2012年10月27日

ラヤトン(Rajaton)のチャリティーコンサート@タピオラ

フィンランド滞在中にラヤトンのコンサートに行くという贅沢をしております。
前回、フィンランドでラヤトンのコンサートに行けたのは、グループ結成10周年記念コンサート。あれから早5年。ますます進化している彼らの歌声を堪能してきました。

27-10-2012-3.jpg


今回は、タピオラ・ライオンズ・クラブ主催のチャリティーコンサート。ライオンズ・クラブってこういう活動もするのね・・・と、遠い存在のライオンズ・クラブがちょっとだけ近く感じました。日本だととてもじゃないけど近づける団体ではないですから。

チャリティーコンサートなので、全席自由。ホールはほぼ満席。
2階席の2列目のど真ん中で聞きました。
座席で感動したのは、席幅が広いこと。フィンランド人の一般的な体の大きさを考えれば、当たり前の寸法なのかもしれないのだけれど人の前を通るときに、私なら普通に座っていても前を通過してもらえるゆとり。
座席の幅もゆとりがありました。
そして、ホール内の明るさとやわらかさ。なんとなく優しい気持ちになれるホールでした。

27-10-2012-1.jpg

このコンサートは、「クリスマス・コンサート」でもなく、新作の「フィンランドの子どもの歌」をテーマにしたコンサートでもなかったので、新旧織り交ぜた曲目で、本当に贅沢なコンサートに行けたなぁと思いました。先日、結成15周年のコンサートのために「あまり演奏されていない曲」のファン投票で一位になったという"Jos sanot"(アルバムKevät「春」から『もし、君が言うなら』)も演奏され、あまり演奏されない理由がわかったような気がしましたが、生で聞くことができてしんみりもしました。





演奏された曲目を記録のために(曲順の記憶は少々あいまい・・・)

≪第1部≫
Mörkö se lähti piiriin
Öin ja päivin
Nova
     Virpiが「海外で歌うときに曲の内容を説明するのだけれど、英語だと説明するのにも限界があってね・・・タイトルと作詞・作曲者の名前を紹介するだけで済むから楽だわ〜。」っと言って笑いを誘っておりました。
Fernando =ABBA=
     「男性が、ホントに男らしかった頃の歌・・・」と言って始まったのはこの曲。
Under Pressure =QUEEN=
      ソウルで聞いたときの観客ののりが全く違ったので、どうなるかともいましたが、終わったら大盛り上がり。ここの人は、演奏中は息を殺して聞き入って、終わったら盛り上がる、そんな感じ
Surma
     「2年ほど前に出したオリジナルアルバムTarioitaから、人生の終焉と、”あちらの世界”を歌っていると感じている歌を2曲続けて」とAhti。Surmaは、こんな風にして歌っているのか!とびっくりな歌でした。
The Lament (Of my Heart)
Jos sanot
     15周年記念コンサートのためにファン投票で、ぜひ生演奏で聴きたい曲のトップに選ばれた曲と紹介されたモノ。
Kauniimpaa


≪第1部≫の感動の曲が収められているアルバム「春」
ジャケットの写真も好き。ヘルシンキですね。
Kevat.jpg

≪第2部≫
Pakkanen
Villihanhen laulu
   第2部1曲目が冬の曲だったので、冬の後には春が来ますから・・・と歌い始めたのがこの曲でした。
Pyhät on pihlajat pihalla
Me kuljemme kaikki kuin sumussa
   すべてのコンサートで必ず歌う曲だそうです。もうこの曲は、鉄板です。Ahtiのバリトンも美しいですが、Soilaがずっと「管楽器」の音を担当しているそうで、曲の後に、一人でその一部を歌ってくれたときの受けたことったらありませんでした。すごい肺活量ですね。
La Dolche Vita
Sytdän ei vastaa
Onni
    Jussiが低音で、コンサートにこんなに大勢の人に来ていただけて、お客さまなしでは、とってもつまらないコンサートだったと思います、と笑わせた後に、「それでは、最後の曲です。この曲のように、皆さんも素敵な(ハッピーな)秋をお過ごしください。」と締めくくりの曲となりました。

≪encore≫
Jänöjussin mäenlasku

第1部と第2部両方に取り上げられたアルバム「物語」
Tarioita.jpg


第2部で、もう1曲最新の「フィンランドの子どもの歌」アルバムからの曲を1曲歌ってくれたのだけれど、なんという曲か残念ながら不明。


過去のRajaton関連記事:
2007年韓国大田でのジョイントコンサート
2007年ソウルでのThe Amazing Voice
Rajaton10周年記念コンサート@ヘルシンキ
2011年2月に日本で発売されたCD+絵本『ラヤトン 無限の森へ』

28日に曲目についてと、Rajaton関連記事のリンクを追加しました。
posted by みほこ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック