2019年09月25日

秋の草花でブーケ

レッスン会場で花材がわかるお楽しみレッスン。テーマは、「秋の草花」。
シャンペトル風にまとめるとよい、という先生からのお達しでしたがそれがなかなか難しく、ただひたすらに束ねるだけになってしまいました。

【花材】
お花篇
シュウメイギク(秋明菊)
ホトトギス「松風」
チョコレートコスモス
スカビオサ「ひなたバイオレット」

枝・葉篇
パニカム
ディアボロ

シュウメイギクは、菊というお名前がついているけれどキンポウゲ科。お花が開くとキンポウゲ科のアネモネやラナンキュラスと同じ咲き方で菊ではないということがよくわかります。つぼみも菊とは全く違います。切り分けをするとかなりの数の枝数になりました。
お花はどれも開花前だったので出来上がり直後は、ちょっと淋しい感じ。お花が咲き始めて華やかになりました。

レッスン直後の完成の図
988412F4-7B7E-4F9C-8DD2-F9E191206CEC.jpg
ちょっと淋しい感じ。


花の咲き頃を上手に選ぶのも華やかなブーケにできるのか、しばらく経ってから楽しめるのかのポイントを握りますね。今回の出来上がりは、数日後からようやく楽しめる感じのお花たちでした。

5日後の図。
1D22D598-6F2E-43D5-9424-43C113333A3D.jpg





posted by みほこ at 00:00| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

ムーミンバレーパーク@飯能へ行ってきた

9月のとある日曜日。友人とムーミンバレーパーク@飯能へ行ってまいりました。

0347CE21-AB4C-447E-BD1B-4EA7FA375DC3.jpg

雨が降るかも、という天気予報が出ている中、一滴も雨にあたることもなく食事時間も含めて4時間ほど滞留。
宮沢湖の水位が下がっていて、水の動きがないためか、藻も発生していて「こんなところまでフィンランドと一緒だ…」とちょっと笑ってしまいました。

大人三人、日本人は私だけという状況でしたので、別料金のアトラクションには入らず、エンマの劇場は、立ち見で最初の部分だけ楽しんで、みなが劇場に集中している間に…と展示施設のコケムスへ。苔むす!?

いろいろ楽しい仕掛けがたくさん。子どもの数が少なかったので、大人も遠慮なく楽しめてこれもまた、私たちにはよかったのかも。
小さい子どもが周囲にいると子ども優先だよねぇ…とどうしても遠慮してしまいますから。
雨が降ったり、モランを融かそうと頑張れたり、にょろにょろの種が撒けたりといろいろです。絵本の中に飛び込める展示もあるので「それからどうなるの?」はちゃんと読んでいった方がより楽しめるかも。

館内展示は、日・フィン外交関係100周年の特別展付き。日本各自を巡回中の展示と重なる内容もありましたが、違う展示物も多く楽しみました。
A93CBF39-BADD-419A-BF0F-14FE822D63B3.jpg


お食事は、パンケーキのお店Lettulaで。
パーク料金でちょっと高いなぁと皆思っていたようでしたが、お食事が出てきて料金納得のボリューム。周囲のテーブルは、出てきた食べ物を格好良く、あるいは可愛らしく撮影することに一生懸命。お菓子系パンケーキが出てくると、そのデコレーションのボリュームに驚きと喜びの歓声が上がるほど。パンケーキ屋さんですが、お食事パンケーキもあるのでお茶ではなくて、お食事に立ち寄るのにも向いています。

気候がよい季節にのんびりお散歩に行く場所としてよいところ。できることなら園内に立派なBOSEのスピーカーで流し続けられている音楽がない、風の音が聞こえるような環境も作って欲しいですが、レジャーランドなので仕方がないのでしょうか。せっかくの自然いっぱいの森の中なのに…もったいない感じでした。

FC492048-217C-49BD-9722-131FCE664504.jpg


待ち合わせは、飯能駅。飯能駅と言えば、フィンランド人デザイナーがデザインした駅になったはず…と思ってホームに降り立ちましたが、どこが!?普通の西武線の駅だけど…駅名の看板にまでムーミンバレーパークの絵が入れ込まれていて気分を盛り上げようとしているのはわかるのだけれど、「XX温泉」ここにあります…的な雰囲気。階段にもムーミンバレーパークへようこそ!直通バスはこちらです、という案内がありましたが、黄色に黒文字って「足元ご注意ください」と同じで、もうちょっとどうにかならなかったのかな、という感じ。フィンランド人デザイナーが手掛けたという部分は、改札口から入ったところの天井と上りホームへ向かう階段あたりまで。かなり中途半端な感じです。ネガティブに書いてますね。でも、本当なんですもの。末永く、大勢の人に来てもらえるレジャーパークでありますように。
posted by みほこ at 09:22| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

『最近のフィンランドで生まれた文学のこと』 講座成立しています


来週 9月17日(土)朝日カルチャーセンター@新宿で予定されていたこの講座、成立することになりました。

超が付くほど地味な講座で、興味のある方もまた極小だと思いますが、文学好きの方、本読み好きの方、まだまだお待ちしております。

フィンランド『産』のものあらゆるものがどんどん紹介されていますが、文学は、どうも足踏み気味。刺激の度合いが低いからか、ファストファッション、ファストトレンドに目が行き勝ちなのか、じっくり熟成型は敬遠されがち。あるいは、こういう面に興味のある方に情報が伝わっていないのでしょうか。

児童書や絵本もとら混ぜながらご紹介予定です。
まだまだお申込みは、間に合いますので、ご興味のある方、お待ちしております。

フィンランド語のノウハウは不要の講座です。

上山 美保子


posted by みほこ at 19:45| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

秋色に染まるあじさいブーケ 

間を空けずに連続受講。
秋色アジサイが主役のブーケ。大型サイズを作った方は、アジサイ2本。私は、小サイズだったのでアジサイ1本。
アジサイの日持ちについて、出荷時のいろいろなこだわりについてのお話しを伺った後、ブーケ作り。

【花材】
アジサイ アルプスパープル 千葉県青木園芸さんのアジサイ
ビバーナムコンパクター
スターチス
スモークグラス
アメリカテマリシモツケ

1F6E36D5-087A-462A-AB83-0D3B5C7B5F15.jpg


posted by みほこ at 22:53| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

花合わせレッスン 9月編

九月初回のお花のレッスンは、仮想お花屋さんでお花選びから始める花合わせレッスン。もう、皆さん自由奔放。先生からのアドバイスを真面目に聞いているのに何だか違わない?という好きなものを選んで組み合わせるという結果に。それぞれに味があり、雰囲気がある仕上がりとなっておりました。秋色のお花が多かったので、カッコ良いと言うのが適したブーケの方が多かったかも。花材のダントツ人気はダリア。迫力があります。私は、秋色に変わったアジサイを使ったので、色物は、ワックスフラワーだけ。


【花材】
ユキヤナギ
アジサイ アンティークmix
野ばら
アフリカンブルーバジル
マルバユーカリ
リキュウソウ
ワックスフラワー アーリーピンク
カラ― ピンクジャイアント

カラーの名前はピンクジャイアントなんて、巨大なお花を連想するようなお名前ですが、細くて小さめのお花でした。

ED4478F8-711D-4C6E-A952-99CB2F96B4B5.jpg

posted by みほこ at 22:59| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

フィンランド語講座 いろいろ (ほとんどの情報は再掲載です)

9月に入って、新しく開講するのか、見極めの時期に入っておりますので、再案内でございます。

フィンランド語の基礎・応用編 その4@マトカトリ(東日本橋)


ニューエクスプレスフィンランド語(白水社刊)で網羅している文法事項の範囲内で語彙を増やし、表現できることを増やすを目的に開催中。
ただいま応用編で格闘中なのは、条件法。丁寧な表現をするための条件法と、本当の意味での条件法を使う状況を想定して練習中ですが、その第4期のスケジュールが決まりました。

9月7日、28日
10月5日、14日
11月9日、16日

8月はお休み。12月は、応用編に途中からでも入っていただけるような単発キャッチアップ講座を開催する予定です。


フィンランド語でエッセイを読む会@マトカトリ(東日本橋)

既に発表済みのスケジュールも含め、年末までの予定。

9月28日
10月12日
11月16日

小説家、シナリオライター&女優でもあるアンナ=レーナ・ハルコネンのエッセイを1回1話で解読中。予習は不要ですが、予習をしてから参加した方が、より楽しく読めると思います。先日ご案内した際は、来年まで読む予定…としましたが、そろそろ違う本を読みたくなってきていることなので、このエッセイ集を読むのは年内で終了します。


朝日カルチャーセンター新宿校で開催している、フィンランドの小説「行こう!野うさぎ」を原作で読む講座。新規ご案内。
10月~12月期の予定は次のとおり。

10月12日、11月9日、11月16日、11月23日、12月14日、12月21日

1回の進度は、少し早くなって4ページほど。年度末までに読み切ることを目標にしているため少し進度が早くなりました。
予習必須としております。時間の都合で予告している場所の最後まで読み切れなくても大丈夫です。
日本翻訳版もある作品ですので、途中参加も可能です。小説故の難しさもありますが、情景描写などをフィンランド語で読むと、よりフィンランドの風景が思い浮かびやすいと思います。教科書を離れ、長編に挑戦してみたい方。お待ちしています。


いずれの講座も講座費用・申し込み方法等は、それぞれの主催者へお問い合わせください。
posted by みほこ at 13:14| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする