2020年02月29日

うるう年のうるう日にお花のこと

花合わせレッスン。自分で予算に合わせて花材を選んでブーケにする、毎回とても楽しみなレッスンに参加してきました。
F3543BA4-E047-4185-BDDC-39011C1C31F2.jpg
花合わせレッスンを受けるときはいつもイメージを作ってからお花選びをしましょう、という先生のアドバイスがあります。自宅に飾るのか贈り物にするのか。贈り物にする場合は、誰宛なのか、どんな目的のプレゼントなのか等々。それをヒントにボリュームやブーケの形も想定して花材を選びましょう、というご指導です。いつも、そのイメージづくりが難しく、結局、自宅用と想定し、(実際、飾るのは自宅だし)仮想花屋に入荷しているお花たちの中から使いたいものを先に決めて花材を選ぶ、ということがほとんど。ところが、今回は、2月の誕生石は、アメジスト。アメジスト=紫。なので、2月=紫というイメージでお花選びをすることにしました。

お花屋さんには、濃い紫と淡い紫色のアゲラタムという、もふもふなお花も入っていたので、ぜひ使いたいと目星をつけ、先に枝もののコデマリを選択。その後、ヤグルマギク、アゲラタム、ローズゼラニウム、ポリシャス、テマリソウ、最後にフリージア(アネシー)で予算ぴったりに。
1BAF630D-3D2F-4ACE-B7D3-6E1F517B9BF7.jpg
ヤグルマギクの茎があまりにも細いこととアゲラタムが単体だとか細いので、ほかのモノに負けてしまうのではないかと心配しましたが、なんとなくまとめることができてホッとしております。





今日で、2月も終わりです。
posted by みほこ at 22:29| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

北欧語書籍翻訳者の会 


kuvia-suomesta.jpg




北欧5か国で発表されている書籍(文学、絵本、フィクション等なんでも)の翻訳に携わっている人たちが、一緒になって何かできないか…ということで立ち上がった任意のグループ『北欧語書籍翻訳者の会』。メンバーには、たくさんの日本語翻訳書を既に送り出している方々も多いのですが、そんなグループに、この1月から加わらせていただきました。多くの方に北欧から発信されている文学・書籍に興味を持っていただくための活動も行っており、その一つがメンバーが輪番制で書いているブログ。Noteのサービスを使って週1回更新しています。毎回、それぞれの国ならではの話題で読み応えのある記事がアップされています。

ぜひ、ここに立ち寄ってくださる方にも読みに来ていただけると嬉しいです。






posted by みほこ at 21:35| Comment(0) | 映画・演劇・音楽・読書 | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

Today's Flower スイートピー篇

花材のテーマは決まっていて、他の花材との組み合わせ、色などはお教室に行ってからのお楽しみというこのレッスン。スイートピーの回に行ってまいりました。今回は、スイートピー4種類 18本。昨年、農園にまでお邪魔した神奈川のチャコ農園さんのスイートピーでした。

イースター 白 6本
ショウナンノカオリ クリーム色 4本
グレース 淡いムラサキ 4本
サザンビーチ 薄いピンク 4本

神奈川なので、サザン…さすがなネーミングです。

【合わせたグリーン】

ローズゼラニウム
リキュウソウ

今日のリキュウソウは、すくっとピンっと立ったしっかり者風でした。ふわふわっとした部分があれば、遊びに使ったのですが、あまりにもしっかりすくっとしたものだったので、手元を隠すグリーンにしました。

花言葉が「門出」というスイートピー。新天地へ旅立つ友人へ贈りました。


6C14AFFC-B1D4-4B30-BB35-413BF038B935.jpg

意外とこの花とラッピングの組み合わせが好きでした。
posted by みほこ at 23:40| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

ハッピーバレンタイン!をフラワーアレンジメントで

バレンタインデー目前です。私自身が団子より花なので、こういう企画大好きです。


249FE8F1-3ACA-44B4-8193-925CF4E48504.jpg
初めてさんも数名参加していたレッスンで、基本的なところから先生のお話を聞くことが出来てよかったです。春のお花は、茎が柔らかいものが多いので、フローラルフォームに差す作業がけっこうたいへん。今回、初めて球根植物であるヒヤシンスをアレンジメントに使いました。太い茎だから差すのは楽と想像したいましたが、とんでもない。柔らかくてフローラルフォームに差すのはなかなか難しいものでした。セロテープを貼って周囲を丈夫にしてから差すのがベスト。でも、頑張りました。テープ無しで差す、に挑戦。そろそろと大胆に、で見事に成功いたしました。



22㎝×20㎝のかごに入れ込んだ植物たち


ラナンキュラス エトルタ 2本 赤 今年はちょっと小ぶりだそうです。
ヒヤシンス デルクトブルー 1本
スイートピー ネイビーブルー どちらかというと、濃い紫色
チョコレートコスモス 1本 チョコレートの香りがするお花
ヘデラベリー 葉っぱも活用しました。
コロニラグリーン 2本
シロラスグリーンミント 2本
ローズゼラニウム

ラナンキュラスは、開花すると大きくなるので、間隔をあけて入れることがポイント。
黄金の三角形を作るのは、ラナンキュラスとヒヤシンスで。
チョコレートコスモスは、遊びのお花等々アドバイスをいただいて黙々と差す作業開始。黙々と差す作業、約30分で完成しました!
posted by みほこ at 21:54| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

色いろいろセレクト チューリップブーケ

チューリップ12本を好きに選んで花束にまとめるというレッスン。カラフルなチューリップがおそらく15種類ほど並んでいるものから、それぞれ好きなものを選びました。20名近くが一斉に花選びを始めましたので、「お花屋さん」は、大混雑となりました。

花びらの形も一重咲き、八重咲き、パロット先、クラウン咲きとブリリーフローラ咲きというものまで。
同じ種類のものを、複数本にする場合、何本ずつにしようか、とか、色によって本数を変えようか、とかぐるぐると考えましたが、せっかく花びらの種類も豊富で色も豊富なので、普段なかなか選ばない花の色も取り入れて、花の形も全種類そろえるという作戦に。けっきょく12本全部違う種類にしてしまいました。

濃い紫色のチューリップが3種類ほどあったので、これだけは色として1種類に厳選。その他は、マンゴー色の「マンゴーチャーム」以外は、淡い色ばかりだったので単純に1本ずつに。大混雑なお花屋さんの中に突進しなくても、のんびり後から1本ずつを選んで回りました。

今回選んだ12種類のチューリップたち

カチンカ(ピンク色 八重咲き)
デシフラ(ピンク色 八重咲き)
ベロナ(クリーム色)
フレミングフラッグ(ラベンダー色のラインが入ったもの)
フレミングコケット(黄色のラインが入ったもの)
オレンジプリンセス
シルクロード
パルミラ(濃い紫)
クラウンダイナスティ(ピンク色)
ダイナブーツ
アリソンブラッドリー
マンゴチャーム


開花すると雰囲気もずいぶん変わると思いますが、とりあえずの様子は、こちらです。

0F404141-A2C7-4298-AB7D-D0B7C7C8539C.jpg
チューリップ=オランダ=ミッフィーちゃん という連想ゲームでございます。

posted by みほこ at 22:50| Comment(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | 更新情報をチェックする