2014年12月12日

置き型クリスマスリースと小さなクリスマスツリー

クリスマステーマなので、二つ分まとめて。

その1)置き型クリスマスリース
レッスンのタイトルは、「ほっこりぬくもりあったかリース」
要は円型のフローラルフォームを使ってクリスマスリースにするというもの。
ころころ系のものが多くて、ほっこりな感じです。

使った花材

ひむろすぎ
夜叉(漢字で書いても良いのかは、疑問)
サンキライ

ころころ系のもの
リンゴ 3個
まつぼっくり 14個
コットン 4個

クリスマスの飾り
ヒツジ これもころころ系

クリスマスツリー

ころころ系その1 リンゴは、竹串を刺すのみ。
ころころ系その2 まつぼっくりとコットンは、ワイヤーを絡めて刺す部位作り。
ひたすら黙々とパーツを作るという作業。自分が使う分だけの作業であれば、けっこう楽しい!で終わるけれど、職業で延々とこの作業するのは、手も痛くなるしたいへんだろうな・・・と。

今回の悩みどころは、14個もあるまつぼっくりのあしらい。全部を使わなくたってよいのだけれど、せっかくだから、もりもりに盛り上げたい。わっかの内側に刺してみたり、外側に飛び出させてみたりとなんとかすべてを盛り込みました。最初の内は、バランスを考えてなどと思って刺しているのに、だんだんとどうでもよくなって、とにかく全部を盛り込むぞと載せる場所をひたすら探すという変な状況になっておりました。

実は、このリース。自宅でもう一つ作って、2種類違うものができております。

レッスンで作ったもの。
3-12-2014-1.jpg

自宅で作ったもの。
3-12-2014-2.jpg



もう一つのクリスマスアイテム。クリスマスツリー。

ひむろすぎをフローラルフォームの入った土台に刺して、ツリーを建立。
そこに飾り付けをするというもの。

このツリーが、けっこう個性的。私は、ひたすら三角錐になるようにまとめましたが、周囲を見てみると、いっぱい枝が広がった、飾りを枝にぶら下げるイメージのツリーに仕上げている方も。

今回のこのツリーのポイントは、ちゃんとお星さま(じゃないけど、お星さまの役割のもの)をてっぺんに付けるということ。これがないと、クリスマスツリーにならないでしょ・・・ってことで。

11-12-2014.jpg
posted by みほこ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間&手作りの記録  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック