2015年06月21日

シャルフベック展@東京に行ってきた その3

あれよあれよと言う間に、シャルフベック展@東京に行ってから早一週間。書きたいこともあったはずなのだけれど、私が絵について思ったこと、なんてものを書くのも変だろうし、第一まだ思っていることを上手く表現出来ないので、いつの日か書ける日が来ることを楽しみに、今日はミュージアムショップで思わず買い求めてしまったものや、気になったものについて書いてみようとおもう。

展覧会カタログ

C8DA30A9-72F1-4DC7-8A63-3DA3AC67731A.jpg

どんなに気に入った展覧会でもカタログまで買い求めることはないのだけれど、専門家の方々がどんな風にシャルフベックの絵のことを分析し、捉えているのだろうということが気になって仕方がなかったので迷うことなく一冊購入。東京会場では展示のない一作品も含め、今回来日する全作品が収められている点が魅力。
そして、展示テーマも明瞭に丁寧な解説と共に構成されていることも嬉しい点。

絵はがき

迷わず好きな作品を選びました。

1FB6DDA2-6E12-45FB-8916-1495603FC2DF.jpg

左下は、今回おほっ、と思った「赤いりんご」。淡い色合いも好きかな。
絵はがきを素敵に飾ることができる紙製フレームもあって、その額縁に入れるだけで絵の印象がとても変わるのだけれど、今回は購入せず。

他にも気になったミュージアムグッズがいくつか。さすが芸大…と思ったのは、楽器やト音記号のクリップ。面白い、と思ったのは、起こし文というハガキ。選ぶのに迷いまくって次回持ち越し。

東京会場の会期中にもう一度行けると嬉しいな。

posted by みほこ at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。私も、今日シャルフベック展に行ってきました。静かに戦いを挑んでくるような作品の数々、まとめて観られてとてもよかった。教えていただけて幸せです。ブログはおやすみしており、まとまった感想は書けませんが、たっぷり余韻を味わおうと思っています。自画像も鮮烈ですが、私は後期の静物画がとりわけ好きになりました。
Posted by つきみ at 2015年07月05日 23:56
つきみさん
お久しぶりです。
シャルフベック展 いらしたのですね。
自画像や人物画に注目が集まっているようですが、私も静物画が好きです。
こんなに、まとめて作品を見ることができることに大感謝しているところ。
Posted by みほこ at 2015年07月07日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック