2015年07月12日

集英社文庫 ナツイチ 2015

新潮・角川・集英社 各社の夏のキャンペーンの小冊子を全部いただいてきてみました。
冊子の切り口の違いを並べてみるだけでも楽しいです。集英社文庫のナツイチ冊子には、作者の生まれた年(公表している人だけね)と出身地も併記されていて、誰がそんなところまで見るのかなあ、と思いましたが、そう思った私自身が、お、この作家さん年齢が近いから読んでみようかな、などと思っているのでマンマと作戦にはまっております。

この冊子には、お試し読みができる作品もあるのだけれど、私は、お試し読みよりも、紹介文に惹かれかで選ぶかどうかを決めているかも。他社に比べて短編集とアンソロジーの割合が高いかな。

チーズと塩と豆と                        角田光代・井上荒野・森絵都・江國香織

思い出のとき修理します              谷瑞恵
文庫版 虚言少年                            京極夏彦
あの日、パナマホテルで                ジェイミー・フォード  前田一平 訳

世にも奇妙なマラソン大会              高野秀行
我が家の問題                                     奥田英朗

短編工場
短編復活

働く女                                               群ようこ

仙台ぐらし                                        伊坂幸太郎




posted by みほこ at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・音楽・読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック