2013年01月24日

ただ今準備中

一昨年、友人が赴任してから、機会をみつけて出かけたいと考えていた国インド。
その友人から、今年の夏には母国に帰る予定という連絡をもらって一念発起。
とりあえず、飛行機を予約。インドは、査証が必要な国なので、申請作業。
先日無事、査証が発給されたのでようやくインド行きが現実味を帯びて来ました。

査証が必要ということは、ある意味、よいことだなと思うのです。その国に対して、こういう理由で訪問させていただきますが、よろしでしょうか?という礼儀と節度を意識する機会になるから。手軽にパスポートだけで旅ができてしまう国が多い私たち日本人。よその国に足を踏み入れる、ということの重大さ、受け入れてくれることへの感謝の気持ちは、常に忘れたくないと思っていて、査証を申請するという作業は、そんな思いを否が応でも意識させてくれました。

そして、ただ今、旅行日程を検討中。インドは広大な国なので、あまり欲張ることはせず、無理のない範囲で、拠点となる都市を中心にゆったりと滞在したいと思っています。
ガイドブックは1冊購入し、あれやこれやと研究しているのだけれど、あまりにもインドという国について知らないので、せめて訪問を予定している都市のこと等は下調べしてから出かけたいと、ガイドブックや歴史書、百科事典的な書籍以外で読みやすそうな本があればいいなぁと思っているところ。

手始めに、妹尾河童さんの新潮文庫から出ている大好きなシリーズ「河童が覗いたインド」を入手。(「河童が覗いたトイレまんだら」文春文庫は、とにかくユニークで大好き。)読んでから行くか、行ってから読むか・・・を迷っているところではあるのだけれど、おそらく読んでから行って、また、行った後に読むのが良いのだろうなと思い、ページを開くのをとても楽しみにしているところ。机の上に置いてるのだけれど、読みたい、という誘惑にかられております。今読みかけの外出時用の本を読み終えてから、と思い、今晩はとにかく我慢です。

posted by みほこ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 春休み インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック