2006年08月15日

2006ラリー・フィンランドよりお届けします その1

夏休みのメイン・イベントはフィンランド・ラリーに「ボランティア・スタッフで参加する」です。

15-8-06 illalla.jpg

本日、午後7時過ぎ


フィンランド・ラリーは、ラリー・ファンにはおなじみ。かつては「フィンランド1000湖ラリー」と呼ばれていたWRCの大会です。昨年、偶然、このラリーの一部レースを見学することができ、多くのボランティア・スタッフがかかわっているのに驚き、その後、偶然、大会を運営している会社のスタッフと知り合い、東京からでも参加できるかをたずねてみたら、「大丈夫」というお返事をいただき(もちろん、ボランティア・スタッフだから交通費などは自前です。)のこのこ、遥か彼方までやってきました。
ちょうど、前の週末にドイツでの大会が終わったばかり。チーム、スタッフ、メディアの人たちも少しずつユヴァスキュラ入りしています。ヘルシンキから飛んだ飛行機は、双発プロペラ機でいつもならそんなに混みあわないのに、今回は、満席。しかも、フランス語だかイタリア語だかいろんな言葉が入り混じり、機内は不思議な空気でした。大きな体の男の人たちが多かったので、重すぎて飛行機が飛び上がれるのか心配になったくらいです。

レースのスタート・フィニッシュ・スペースは、これから急ピッチで組み立てが行われる模様。(本日、夕刻には出来上がっていました。)大会本部は、今日からメディア・センターがサービスを開始。インフォメーション・センターは、すでに昨日からサービス開始。私は、メディア・チームの一員です。普段、小さなオフィスで働いているので、こんな大きな大会で、自分の知らないところで色々なことが起きている、そのホンの一端の仕事を担うというのはとっても不思議な感覚です。全容が見えないなんて普段の生活ではありえないことですから・・・。

メディア・チーム あれやこれや 

メディア・チームも昨日から本格的な仕事を開始。もちろん、ボランティア・スタッフを受け入れるまでの作業は膨大なものがあったと思います。メディア・スタッフの責任者いわく、今年に入ってからの残業時間が200時間を越えたとか。フィンランドなら、「超過勤務分は振替休日でしょう!?」と想像される方も多いかもしれませんが、それは、公務員の場合。私企業に勤めている場合は、条件も厳しく振替休日も、超過勤務手当ても出ないというのが現実のよう。年休は、きちんと取っているみたいなので、その点だけが日本とは大きく違う点でしょうか。何せ人が足りないとのこと。でも、スタッフを増やせるほど企業も裕福じゃないみたいでたいへんそうでした。

さて、私たちの主たる仕事の一つ、メディアの登録作業が本日、午後から始まりました。最初はいつでもそうですが、ステッカーやらゼッケンやらメディア・キット以外にも渡すものがたくさんあって、確認することもたくさんあって、カメラマンと、記者とで渡すものが違ったり、車の登録を控えたりとちょっと右往左往気味。私は、今日は、非番だったので、バックアップスタッフとして控えつつ、準備仕事のお手伝い。日本からの取材陣も多いようなので、ちょっとどきどき。日本人メディアの方ともついつい英語で話してしまって・・・「絶対、日本人よね」と思いつつ、でも、間違っていたら申し訳ないからとついつい英語で対応している自分がなんだか変でした。

メディア・チームは(メディア・チームに限らず、どこの部署でもそうだと思うけど)、年齢の幅も広く、父親に連れられて2歳の時からずっとボランティアをしているというおば様や(はっきり言って、かなり頼もしい)、ユヴァスキュラに引っ越してきてからずっとやっているというおば様も。若手は、大学での専攻がメディア(日本で言うなら広告・マスコミ関連か)で、将来、何かしらの媒体関連に勤めたいからという人から、ラリーが好きでずっとかかわりたいと思っていた、地元で小さい頃からの憧れだったという人まで、老若男女、千差万別、とにかく色々楽しい現場でもあります。将来、記者になりたいと言っている人たちの中には、日本にも是非、行ってみたくて・・・という人も。今、フィンランドからはどこのメディアも常駐の特派員が滞在していないので、ぜひぜひ、また、常駐特派員にいてもらえるようになりたいものです。別のスタッフは、来年、大阪で開催される世界陸上の記者にアプライしているんだという人もいて、頼もしい限り。知り合いがいれば、遠い国でも出かける気分が違うでしょ!?と、すでにそんな会話もしています。

さて、レースの方は・・・

 実は、今日からドライバーたちは、コースの下見走行を開始しています。カメラマンたちも、撮影にいい場所を確認しにコースに出ているようです。木曜日からレースは開始。日曜日の午後3時前にゴールとなります。さてさて、どんな毎日になるのやら。お天気の動きとともに気になるレースの動向。大会本部の裏側の、ほんの一端から眺める大会の様子をお届けできればと思います。



posted by みほこ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22415564
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック