2014年02月02日

帳面の装丁をしてみた

授業とか、講習とかいうものが日常でなくなってから手書きすることが激減し、それはそのままノートの消費にも反映する。

仕事でノートは使わないのか?使う仕事もある。使わない仕事も多い。

で、ノート。帳面。記録簿。まあなんでも良いのだが、このところ無性に手作り装丁をしたくて仕方がなく、その機会を伺っていた。やりたいのだから、機会なんて伺わずに無意味にでもやれば良いのだろうけれど、やはり目的を定めて、それに合うものを考えて作りたい。自分が使うための帳面はとりあえず事足りているので、結果、機会を伺うことになる。…ちょっとめんどうな奴なのだ、私は。

高校生の頃、新聞の家庭欄に本の装丁の仕方が紹介され、その記事を元に英単語集〔なんて言うのかな?新書サイズの大学受験英単語なんちゃらという本ね〕を装丁してみたことがある。それ以来のことだ。当時、本をひっちゃぶくなんてことは相当抵抗があったはずだけど、参考書なんて重たいものはけっこう章ごとに分解していたから、平気だったのかな。

装丁を自前にした本は丈夫で良かったのだけれど、表紙に使った紙が良くなかった。某洋菓子メーカーの派手なキンキラ包装用紙を使ったものだから、なんとなく恥ずかしくて、電車の中などでカバンから出せなかった。でもね、本当に丈夫になったので、本が崩壊しなかったな。まあ、外にあまり持ち出さなかったからなのかも。崩壊を逃れた理由は。

話がどんどんそれて行く…
で、強引に路線を戻し、帳面の装丁。かなり帳面の消費量が多いらしい人を身近に発見。しかも、今週お誕生日を迎えるらしい…。となれば、やるしかないでしょう。

手作りがとてつもなく苦手。しかも、作り始めてから、あ、やっちゃた!といつようなちょっと乱暴な扱いが一つでも発生すると完走を目指さず、試合放棄するか、思っていたものとは遙かにかけ離れたものを作り上げてしまうのに、出来るのか?と、自分に疑いを持ちながらの作業開始。


image-20140202232612.png

各パーツの準備完了。



image-20140202233029.png
中身パーツを固定中!


ただいま、最後の成形中。一晩プレスしたら完成です。きれいに出来上がると良いですが…


posted by みほこ at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック