2016年10月22日

河出書房新社130周年記念企画「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」連続講義 作家と楽しむ古典 第8回『曽根崎心中』@ジュンク堂

夏の間は日程的に参加がかなわなかった講演会。近松門左衛門のあまりにも有名な、人形浄瑠璃『曽根崎心中』の現代語訳を手がけられたいとうせいこうさんのお話。今回は発売翌日の開催で、いったい何人の人がこの作品に目を通して参加しているのだろう、と思いつつ参加。古典作品を自力で読むのは骨がぼきぼきおれるため、現代語訳で読みやすくなっているとは言え、どうしても誰かに誘導してもらわないと読み始められない軟弱者故、このシリーズ企画はとてもありがたい存在です。

お話は、いとうせいこうさんと人形浄瑠璃の出会いから。そのまま、人形浄瑠璃の粋(上方では粋すい)について。ドツボにはまるは、浄瑠璃用語で粋との関係。音を担当する三味線とブルース。太夫とラッパーに通ずること。
座付き作家近松門左衛門の凄さ、独自性が見て取れる変拍子。それを初見で演じることができたであろう、江戸時代の三業(人形遣い、義太夫、三味線)の凄さ。
現代語訳に取り組んでいる時に大切にされていたという近松の変拍子を活かすことと、掛け言葉へのこだわり。

単に読み物として物語をたどるだけではなく、江戸時代の人たちが楽しみ、たしなんだ古典芸能に近づかせてくれる時間でした。




posted by みほこ at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

超贅沢な花時間

今月初のお花のレッスン。予算に合わせて自分の好みで花材を選んで花束にする、がコンセプト。
本日は、仮想花屋ではなく、ホンモノのお花屋さんで花選び。
予算は税別3300円。お花選びのコツを確認した後さっそく花屋さんへ。
お花屋さんに入るとお花選びの常識などぶっ飛び、ただひたすら気になるお花と予算とで花材選び。

当初設定したテーマは、自分がほっとできる花束。
完成品になる前の花選びの段階で充分ほっと出来まして、花束にする作業でますます落ち着く、そんなひと時でした。お花屋さんでの花選びだったので、お店に入って来られるお客さまの波に揺られる、という雰囲気がちょっと緊張感も漂わせることに。

本日の花材
カーネーション セイシェル
スノーボール
スカビオサ モコパープル
スカビオサ グリーンナップル
野ばら 実
雪柳

葉っぱものが雪柳だけでアンバランス感がありましたが、色付きのお花がスカビオサのモコパープルだけだったので、まとめることができました。

完成品はこんな感じ。

33014F93-37F0-4D54-88D4-AA226D7C271B.jpg

写真トリックで大きく見えますが、小ぶりのブーケです。


posted by みほこ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

フィンランド映画祭2016

今年も、『フィンランド映画祭』の季節が近づいてきております。どんな映画かかかるのか、ラインナップが八用されて、予告篇もチェックして、どんな風に一週間(実質5日間)のスケジュールを立てようかと頭を悩ませております。

上映作品・スケジュール等の詳細は、フィンランド映画祭の公式ホームページでご確認ください。

今回上映される映画5本の中で、ぜひ観てみたいものを事前リサーチ。

『湖のものがたり』Järven tarina
今年2016年1月にフィンランドで封切られた映画が同じ年の秋に東京で観ることができるなんて、素晴らしすぎます。フィンランドの湖とその周辺に生息する生物たちを通して、フィンランドに連綿と伝わる文化や古から伝わる宗教のことを伝えてくれる映画のようです。

『巨山』Jättiläinen
この作品も本年公開の映画。しかも、今年春、経営者たちに、この企業が引き起こした環境汚染に対して判決が言い渡された実話を基にした映画。社会問題として世の中で騒がれ始めてから映画になってしまうまでの速度、裁判が起されて、判決が言い渡されるまでの速度(まだ、地裁)に驚きを禁じ得ない。
主役を演じている俳優は、映画アングリーバードで声優もやっているようだし、何より、ピーター・フランツェンが出演しているので、ぜひ観たい映画の一つとなりました。

『王となった少女』The Girl King
フィンランドがスウェーデンに支配されていた時代に大公の座についたスウェーデン女王クリスティーナの物語。魅かれるのは、この作品が歴史映画であることと、トゥルク城とトゥルク市内の手工芸博物館が撮影場所になったこと。予告編を見るだけでも、トゥルク城と手工芸博物館での撮影シーンがふんだんにありました。
歴史をテーマにした作品は、どんなものでも日本に紹介されることはほとんど不可能だと思っていたので、とても嬉しいです。


posted by みほこ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする