2006年08月17日

2006フィンランド・ラリーよりお届けします その3

本日のユヴァスキュラのお天気。
晴れ、曇り、ときどき雨。

今朝は、朝8時からShake downが行われました。カメラマンたちは、このラリー初めての写真撮影に向かったようです。
そして、午後8時から今回のラリースタートとして、クローズドのコースでタイムトライアル。

official maskot.jpg
オフィシャル・マスコット
本日の私のお仕事 = メディア登録受付

akk.jpg


8時からのShake downに間に合うように朝7時の登録開始とともに、バタバタと登録窓口に手続きにやってくる人たちを迎えました。その後、お昼近くまでは少し静かな時間帯。お昼を過ぎるとチームやスポンサーの広報担当や、地元フィンランドのメディアの人たちが続々と登録にやってきました。

ほとんどは、何の問題もなく登録作業が行われましたが、時として押し問答になることも。登録手続きには、ある書類の提出が義務付けられています。ですから、ID代わりとなるプレスカードを提示されても一切の手続きは行われません。聞くところによると「○○のレースでは、書類がなくても手続きしてくれたから大丈夫だろう・・・」という調子で会場に来られる人もいるようです。でも、これは大会規定で定められていることだからと一切の言い訳を許さず、正式書類が提示されるまでは手続き作業をストップさせます。もちろん、メディアの人たちにとっては、こういう押し問答をしているうちに、レースはどんどん進んでいくわけですから気が気でないわけです。でも、競技にルールがある以上、メディアの人たちのルールも守ってもらわなければというのが受け入れ側の姿勢です。担当スタッフの毅然とした態度は、当たり前のことですがすごいなと思いました。日本だと、「何とかして時間に間に合うように手続きを完了させてあげよう」とか、一時的な手続きを取ってあげようと運営側が骨を折ることが多いように思います。でも、やはり、ルールはルール。持ってこないほうが悪い・・・確かにそうですね。私など、ついつい何とかしてあげなきゃ・・・と思って立ち回ってしまうことの方が多かったので、今日は反省しきりの一日でした。ま、私が携わっている仕事は、こんなに規模が大きくて、国際大会などではないし、保安の面からもそれほど厳しく対応しなければならないものではないので、「話の次元が違う」といえば、違いますが。でも、規模とか、ステータスの問題でもないように思います。実際に、事前手続きをせずに、あわよくば大会にもぐりこもうとしてやってきたプレスもあったりして、セキュリティ上の問題だけでなく、モラルの問題もかかわっているのかなと思いながら仕事をしていました。

さて、ラリーの方は・・・
各チームがメンテナンスサービスを行うスタッフ・フィニッシュがある会場には、人がどんどんやって来ています。ラリーを観戦にやってきた人たちも、応援する選手の国旗を持って町を歩き始めました。ラリーだけでなく、来年の新車が展示されるラリー・エキスポや往年の選手に関する展示のコーナーもあり、イベントを楽しむ人たちも多いようです。

今日からはチケットを持っていないと会場内に入ることができず、警備も一段と厳しくなりました。そんな中、子どもボランティアもちらほら目に付くようになりましした。もちろん、子どもだけで働いていることはなくて、お父さんに連れられて、警備スタッフとして働いたり、お母さんと一緒にチケット売り場に配属されています。いずれも、ちゃんと「スタッフ」シャツを着て、大人とある程度同じように働かせてもらえているところがすごいなと思います。

ollaan tyossa.jpg
お父さんと一緒にお仕事中!!


日本だと、18歳以下は駄目とか、未成年は親の承認が必要といった規制がいろいろありますね。でも、ボランティア・スタッフをやりたいという以上、本人の責任だと思うのだけどな。子どもボランティアなんて、家族で一緒に何かに参加する、参加できるいい機会だと思うし、未来の大会を支えるボランティアに成長すると思うのだけれど。何よりも、今はとにかく、地元の人の支えがあっての大会だという意識がものすごく感じられる町の雰囲気です。町中に、ラリー・カーが散らばり、スタッフやメディアのステッカーをつけた車も散らばって走っているわけですから当たり前といえば当たり前ですね。
そして、明日、金曜日は、ユヴァスキュラの学校はお休みです。学校へ通う子どもたちの通学バスがラリーの邪魔をしないようにという考慮と、子どもたちがラリーを楽しめるようにという特別措置なのだそうです。実は、大会前日の昨日は、ユヴァスキュラ市長と議員さんたちご一行様が大会本部に「激励」に訪れておりました。そのほかにも、警察と救急隊(消防)の査察も入っておりました。

明日は、朝8時にスタート。ゴールは、夜中の12時です。かつては夜中に森の中を走るコースもあったといいますから、穏やかなラリーになったといえるでしょうか。
posted by みほこ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22498668
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック