2017年06月14日

福島県内、富岡町と浪江町 風景印再開

C605E43A-84F0-4017-BAB6-7BEF0B2FD89D.jpg


先日、とある集いで、東日本大地震発生から一年間ほどは、皆が手に手を取って頑張らなきゃ、という気運が社会に満ちていたけれど、復興が思うような速度で進まないからか、団結感が薄れ(団結すればいいというものでもないし、それが行き過ぎるのもまた問題だと思うのだけれど)、むしろ、色々な面で格差が進み、排他的なところもあって、何だかあまり良い傾向ではないような感じですね、ということをさり気なく発言された方がいて、常々感じるもやもやした感じは、そういう事なのかもしれない、と思い至ることができました。この時、もう一つ実感したのは、思っていること、感じていることを言葉化、文字表現出来るようになるのは一朝一夕には行かないということでした。
2017年6月12日 震災後、中止になっていた福島県内二ヶ所の風景印押印再開の日に合わせて郵頼しました。

#風景印
posted by みほこ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする