2012年09月15日

快晴のストックホルム

シリヤ・ラインでストックホルムへ。天気が荒れていたので、海も荒れ(大荒れではないけれど、けっこう波が高かった)、思いっきり船酔いしました。
14-9-2012-3.jpg

・・・が、ストックホルムへ到着する頃には穏やかなお天気になり、本日日中は、快晴。空は真っ青。海も真っ青。スウェーデンの国旗の青がうなずけるお天気でした。



さすが王国!街も大きいし、歴史長くて戦争も200年以上していないから古い建物もしっかり残っているし、地形も観光向き。旧市街が眺望できる場所があるなんて、本当に「隣の芝生は真っ青」に見えております。人は多いし車も多いのだけれど、ごちゃごちゃしたところがない。高い建物がないので、首都とはいえ、空が広く感じられるのが気持ちよさの所以かもしれません。
しっかりとガイドの方についていただいて、5時間かけて市内観光+昼食。
ストックホルム市庁舎を1時間ほどかけて見学。人が多い、とは思いましたが、真夏に比べれば、大した人数ではないとのこと。いったい、夏にはどれだけ人が来るのでしょうね。過去数回、市庁舎見学をしているので、それぞれの部屋の特徴は覚えていても、ガイドの方の説明を新鮮に感じるということは、な〜んにも覚えていないということなわけで、ちょっと反省。今回は、しっかり記憶に留めておこうと一応決意。
その後、衛兵の交替の見学。音楽隊付き豪華な衛兵の交替。隊列を組んで移動する様に、思わず鳥肌が立ってしまいました。音楽隊の人たちが、任務終了後、旧市街をお散歩されておりましたので、地方からお当番で出てきた人たちなのかなと想像しております。
昼食の後は、旧市街で自由時間。石畳の路を、ふらふらと歩き回りました。調子に乗って歩きすぎたものの、石畳の路のためか、けっこう足だけがくたびれました。
いわゆるお土産店が並んでいる道は、人通りも多く、歩くのが怖いと感じられる瞬間もありましたが、一本隣の道に入ると、だれもいないという道ばかり。古い石造りの建物は、屋根の形が独特で、屋根の形を眺めながら、見上げる空の青さもさわやかでした。

15-9-2012-1.jpg
ストックホルムでのベスト自転車。空の青。海の青、そして、自転車の青。見事でございました。

posted by みほこ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック