2017年01月29日

【映画観賞記】『恋妻家宮本』

3A8E2A3A-21EF-4FFB-9541-B5AC0C949038.jpg

主演2人の27年前を、ちょうどその年代の別の俳優が演じる、という手法で、特殊メイクや無理矢理頑張っている感がなく、むしろ時の流れも感じられた面白さがありました。

宮本さんの悩みっぷりは、脳内妄想再現により、より強調され、はたから見るとくすっと笑えたり、吹き出したり、とけっこう忙しかったです。
先生としての宮本さんは、大人目線で見れば、頑張れ先生!と応援したくなりますが、生徒だったらどう思っているかな、と想像不能。私にとって先生と呼ぶ人は、やはり先に生きる人であり、あたふたしたり、迷った姿は見せない超人としか思っていないのだけれど、今の学校の先生は、ちょっと変わって来ているのでしょうか。学校の先生に限らず、年功序列がもっと大切にされていた以前はもっと対面するだけで緊張する存在の人って多かったと思うのです。そんな緊張する怖い存在の象徴が、ドン君のおばあさまだったのかな。
優柔不断な宮本さんが「正しさ」よりも「優しさ」…と一生懸命なくだりは感動さえしました。ま、ちょっと大げさな比喩はありましたが。

お料理教室とお料理をするシーンは無くてはならないポイント。実際にこういう場で出逢った人たちがここまで自分のことを語り合う仲になるか、というと私には無理だけれど、ここでしか会わない、という状況であれば、むしろ話しやすくなるから不可能ではないことなのかな、と言うことはよくわかります。特に学校の家庭科室で作っていたサバイバル卵かけご飯はちゃんとレシピが知りたいくらい。

学校の廊下に貼り出されていた二つの書き初めの言葉にもメッセージを感じたりして、エンディングも含め映画館で観てよかったな、と思える映画でした。


posted by みほこ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック