分)
総距離 10.61 km


歩きすぎ…
posted by みほこ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

休暇6日目 ヴィリニュス2日目 雨〜曇り

昨日はトレーナー1枚でもてくてく歩くと汗が出るくらいだったのに、今日打って変わっって気温が下がり、風を通さないタイプの上着が活躍する1日でした。

展望台としても絶好のゲディミナス城跡まで登って遠景も楽しんだのですが、青空が見られなかったのでちょっと残念。でも、旧市街がオレンジ色の屋根で埋め尽くされているのと周りの秋が近づいている緑の組み合わせは美しかったです。

49AD5802-83F2-4430-A742-A68C71A372E1.jpg

ここでは、風の加減で黄葉した葉が一挙に舞うという美しい光景を見ることが出来ました。



今日街中を歩いて一番驚いたのは、大聖堂の大きさ。大きいというより、でっかいと表現したくなる大きさ。建立の理由を知ればなるほど、と思いますが、それにしても、守護神たちは怖いくらいの大きさで、造るのも大変だったと思いますが、今、美しく維持するのも大変だろうなと思います。そして、美しいと思ったのは聖アンナ教会のステンドグラス。おそらく、建物の形の方が注目される教会なのだと思いますが、私はステンドグラスに惹かれました。
この教会の扉の把手がむふふ、なんです。

7F4AD358-DF4B-4334-95D5-80AFB33AA0D9.jpg

きっと意味ありますよね。何かな、と思っております。

少し街の雰囲気にも慣れて、周りを見回すゆとりも出来たらこんなものが気になるようになりました。
B30C4C30-F01F-40BE-994D-8EAB09DEB911.jpg

片手あげたらサタデーナイトフィーバーじゃない?それより、より人の歩き方に忠実な絵になっているのか、何だか変な感じだと思うのは何故?

本日の歩数 14,953歩
運動量が高かった歩数 3,628歩 (約30分)
総距離 8.92km

総歩数に対してきびきび歩きが少なかったかな。





posted by みほこ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

休暇 5日目 ヴィリニュス初日

今回、久しぶりにフィンランドから脱出も図り、ただいまリトアニアの首都ヴィリニュスに滞在中。宿を旧市街の中に位置するところにしたので、取り敢えず、黙々と歩きました。雨にも降られたので、あまり遠出はしませんでしたが、明日は観光らしいこともしてみようかと思っております。

046935EF-6C67-4067-87DA-903E2D1C0311.jpg
リネンショップの前にいた子


ヘルシンキから600キロ強南下しているので、気温が温か。トレーナーでも一生懸命歩くと暑いくらいでした。

市内に到着したのがお昼過ぎで、ホテルのチェックインは2時からだったのに、準備が出来ていたからか、何も言わずに鍵がいただけました。

とにかくまずは腹ごしらえ、とガイドブックを頼りにお店に入ると、お一人様旅行者がけっこう入ってくるお店でした。団体さんに囲まれなかったのは良かったかも。料理の量がわからないので、おそるおそる取り敢えずスープを注文。ライ麦パン付きでお腹いっぱいになりました。クリームスープだったからかお腹の持ちも良かったです。

今日は、夜明けの門と聖霊教会(観光客が多かった)と聖カジミエル教会を回りました。聖霊教会は、夕方に行ったからか仕事帰りに立ち寄りました、という感じの方々が出たり入ったり。自分の生活の中に、お稲荷さんに頭を下げる、とか、ちょっと神社やお寺さんに立ち寄るという習慣がないので、このような習慣がある人たちに遭遇すると(旅先では度々ある事)、心の拠り所を意識して生活するってどういう事なのかな、と考えます。考えるだけで、何も変わりませんが。日本でも、生活の一部になっている方ってけっこういると思うのですけれど。

さて、ここの旧市街は歩くと必ず何処かの方向に教会の屋根が見えるような気がします。広い道もあるのだけれど、一方通行の道も多く、狭いのにかなりの速度で車がやってくるのでぼやぼやはしていられません。まあ、地元の人にとっては生活の場であり、観光客がぼやぼや何をしている!ということなのでしょうね。

空港から市内に入り旧市街まで入ってきた通りすがり人的感想は、主義主張が大手を振って出来なかった時代の長さが街の其処此処に感じられるところだ、というところでしょうか。
落書きが、けっこうあります。旧市街に入るとさすがにほとんどありませんが、とんでもないところに、物凄くカラフルで激しい落書きがあります。

来る前から気になっていたことは、言葉のこと街中で聞こえる言葉に耳をそば立てておりましたが、ロシア語と恐らくリトアニア語(こちらは、果たして本当にリトアニア語かどうかは分かりません)が半々ぐらいの割合で聞こえてくるという印象です。同じお店の中で、スタッフさんの会話が両方の言語でなりたっており、皆が両方の言語を使えるのだろうか?なんてことを始めとして、いろいろなことが気になり始めております。

そして、絵はがきを買おうと本屋さんにも二ヶ所立ち寄りました。『マップス 新・世界図絵』のリトアニア語版を見つけ思わず値段を確認。フィンランド版よりも10ユーロ以上お安かったです。これが、フィンランドとリトアニアの物価の違いの参考にもなるでしょうか。お茶などは、二分の一という印象でしたが。
その他、ムーミンの本(小説)もありまして、ムーミンのカードもみつけちょっとがっかり。日本の本は、村上春樹の『色彩のない…』の英語版ペーパーバックを見つけたくらいかな。

今日1日、いろんな事があったので、話題がばらばら。一応、記録ですので、こんなところで。


本日の歩数 14,035歩
運動量が高かった歩数 2,841歩 (約25分)
総距離 8.62km


1E53D348-67D8-4932-B170-9E6BA65A13CA.jpg
観光案内所(旧市庁舎)のドアノブ





posted by みほこ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

変わりすぎ〜

今日は、友人に会いにKallio地区へ。今、ホットな地区のKallio。お昼時になると、食べ処はいつもどっと混みだします。今日の食べ処は、カッリオ教会にかなり近いところだったので、そのまま、カッリオ教会にもお邪魔しました。ものすごく大きくてがっちりしていてどこかの駅ですか?とでも言えそうな建物ですが、中に入って驚きました。とてもさっぱりしているのは、ルーテル派教会独特のものだと思いますが、設置されているパイプオルガンが建物のサイズに合っていて巨大。次回、この教会でコンサートが催されるときに居合わせることができたらぜひ出かけようと思います。
D81112C9-C30F-4120-9BFD-61E67F952CCA.jpg
これがカッリオ教会です。



お昼のあとは、ヘルシンキへ来ると、必ず一度は立ち寄る“定番のお店”を見て回りました。あちらこちらのテナントが変わっていてびっくり。私の大好きなお店が明日で閉店という張り紙を見てちょっと衝撃を受けました。張り紙の内容とお店の人のお話しでは、ヘルシンキの中心街からはお店がなくなるだけで、XXXと○○○にはあるから来てね…と。いや、この中心街にないと、私には不便なんですけど、と心の中でぶつくさ。お店の入れ替わりが早いというのは、今に始まったことではないので、猛烈に驚くようなことではないのだけれど、何か目的をもってそのお店のあるところまで行ってなくなっていたりすると、困るよ…と思います。もっと、地元の人の生活の拠点である住宅街での商売に力を入れるという感じでしょうか。それとも、中心街は、家賃が無謀に高いのでしょうか。また、ヘルシンキ市内のカフェ勢力図も変わりつつある模様。スタバが、一店舗開店準備中の場所を発見。その向こうを張ってかFazerのカフェやレストランがあちらこちらに増殖中。Roberts Coffeeがんばれ!です。加えて、とうとうネコカフェ(Kissakahvila)も出来ていました。写真は撮りませんでしたが…今年の7月中旬にオープンしたようです。“世界標準化”も異常なまでの速度で起こりますね。国ごと、街ごと生活臭的特徴が失われていくのは残念にも思います。その土地の気候・風土の特徴に合った生活様式とか、建物の構造が普遍的なその土地の特徴となって継承され残って行くのかな。

本日の歩数 10,795歩
運動量が高かった歩数 2,377歩 (約20分)
総距離 6.32km

今日の自転車

24-9-2015.JPG

この色。素敵過ぎ。
posted by みほこ at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

富士山、桜、そして黒澤…

本日も短時間ではありましたが、ヘルシンキの中心地をぐるぐる歩き回りました。今日は、カフェでお茶をしようと張り切っていたのに、入りたかったカフェがどこもかしこも満席で、結局、お茶休憩はなし。行くところ行くところ、満席だったので、それ故に、ぐるぐる歩きになったとも言えます。普段の日と歩く歩数はそれほど違いがないのに、歩く道は石畳みが多いせいか、足の、足首の疲労度は半端なく高くなりました。荷物もほとんど持っていないのに、なぜでしょうね。歩き方の問題かな。


今回は、切手を買い求めるのも、絵ハガキを買い求めるのもできるだけ控えようと思っているのですが、郵便局があるとどうしても吸い寄せられるように入ってしまいます。郵便局内で扱っているカードやグッズなど、POSTIの正規商品以外は、品揃えが場所によって違うこともあってどうしても気になって入ってしまうのです。だからと言って、何かを買い求めるわけではなく、何となく眺めるだけなのですが。そして、今日は、とうとう切手を買い求めてしまいました。9月11日に発売された記念切手が可愛すぎ。格好良すぎ。この切手を貼ってお便りしたいなという欲求が高まりまして、明日からは物書き時間が増えそうです。

23-9-2015-2.JPG
可愛すぎの切手がこれ。航空郵便用のPRIORITYシールも図案の中に入っていて、どうやって貼ればこの可愛さが生かせるかで悩みそう。イラストレーターは、Lotta Nieminen。今日、本屋で見かけて可愛い!と思った絵本がこの人の作品でした。2013年WSOY発行。翻訳書扱いになっていたのでどうしてだろうと思ったら、先に米国で出た本だったようです。この方、活動拠点は、ニューヨーク。なんと・・・エルメスのお仕事もしていますし、日本のスーパーマーケット、イオンのお仕事もしています。

23-9-2015-1.JPG
格好いい方の切手がこちら。「フィンランド人の日常生活を彩のあるものにするデザインプロダクツ」というテーマ。

そして、はがき。
23-9-2015-3.JPG
動物イラストは、すべて、マッティ・ピックヤムサ。子どもがテーマのハガキもあったのだけれど、何となく動物テーマのハガキの方が季節感もあってよいかなと思って選んでみました。

さて、本日のタイトルにした「フジヤマ、サクラ、クロサワ・・・」久しぶりにこんな単語を投げかけられました。あなたは、日本人?と英語で聞かれ、「Yes」と答えると、一方的にこれらの単語を並べられ、そのあと、にっこり笑って去って行かれました。う〜ん。フィンランド人を見かけた日本人なら何て言うのでしょう。「サウナ、サンタクロース、カウリスマキ…」それとも「サウナ、ムーミン、シベリウス…」かな。

街を歩いているときに、キオスクなどのスタンドに刺さっているタブロイド紙のトップ記事を目にするにつけ、難民受入問題とフィンランドの国内事情と色々単純ではないことが感じられますが、私のようにこうやって、ふらふらしている「外国人」は、どんな風に見えているのかな、と気になったりします。いつも、海外に滞在するときは、ちょっとお邪魔させてもらっていますよ、という気持ちで時間を過ごすようにしているのですが、あ、見られているな、と視線を感じるときは気になります。


本日の歩数 10,547歩
運動量が高かった歩数 4,054歩 (約35分) 
総距離 6.54km
posted by みほこ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

曇り〜快晴〜一瞬雨!?

快適にお休みが滑り出しました。夕べは、かなり雨が降っていたので、雨降り休みになってしまうかな、と心配しましたが、今日は、お昼頃から快晴。サングラスが必要と感じられるほどの日差しの強さもあり、気温は適度で歩き回るのにはちょうど良い気候でした。ダウンジャケットを着ている人もいれば、薄手のジャケットだけの人も。服装は本当にてんでバラバラです。

今日は手始めに本屋さんめぐり。新刊書はどこでも見つけることができますが、昨年出た本だと在庫状況は実にバラバラ。こちらにあって、あちらには無し、という現象は相変わらず。今日の本屋さんめぐりで気が付いたのは、日本「大人の塗り絵」本がかなり流行っていると感じておりますが、その現象はこちらにもあるな、ということ。今日は、Suomalainen Kirjakauppaだけ回ったのだけれど、塗り絵の道具と、塗り絵本が平台に固められていました。その他、目についたのは、お料理本と編み物本。健康志向は相変わらずですし、冬に向かって編み物の季節も到来ですね。もう一つ、あ、この国でも出ていると思ったのは、「マップス 新・世界図絵」(徳間書店)のフィンランド語版。出版社は、nemo(ネモ)で、なるほどと思いました。何故なるほどか、というと、日本でも6月に刊行されたアイノ-マイヤ・メッツォラ(メツソラ…の方が読みやすくない?)「いろのえほん」「かずのえほん」(パイ インターナショナル出版社)を出しているのが、nemo。サルミアッキやラクリッツの「研究本」を出していたのもnemoなのです。なるほど…でしょう?


さて、今日、街を歩いていて秋だなと感じたのは、あらゆるところで改修・改装中の文字が躍っていたから。ストックマンデパート前の三人の鍛冶屋像には、覆いがかぶっていましたし、エスプラナディに面したマリメッコのフラッグショップも全面改装中。国会議事堂もすっぽり覆いを被っておりました。

季節の秋はこんなところからも感じられます。
22-9-2015-1.JPG

そして、フィンランド滞在中恒例の自転車ウォッチング。今日も数台、立ち止まって眺めた自転車がありましたが、その中から、今日特筆の一台。

22-9-2015-2.JPG

うっすらと模様が入っているところが注目点。実は、この奥に映りこんでいるピンクの自転車も、ショッキングピンクの度合いがお気に入りです。

さて、明日はどんな一日になるのやら…

本日の歩数 11,522歩
運動量が高かった歩数 6,258歩 (約50分) 
総距離 7.3km
posted by みほこ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月21日

雨のヘルシンキ

本日より、本年の夏季休暇開始でございます。今回のお休みの目標は、たくさん歩く。そして、ゆっくり、のんびり休息する。矛盾しているようなしていないような…

今回もフィンランド航空利用で、今回は機内食に「特別食」を注文してみました。デザートがチョコレート類ではなく(普通食の昼食は、チョコレートケーキと着陸前の軽食は、チョコレートのお菓子)果物だった点がうれしかったです。

機内で楽しんだ映画は、日本映画「マエストロ!」。気になっていた映画だったので、見ることができてよかったです。その他、気になった映画は、フィンランド映画のMielensäpahoittaja(不機嫌な人)。帰りの便で見られると良いなと思っております。

そして、初日の今日は、「時差ボケ」にならないように、夜中まで起きている、が目標。
荷物の整理をして(要は、お土産を整理した)一息。
明日、本格始動。雨がけっこう降っており、明朝の町は、一段と秋の深まりを感じるのかなとドキドキしております。

21-9-2015.JPG
写真 ヘルシンキ 午後10時前

本日の歩数 7,342歩
運動量が高かった歩数 1,971歩 (約16分) 
総距離 4.27km

物理的移動距離は、7500km以上あるはずなのに、自力移動は、これだけ。
posted by みほこ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏・秋休み2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

自宅でごそごそ連休二日目

本日は、自宅近辺をうろうろ。
気温も上がって、久しぶりに麦茶をたんと飲みました。

今日、大急ぎで読み飛ばしたのは「座談会 昭和文学史 第二巻」(集英社)。「打ちのめされるようなすごい本」(米原万里著 文春文庫)で紹介していたのが、この「全集」の第一巻。思わず手に取りたくなるような感想だったのだ。第二巻で魅力的だったのは、島崎藤村と宮沢賢治。藤村は、詩しか読んだことがないし、賢治は、童話といくつかの詩に親しんだことがあるくらいなのだが、座談会の内容を読むと作家に対する興味も沸き、作品についても期待をさせる先入観ができて食わず嫌いではなく、きっと読まないともったいないよ、という思いが沸いてきている。そして、この「座談会 昭和文学史」もちゃんと読みたいな、と思う。

本日の歩数 11,159歩
運動量が高かった歩数 6,206歩 (約50分) 
総距離 7.36km
posted by みほこ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

まずは、万歩計を身につけてみる

一時期、万歩計を着けて日々を過ごしていましたが、仕事がある日は、毎日ほぼ同じ行動で、歩数もさして変わらないということが判ってから、万歩計による歩数計算はお休みしておりました。
今日から、連休ですし、そろそろ秋だし…ということで、しばらくまた、万歩計で歩数チェックをしてみようかと思っております。

本日は、「都心へ行く」という家族に付き合ってお出かけ。久しぶりにピー助もお出かけに連れて出ました。
IMG_7037.JPG

最近我が家にやってきたBABU君たち(Mokoショップさんからやってきた子たちで、まだ命名はしておりません。)もお出かけデビュー。

IMG_7046.JPG


帰り道。皇居前上空。

IMG_7048.JPG


本日の歩数 14,546歩
運動量が高かった歩数 6,006歩 (約50分) 
総距離 9.16km

普通の生活としては、歩きすぎかも。ちょこまかと動きすぎなのかな。
posted by みほこ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

本日のテーマは!?

週末前のひと時。ブーケづくりに行ってきました。
ちょっとハイテンションだったので、お花をあれやこれやと手に取って、作業をして気持ちを落ち着かせることもできました。

今日は、レッスン会場に到着してから花材がわかるという、お楽しみブーケ。季節のバラと秋色いっぱいの花束になりました。

お花たち
バラ ティーパーティー(ピンク)
バラ ジャンティーユ(白)
セダム
リシアンサス(ボヤージュブルー)
チョコレートコスモス
千日紅(白)

グリーンは・・・
ゼラニウム(スノーフレーク)
ユキヤナギ

そして、松ぼっくり。

完成形の見本なしで作ったので、バランスのとり方など、いいのかなどうなのかな、と迷ってばかり。
なんとなく完成させて、ラッピングすると、まあこんなものかな、と取り合えず納得。ラウンドに作るのは本当に難しいです。
家に帰って、花瓶に入れなおすと、なかなか良いかも、とご満悦にまで気持ちが上がるのですから、お花マジック凄しです。

17-9-2015.JPG

posted by みほこ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

無印良品有楽町の大改装後が超刺激的 

生活圏内にあるMUJI店舗の一つが有楽町店。ここが8月末から改装工事に入っていたことは知っていて、そろそろ改装終了しているはずだからと立ち寄ってみてびっくりしました。「本屋になってる・・・」。調べると、福岡でMUJI BOOKSが今年3月にオープンしているではないですか。

とにかくコンセプトも何もわからないまま、従来のMUJI商品と共存する本棚の城の間をうねうねと廻ること1時間半。そうだ、ここには、3階もあったのだ、と気がついて上のフロアに上がったときは、既に集中力も切れ、楽しみきれませんでした。

個人的な趣味として、低い書棚もあるのが○。高い書棚ばかりだと、圧迫感があって目が回りますから。
テーマを変えずに書籍を入れ替えていくのか、それとも、季節感だとかMUJIのコンセプトの変化に併せて扱う書籍も変わるのか・・・どうなっていくのだろう、と期待半分。普通の書店にはなって欲しくないなと今後への期待も抱いております。こんな本が世の中にはあったのか・・・という出会いがある書店であり続けて欲しいなと思います。

既視感のある本の並びに、後から調べると「松本正剛」さんのお名前が浮かび上がって来て納得。丸の内の丸善の松丸本舗がなくなって残念に思っていたので、妙に嬉しくなりました。MUJIコンセプトで選ばれた書籍たちなので、取り扱い書籍の傾向はかなり違うように思います。

いわゆる大型書店さんの全部網羅しています、新刊これです、売れ筋これです、という販売方法ばかりのところだと、本屋さんへ行く面白みがなくなりますが、こんなテーマはどう!?Aを知りたいのなら、Cも知れ!的な書籍紹介型本屋さんに行くとその場にいるだけでわくわくして来てよいですね。ちょっと心配なのは、販売員さんたちが、どこまで本の紹介ができるのかということ。まあ、本の並びを見て、感じろ!探せ!巡り会え!ってことなのでしょうね。きっと。

昨日は、「本屋さんに行く」という覚悟もなく立ち寄ってしまったので、ただ、呆然と眺めただけで、何も買い求めませんでしたが、次回は、Books MUJIへ行く!ことを楽しみに出かけて、素敵な本との楽しい出会いをしたいと思っています。

続きを読む
posted by みほこ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

揺れるシルバーグリーンリース 

毎週贅沢にお花の時間。今回もリース。でも、今回は、リース型のフローラルフォームを釣り型トレイに載せて浮かせる、というのが完成形。輪っかのフローラルフォームにアレンジメントのように挿していくだけなのだけれど、これがどうして、けっこう時間がかかりました。花材の種類が多かったのと、吊るした時にどうなるのかな、と実際に手でぶら下げながらの作業だったからかもしれません。

エアプランツでぶら下がりリースの雰囲気をより強調できるようになっています。

≪本日の花材≫
スプレーバラ ビビアン
千日紅 白
マルバユーカリ
ゼラニウム
アイビー
アジサイ アナベルとブルー
ティナス
チランジア スパニッシュモス
完成の図

9B4C6773-44AC-4F6D-B213-23EA2EA6F09B.jpg

う〜ん。よくわからないかな。


posted by みほこ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

ヒッチコックが、シャルフベックの絵を参考にした!?

シャルフベック展を応援すると宣言したのにもかかわらず、このテーマに関する投稿が滞っておりますので、久しぶりに一つ。

2001年7月6日号のスオメン・クヴァレヘティ(Suomen kuvalehti)に掲載されたシャルフベック関連記事のことをご紹介します。
続きを読む

2015年09月01日

【ご報告】2015年8月29日開催のクリーニング・デイに参加した「フーさんプロジェクト」より

ご報告です。

2015年8月29日に開催されたクリーニング・デイ@マトカトリさんに「フーさんから日本の子どもたちへ」プロジェクトとして参加させていただいておりました。
会場に来場された方々のどのくらいの方が、このことにお気づきだったかはなはだ疑問ではありますが、とにもかくにも、持ち込みましたほとんどのモノが次の使い手の方の手に渡り、ほっとしています。

本日、その「売上金」をあしなが育英会の東日本大震災遺児支援支援口座に振り込みましたので、報告させていただきます。金額については、画像でご確認ください。

続きを読む
posted by みほこ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | フーさんからプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする