2016年08月17日

【夏休み 19日目】 日常の中のお休みという感じの一日

小・中学生の夏休みだったら、夏休み20日目の頃ってどんな気分だっただろうとふと思い出そうと思いましたが、ラジオ体操皆勤賞を目指したり、学校のプールに毎日のように通ったりしていたようなしていなかったような。40日間の夏休みの折り返し地点にあたります。
長期休暇の恒例で、本は読もうと何冊か携えて来ておりますし、それ以外にもやりたいこと用の道具も持ってきております。ただ、お天気が良いと部屋の中に閉じこもっているのがもったいなくて、けっきょく外へお散歩に出てしまうものだから、遅々としてはかどっておりませんが、のんびりするための夏休みだから、まあ良いか…と。

今日は、午前中が雨。お昼頃からようやく青空が出始めたので、お散歩がてら外出。いったん、部屋に戻って休憩。そして、また、外出という一日。

雲一つない真っ青な空が広々と広がる夏の空も魅力的ですが、地平線までずっと続きそうな雲の並びをこんな風に見ることができる空も大好きで、日本の空との違いを楽しんでおります。

17-8-2016.JPG


撮影時間は、本日、17時31分(フィンランド時間)。遊歩道が続いているところなので、歩く人、走る人が多いこと。もちろん、海を見ながらのんびりおしゃべりしている人もいますし、通り沿いにあるカフェにお食事に来ている人たちもかなりおりました。

フィンランドって、通りでは人を見かけないのに、お店に入ると人がいっぱいとか、いつの間にか人が集まってきているということが多く、「どこでもドア」で突如出現しているのか!?といつも不思議に思います。

今回も、時間ができると書店に行っておりますが、どこの書店でも、誰かのために、特に子どものために本を探す人は、お店にやってくるとまっしぐらに店員さんに相談に行っている様子がいつものことながらよいなぁ、と。日本だと、XXXという本はありますか?とか、△△さんの本はありますか?とお客側が求めるものが決まっていて、単にその書籍がある棚を尋ねたり、在庫の有無の確認だったりするけれど、フィンランドの場合は、○才の男の子または、女の子にお勧めの本はありますか?という尋ね方。だから、私なんぞが、あちこちの棚を見ていると、お手伝いしましょうか?と声をかけられます。いつも、特にお手伝いしてもらうことはないけれど、今度、お願いしてみようかな。「あなたの好きな作家さんの本を紹介してください。」とかね。
ちなみに、今読んでいる、フィンランドの小説は、昨年、店員さんがお客さまにお勧めしていた本。ちくりちくりと今のフィンランドの社会への苦言も呈している、ヘルシンキが舞台のちょっと面白い設定の作品。店員さん、ありがとう!な出会いをした作品です。






posted by みほこ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック