2019年01月30日

春の風そよぐボタニカルブーケ

青山フラワーマーケットのお花のレッスンに通うようになって今年で6年目になったようです。
こんなに長く続くと思いませんでしたが、月2回程度と決めていることも継続できている理由かも。
お花が家にある暮らしも当たり前になりました。
贈り物に作りたいな、と思ってしまう図々しさも出てきましたが、後々まで残るものではないし、お祝いの気持ちを表わすには、ちょうどよいと思えるようになりました。

1月2度目のレッスンのテーマは、「春の風そよぐボタニカルブーケ」。
ボタニカルって植物っていう意味ですよね。植物ブーケってことなのかしら?と予告画像を見ながらひと悩み。
春の風そよぐ…は、新年明ければ暦の上では、日本は春なので、まあ…とは思いましたが、今日は、超冷え込みの厳しい日。
各地から雪・大雪のニュースも入ってきていることと、映画「雪の華」#雪の華 の情報があふれていることもあって、お花の色合いから今日のブーケのテーマは、まさに「雪の華」。
枝分けをせずに作成する人と、メインの茎を短めにして、中型版と2種類の大きさになりました。

【花材 お花篇】
バラ ~グリーンアイス 2本
アスチルベ 白 3本
宿根スイートピー 白 6本
グリーンミスと 3本

【花材 葉っぱ篇】
スモークグラス 3本
豆の花 2本
ローズゼラニウム 2本
リキュウソウ 6本
ヘデラベリー 1本


束ねる際のテーマは、流れるように。バラの茎が垂れる感じになるのを使ってまとめました。
茎の長さが短い宿根スイートピーを足元に入れて見えるようにしたのがポイント。
リキュウソウの茎がどれもかなりしっかりしていたので、バラの流れとは違う方向へ流してみました。



6812D3F8-4F3B-44C4-A6E7-8AE063A90C3D.jpg
今回は、ラッピングも白だけにしてみました。

B59D8F5C-945A-4E7A-B7AB-00118303DFA0.jpg

自宅で。かなりのお気に入り。

posted by みほこ at 22:56| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする

2019年01月27日

北欧作家絵画展 @ 渋谷・東急本店 2019年1月31日~2月13日

毎年恒例、『北欧作家絵画展』のご案内をいただきましたので、ご紹介。

『北欧作家絵画展』
2019年1月31日(木)~2月13日(水)
渋谷・東急本店 8階 美術ギャラリー
渋谷区道玄坂 2‐24‐1


フィンランドの作家 3名、エストニアの作家 2名、デンマークの作家 1名の作品を40点ほど紹介される絵画展。


ギャラリーさんから、「一押し」作品3つの画像をいただきましたので、ご紹介。


V.ケンパイネン
V・ケンパイネン 『 大地の精霊たち 』  絵のみ .jpeg


動物たちがたくさん遊んでいて、明るいけれど落ち着いた色合いの可愛い系の絵。どんな部屋の壁に飾ると素敵かなと考えるのも楽しいです。


J.ミルダバーグ
J・ミルダバーグ 『 夢見の時間 』   絵のみ.jpeg


ちょっとおしゃれな感じの人の自宅にありそうな絵。珈琲豆の焙煎の香りが漂うような落ち着いたカフェにあってもよいかも…
あ、具体的になりすぎかな…


R.L.トゥーンペレ
R・L・トゥーンペレ 『 海水浴 』   絵のみ.jpeg



「不思議な図鑑」なんて言いながら楽しめそうな絵だなって思いました。


日常生活の中に絵があるって贅沢だけれど、ちょっと良いなって思います。





posted by みほこ at 22:09| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

花合わせプレミアムレッスン アレンジメント ~ラウンド型

新年一回目のお花のレッスンは、アレンジメントラウンド型。
自分で花材選びから始める楽しくて、ちょっとドキドキレッスンでした。

今回の予算は5000円(お花のみ)
選んだお花

ラナンキュラス ポムロール 3本
バラ 3本
グリーンワッフルゼラニウム 2本
こでまり 1本
花ウサギ 1本
シスター 1本
アメリカンブルーバジル 1本
青もも 1本

以上は、実際に使ったお花。
その他、今日のアレンジメントには使わなかったけれど、お正月飾りから取り外した花材を使って復習を兼ねて、もう一つ作ったアレンジメントに投入したもの。

すべてスイートピー 各1本
ローラン
ファースト
ラベンダー
クレオ
ステラ
ローズ

レッスンで作ったアレンジメントは、低い位置でまるっこいものでまとめたので、ひらひら系のスイートピーを入れる空間がなくなってしまいました。本当は、もう少し、まるっこいモノたちを浮かせればよかったようなのですが、これはこれで、うまくまとまったので、満足満足。
みなさま、カラフルカラーなお花を使っていて華やかだったのですが、私のだけ、緑系。色なし…家に持ち帰って初めてよい感じに思えました。
C7737E37-1C01-4B83-8200-3FD5363280CF.jpg





スイートピー7本を贅沢に使っい、リサイクル花材で作ったアレンジメント。
中心に松を据え、「足元」には、葉ボタンなど。
松のツンツンにスイートピーの柔らかい花びらを傷つけないように刺すのがちょっと大変でしたが、完成品は大満足。
余っていたコデマリもいい感じにあしらえたと思っています。
5D8B27ED-CCCD-4659-800F-30198F6C9105.jpg



posted by みほこ at 23:31| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

新年用のお花たち

2019年があけました。
昨年も結局あれよあれよと言う間に一年が過ぎ、時間に流されてしまったように思います。あれもこれもやりたいと欲張りなんですね。
今年はどんな一年になるのか、どんな一年にできるのか、自分次第にも思えるので、これまでの以上にまめまめしく手足を動かしたいと思います。

ちなみに昨年心がけようと思っていた事の一つ、『メールではなくてお便りにする』は、いい塩梅に実行出来たと思っています。悩みの種は、どの程度お便りにしてよいかということ。すっかり手紙やはがきを書いたり送ったりすることから遠ざかっている方にとっては郵便でメッセージが来ること自体、重く感じてしまうのではないかと気になるのです。大概のお便り、お葉書は、旅先から出す絵葉書と同じで返信を期待しているわけではないので、もっと気軽に色々な人にお便りを書きたいのですがお葉書で季節の挨拶を出すこと自体ためらってしまうことも多かった、というのが正直なところです。

定期的に楽しんでいたものの一つにお花がありますが、こちらも順調。昨年は、3回ほどフィンランド人を伴って参加。洋風なお花だけれど、日本の習慣に準じたもの(お正月飾りなど)はとても喜んでもらえました。
今年も、目標とするほど固い決意があるわけではありませんが、お便りを出すとか、お話に加えて、半習慣化したいものがいくつかあって、心がけようと思っています。

年末に、新年用に作ったお花ものを記録として上げます。

【お正月用の花束】
自分で花材を選ぶレッスンで。
今回は、初めて大きなサイズの予算で挑戦。
総予算、5300円で選びました。

からげ松 2本
ユーカリ 3本
ローズゼラニウム 2本
金柳 1本
葉牡丹 初紅 3本
マム セイブルノ 3本
マム グリーンシャムロック3本
キンカン 1本

花材を選んだ順に並べました。これで私の癖が丸わかり。グリーン、葉っぱものから選んでいます。他の方は皆さんお話から選ぶようです。いつも、先生は、どんな風に選ぶのか、ハラハラどきどきされているようです。

結果はこちら。
762E1988-E49D-4EC6-B14A-BE0A925D04DF.jpg

葉牡丹もマムも丸々さんなのでまとめやすかったです。


お次は、【玄関飾り】
花材
しめ縄
からげ松
南天の実
お多福南天
山茶花

同じ花材なのに出来上がりは千差万別。完璧に工作の時間。

完成品

7B8D836D-0E50-4851-8297-A30E6BFAF34D.jpg

スコープ隠れているように見えますが、ちゃんと確認できる位置に設置しております。

最後はこちらわ
超豪華なアレンジメント。こんなに大型のアレンジメントを指すのは恐らく初めてだったと思います。7F94BA54-348F-4735-B4BF-09C9A2B78C19.jpg

上の写真が正面になるように差していたのですが、後ろにもマムを一つ差し始めたら結局、どちらでも楽しめるアレンジメントになりました。

ちなみに裏面は、こんな感じ。
A54A728C-C6EB-45EF-95B0-E1B1E5C9E1D1.jpg

南天の実が目立つので、お正月向きは、こちらかも…という感想も。

贅沢な花材は次の通り。
マム グリーンシャムロック
マム ロリポップピンク
マム アブロン
マム ミッドナイトパープル

デンファレ パールホワイト

スイートピー 藤香
スイートピー サーモンピンク
スイートピー トップレディ

松 若松
お多福南天
南天の実
ツバキ
葉牡丹 初紅

盛り盛りアレンジになりました。


今年もぼちぼち更新します。
よろしくお願いします。




posted by みほこ at 22:44| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする