2016年07月31日

8月と9月のフィンランド語講座告知 

月に一度のペースで開催しております、「マトカトリ@東日本橋」でのフィンランド語を読む会と、月に2回開催の朝日カルチャーセンター新宿校での「フィンランド語講読」の10月開講講座のための体験版のご案内です。


8月27日(土)14時〜15時30分開催
マトカトリ@東日本橋

絵本「タトゥとパトゥのフィンランド」を読み解いておりますが、今回は、フィンランドのことを語るなら、この偉人たちを押さえねば・・・という8名の偉人たちについてのタトゥとパトゥの特別レポートを一緒に読み解きます。8名分は多いと思われるかもしれませんが、タトゥとパトゥのレポートですので、超短編ですので、ご安心を。

お申込み他詳細情報は、マトカトリさんのHPでご確認ください。


9月3日&17日(土)17時〜18時30分開催 (2回セット)
朝日カルチャーセンター@新宿校


こちらのコンセプトも、フィンランド語のテキストを読むなのですが、事前にちゃんと読んできてくださいね、という課題付き。提出は求めておりませんが、事前に目を通して来ていただくだけで、随分と事情は変わって来ますので、自分で辞書を引くことや自力で長文を読むことに早く慣れたい、という方に特におすすめです。
今回は、10月期開講予定の同内容の講座の体験版。2回で完結できる童話(長文)と、フィンランド語の口語体文を知ろう!いう目的の新聞に掲載されている3コマ、4コマ漫画を題材に扱います。

お申込み他、詳細情報は、朝日カルチャーセンター@新宿校のHPでご確認ください。

どのくらい勉強が進んでいれば参加できますか?という質問をよくいただきますので、少しご案内します。

マトカトリの方は、予習までは求めていないので(もちろん、予習できるように事前にテキストはお渡ししております。)全く初めて、フィンランド語ってどんな言葉なのかな?と興味がある、という方でも大丈夫です。

朝日カルチャーセンターの方は、予習をしてください、ということを求めておりますので、何らかの辞書を持っていること、そして、フィンランド語の名詞と形容詞には、格変化があるということと、動詞は、人称によって語尾が違うということは知っているし、わかっているという方、ということが最低条件になるでしょうか。

いずれの講座でも読んでいるテキストは、自力で最後まで読むためには、一通りの文法事項を勉強している必要がありますが、そんなことを言っていては、いつまで経っても、教科書しか読めない状態のままですので、思い切って外の世界に出てみたい方は、ぜひ、ご参加ください。また、集まってくださる方々の様子を見ながら必要に応じて、文法説明も行っています。実際にフィンランド人が普通に読んでいる文章に当たると、ルールがいっぱいでたいへんだよ!と思っていたはずのフィンランド語が断然楽しくなってきますよ。≪ちょっと力説!≫

上山 美保子



posted by みほこ at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする