2017年02月21日

ミモザの壁飾り

こういうタイプの飾り物は、スワッグと呼ぶといたるとろで紹介されておりまして、ドイツ語由来という説明も受けたのですが、今ひとつ信じられず、日本語で壁飾り、としてみました。わざわざ横文字にしなくても…と思うのです。

今回の材料
ロープ 花材を取り付ける土台
リボン ぶら下げる部分
ワイヤー お花たちの取り付け

ミモザ
ユーカリの葉

ミモザをパーツ分けする作業にもたつき、あわあわしながら取り付け作業。
ひたすら取り付けるという作業も簡単ではなく、左右バランスよく付けるのは本当にたいへん。きれいなUの字にまとめることは出来ませんでしたが、一応、なんとなく独創的な形でまとまったでしょうか…

DE79FA4C-17CC-45F7-96C6-468132D0A846.jpg
posted by みほこ at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

花あわせ

予算(税別3300円分まで)までの花材を使ってブーケを作る花合わせのレッスン。
たくさんのお花を前にしてもどんなブーケにしたいのか、具体的なイメージも湧かず、メインに使いたい花材もきめられぬまま並んでいるお花を眺め、使ってみたいと思ったものを選ぶと言う計画性の全くない中でのブーケ作りとなりました。
花を選んでいる間から先生には、いったいどんな感じになるのか想像つかないので楽しみですね、と言われ、自分でも分かりません…などと言いながら花材選び。葉っぱたちも入れないと、と思いつつ野原に咲いている風のジングルベルぺグモとグリーンミストがあるのであえて使うことにはこだわらないことにしました。

今回の花材

ヒペリカム 赤 1
ヒペリカム 緑 2
スカビオサ 3
ジングルベルぺグモ 4
青文字 1
グリーンミスト 3

青文字の枝物とふにゃふにゃお花をどうするか…と考え、野っ原風にしてみました。

86E7BA99-2488-4639-801F-B7926A974226.jpg

太陽が燦々と降り注ぐ野っ原…なイメージ。

出来たてほやほやの図
23F8A7C5-0448-4A2C-9568-7AC981BA2E45.jpg

今日、組み直した後の図。
高さを低くし、花を組む順番を変えて作り直してみた…

F9AB649A-3D3A-40C2-BFF4-71027F11B580.jpg



posted by みほこ at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

【映画観賞記】マグニフィセントセブン


デンゼル・ワシントンにイ・ビョンホンが出るとなれば観ないわけにはまいりません。

残念ながら「七人の侍」も「荒野の七人」も観ておりませんが(見ているかも知れないけれど全く記憶には無し)きっと楽しめるだろうと、そして、きっと楽しむだろうと出かけました。


悪者が善良な市民を震い上がらせるところから物語が始まり、善良な市民の中から正義感が強く、自分たちの街を絶対に守るという信念が強い者が復讐に手を貸してくれる人を探しに出かけ、この話に乗ろうとした『正義の味方』がちょっと世間からは外れているけれども、目的を達成するには必要、と思われる仲間を誘いながら目的地へ向かう、という大まかな流れは、だいたい予測がつく、はらはら、どきどきはあるのだけれど、安心感もある映画(どんなに過酷な展開になっても正義の味方は、絶対に負けない戦隊モノのように)。そんな中でも、会話や仕草、ちょっとしたシチュエーション、そして音楽と、楽しめるところがたくさん。たぶん、七人の侍や荒野の七人を知っている人なら、もっと深みのある楽しみ方ができるはず。


最後、全てが終わって、助っ人たちが出て行く場面は感動というのか、ほろりとさせられました。


posted by みほこ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする