2017年05月31日

金承福と一緒に韓国文学を楽しもう! ー第2回「韓国の文学賞を知る」

韓国文学づいてます。
神保町のチェッコリで開催されているイベントに、こっそりお邪魔しております。

3月には、第1回『韓国の文学史を知る』と題した会があり、今回は、その2回目。

今回は、1回目のときに感じたことも一緒にまとめてみようと思います。

文学作品が誕生・発表された時代を感じると思うのは、後世の読み手だけれど、同時代の人々にとっては世相に対するメッセージであり、警鐘や共感を文字で伝える社会生活を営む上で、無くてはならないものだと言うことをしっかりと感じ取った会でした。普段、小説は出たばかりの時は読みません。それは、世間というものに対する感度が鋭く、先見の明がありすぎる作家たちが描き出す世界は、私にとってはどのような作品でもあまりにも強烈で、読んでいてその世界に飲み込まれそうになったり、振り回されてしまうから。何というか、時間が経過してから読むというのは、作品の持つトゲトゲしさが少し穏やかになる、熟成するのを待つ感じ。別の表現をすると、読み手である自分が今という時代に追いつくのを待つ感じでしょうか。

韓国で本屋に行くと、詩が読まれている国だ、と感じます。比べるようなものではないけれど、フィンランド以上に詩という形態が愛されている、より身近な存在のように感じられ、いったい何故なのだろう、と常々考えていたのだけれど、社会体制に対する批判を公然と表現できなかった時代に、それでも何か伝えたい、という現実をかいくぐるための一手段だ、ということに気づかされ、詩という形態に求められる必然性に納得。読み手の想像力に大いに依存し、且つ、想像力を大いに刺激する、それが詩の強さだと思うのです。小説だって、読み手が空想して読み進めていることは間違いなしなのだけれど、ちょっとその刺激の出所が違うのかな。

そして、2回目の今回は韓国の文学賞のこと。
文学賞を獲ったからと言って、かならずしもその後も作品を書き続けている人ばかりではないとか(この辺りは、日本も同じ?)文学賞の賞金が高いのはなぜかとか、日本の文学界との違いが話題になっていたのも話の流れとしては興味深かったです。作家の生活を支えるための文学賞…というような言葉もあって、フィンランドともちょっと似ているなぁと思ったりしながら聞いていました。

もっともうらやましいなと思ったのは、どんな風に作家デビューをするのか、という仕組みの説明の中で、大学に文芸作品の書き手となることを目的とした専攻があるということ。フィンランドの大学の人文学部も、言語学専攻、文学専攻の他に、文学翻訳という専攻科があったのは、驚くと同時にうらやましくて仕方のないことでした。それだけでなく、ただひたすらに、多くの作品を読みこなし、研究するという仕組みになっている国文学専攻での講座内容にも魅力がいっぱいでした。
哲学を語れず、文学に興味を持たない科学者は信用できない、とか、文学を読まない指導者(狭い世界だと職場の上司・同僚も含む)に魅力は感じないなどとこっそり思っている私としては、大学という国の最高学府に、まともな形で文学や哲学について学問する場所が用意されていることこそ、国がとても健全であると根拠の一つだと思っているので、羨ましいことこのかた無しです。

フィンランドの場合、作家になる前は、学校の先生という経歴の人が異常に多いのだけれど(もしかすると、そんな人ばかりと言っても過言ではないかも)、日本とはかなり違うし、韓国の作家さんたちが二足の草鞋を履いている時代のもう一つの職業って何なのかな、ということにも興味がありましたが、恥ずかしくって質問できず…いつか、どこかでこんな傾向があるかもしれない、というお話が聞けると楽しいなと思いながら会場を後にしました。

posted by みほこ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

梅雨から初夏、そして夏

仮想花屋で予算に合わせて花選びをして花束にするレッスン。ちょっと久しぶりで、少しドキドキな開始前。
実店舗でどんなお花があるのかをチェック。どんなテーマで作ろうかと、空想しながら会場へ。仮想花屋の方が種類も多く随分と品揃えも違い、あらまあ、どうしましょうとまたまた頭の中を空っぽにして、色んなお花にご対面。

部屋の灯りを受けて、夏の木漏れ日のような感じになっていたヒメミズキ。使いたいけれど、一本のお値段が予算の三分の一を占めてしまうので、どうしようかな、と迷っていたら、もう一人、使いたいという方がいたので、半分にさせていただいて、予算面でもボリューム的にも無駄を省くことができたので、採用決定。

この季節のおすすめのお花として紹介されたのは、芍薬とトルコキキョウ。
メンバーのほとんどの方が、いずれかのお花を取り入れていました。

今日、一番に目を惹いたのはレモンオーラという名のついたひまわり。そして、超小ぶりのアジサイさん。この二つを取り入れるには、色合いも、季節感もずれているので無理があるかなとは思ったものの、「梅雨から初夏、そして夏」を表現する、ということにすれば、花束の中で一つのストーリーが出来上がるかな、とこじつけてみました。

選んだ花材は、次の通り。

ヒメミズキ
ひまわり(レモンオーラ)
アジサイ
スモークグラス
グリーンミント
ゆきみ
シダ

グリーンミントとスモークグラス、ゆきみは、アジサイからひまわりへとつなぐ、季節の橋渡し役になってもらいました。シダは、枝ものと、草もののつなぎ役兼足元を覆いになっております。

完成直後…お教室で撮影したもの。

A72770E8-7E24-4EF4-8FFF-7AECE1436DA8.jpg

自宅で…。周囲の雰囲気が違うのと、空間の広さの違いで感じ方も全然変わります。

75DAC0D6-2EA1-42F0-AB38-6D1AE6E493C3.jpg

おまけ… 記録として。
A58FA265-73C4-43EE-93C3-9FD739C85C7D.jpg
同僚の出産祝いに調子に乗って作ったアレンジメント…
慣れない「可愛い」がテーマで、花選びに時間がかかりました。



posted by みほこ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

フィンランド語で絵本を読む会@マトカトリ(東日本橋) 5月と6月の予定

フィンランド語で絵本を読む会 @マトカトリ(東日本橋)5月の予定(再掲)と6月のご案内。

2017年5月20日(土)14時〜15時30分  

『タトゥとパトゥのフィンランド』(アイノ・ハブカイネン/サミ・トイボネン作)
(原書 Tatun ja Patun Suomi Aino Havukainen ja Sami Toivonen オタワ社刊)の最終回。
10回かけて読破です。今回は、29〜32頁。フィンランドの今について、ニューススタイルでタトゥとパトゥが報告してくれています。

6月からは、「カレワラ」に挑戦。
韻文なので、原書は到底太刀打ちできませんし、「子ども向け」に書き換えられた「カレワラ」を読むのもなかなか至難の業。ということで、今回も、絵本の力を借りて「カレワラ」の世界を楽しみましょう。

教材は…
「犬たちのカレワラ」 マウリ・クンナス&タルヤ・クンナス 絵と文 オタワ社刊 


5C7676C6-63CE-4189-9E2D-A0E8058DB5AB.jpg

フィンランド語を勉強したことがない方もご参加いただけるように進めてまいります。

詳細については、マトカトリさんのHPでご確認ください。

6月分については、これから情報更新です。






posted by みほこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

本とは、その出会いも楽しみたい

好きな場所 本屋さん。
書店と呼ぶより本屋さん。

本屋さんは、居心地の良い場所であって欲しいのだけれど、これがなかなか難しい。お気に入りのこじんまりとした本屋さんは、生活圏外なので、よっこらしょと出かけるのに少しパワーがいる。気軽に行ける、毎日のように立ち寄れる場所にある本屋は、本を探せるような店内環境ではなく残念な限り。本を選ぶ処は、本を読むことを楽しめるような場所でもあって欲しいと願うのはぜいたくなことなのだろうか。

何故、全てが定型版?
文庫に新書、雑誌に規格があって揃えられているのはわかるのだけれど、何故、単行本までもが、規格型なのか。流通と在庫管理のために本という主体が遠慮するのはおかしくないか?と、思うようになって久しい。海の外の国へ行くと、その国の言葉がわかろうとわかるまいと、必ず立ち寄るのが本屋さん。そんな時に感じるのは、本を眺めるだけでも楽しいということ。特にエッセイ、小説、そして、詩集は、形、紙質、書体全ての要素が一つのチームになって、その本のために内容を伝えようとしていて、自然に手が伸びてしまうのだ。そんな時に思うのは、本屋さんの中の雰囲気が仲良くなれそうな本を探す雰囲気づくりにも気を配っているな、ということ。
それを補うかのように、日本の本たちは、帯やらポップやらで自己主張させている。本屋さんの担当者のポップならまだしも、著名・有名人に書いてもらっている帯は、今となっては、皆が同じ手法で主張しているので、むしろ邪魔だ。その有名・著名人が気に入らない人だったりすると、その帯が付いている本を、レジに持って行くだけでも嫌なので、せっかく気になる本であっても購入回避をしてしまう。
その上、このところ帯を書いている有名と言えば、数名に限られ、これがまた、安易にしか物を考えていない編集・出版社の実態が丸見えになっているように思えてならない。
だからこそ、帯もポップも無しで、装丁で気を引いて欲しいのだ。著者がそこまでこだわって本作りをしていることもあるだろうし、担当編集者が、装丁家と心血を注いで最後の仕上げに取り組んでいることも多いだろう。その過程の結果をもっと大切にして活かして欲しいのだ。



posted by みほこ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

壁飾り再び

リースではなく、スワッグ。無造作に束ねて、括って、出来上がり!となるお気軽スワッグです。
本日の花材
香りもの
レースラベンダー
ローズマリー

葉っぱもの
ピスタチア
レモンリーフ


ラベンダーとローズマリーは、鉢植えものからちょきちょき摘み取る作業から開始。本来は、花束的なバランスで束ねてぎゅっと縛るものだけれど、ラベンダーの花を咲かせた茎が長く伸びきっており、且つ、葉っぱのレースふりふりがあまりにも可愛らしかったので、両手を広げる、と言うか、つばさを広げる感じにしてみました。

摘み取ったラベンダーとローズマリーの鉢植えもお持ち帰りになったので、ちゃんと育ってほしいものです。

完成品は、こんな感じ。

F2711C54-3656-46CA-9554-22C2E5862A8B.jpg

posted by みほこ at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする