2017年07月15日

東京都 家庭におけるLED省エネムーブメント に のっかってみた・・・

今使っている白熱電球が切れて、交換するときはLEDにしよう、と思っておりますが、白熱電球も、なかなかそう簡単には切れません。省エネ&経済的にもお得とわかっていても、電球が切れてもいないのに、交換するのはもったいない…と思ってしまうのです。ですが、東京都が「家庭におけるLED省エネムーブメント」を開始したので、重い腰を上げることにしました。

一度、LED電球採用の機会があったときに、もともと白熱灯で使っていたワット数相当のLEDを取り付けたところ、明るすぎてまぶしかったので、とりあえず、灯りがなくても大丈夫なところと交換して、せっかく購入したLEDは、控えとして待機という経験もあり、LEDは、白熱球と同じワット数相当と表示してあっても、かなり明るいという認識のもと、交換でいただく電球の種類を選びました。そして、LEDを取り付けるのは、夏になると、白熱球の熱さが直撃する場所にしました。その場所とは…洗面台の前とお手洗いの中。洗面台の前は、明るい方がよいので、60ワット相当を。お手洗いは、暗くても大丈夫なので、40ワット相当を。

このムーブメントのLED電球交換。地元の電気屋さんで交換するというのが、みそ。安売り量販大型店ではなく、地元密着型店舗へ、足を向けてもらいましょうという心遣いもなかなかよいことなのではないか、と思ったりしました。

この活動、テレビのCMとして流れたりしているそうですが、私なんぞは、全く気付かず、街を歩いていても、そののぼりに気づくこともなく過ごしておりましたが、家族が知っていてちょっとお得な気分になりました。
このCM、ピコ太郎さんが登場しており、小池知事もピコ太郎さんマフラーかけて宣伝中。ニュースにもなっているのかな…?
A1067D3F-AEFA-4D0B-9E8F-9FFA94A17265.jpg

posted by みほこ at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする