2013年03月01日

労働するロバ、ラクダ

牛が街に多いことは予め知っていたので、のんびり、のそのそ移動する姿をみても、なるほど、これが現実か・・・と思っただけだったのだけれど、それ以外の愛玩動物ではない生き物が、街中で人と共存しているということに驚きました。ラクダやロバ、馬は、しっかり運搬作業をする人間の生活のパートナーでしたから。最初ラクダを見たときは、人が乗っているように見えたので、移動手段なのか・・・と思っていたら、モノを運搬する大切な人間のパートナーであることがわかりました。ロバは、レンガを作っている地域でよく働いていて、ものすごい量のレンガを両脇に掛けて運んでました。レンガを積むのも、左右のバランスを見ながら、丁寧に載せていたのに当たり前のことだけれど、さすが、と思いながら通過。ロバがモノを運ぶ姿は、絵本の中で見たことがあるだけだったので、忙しく移動したり、運搬したりする世の中になっても、こういう生活のリズムがあることをすごいことだなぁとぼんやりと思ったりして。

自転車やトラック等、モノを運ぶための人工運搬用器具も普及しているのに、ラクダやロバで運んでいる人もいる。環境保全という意味では、たぶん、動物に働いてもら方がよいのだろうけれど、経済的にはどうなのかしら、と考えながら、動物たちがモノを運ぶ姿をみていました。動物たちを飼うということは、食べさせなければいけない・・・という発想はなくてもよいのかな?と。

その他、滞在中に見た生き物は、野良犬、ブタ、ヒツジ(これは、羊毛用に飼育されている感じ)、サル、リス、オウム、クジャク、そしてインド象。ネコは、室内にいる飼い猫しか見なかったように思います。鳥類は、鳩をはじめ他にも目撃しましたが、きりがないので・・・

ゾウは、今は観光用ゾウ・タクシーとして働いているだけで、保護動物になっているとか。私たちは、ゾウ・タクシーでお客様を運んだ後、帰り道をゆっくり歩いているところで記念撮影をさせてもらいました。普通に車やバイクが走っている道をゆっくりゆっくり歩いているわけですが、慣れているだろうけれど、お互いに怖くはないのかなぁとも思いました。

首都デリーの、特にニューデリー地域では、野良犬以外の動物を見かけることはほとんどなく、都市部とその他の地域の違いがこういうところにも出ているのかなぁとも。





posted by みほこ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 春休み インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック