2017年05月27日

梅雨から初夏、そして夏

仮想花屋で予算に合わせて花選びをして花束にするレッスン。ちょっと久しぶりで、少しドキドキな開始前。
実店舗でどんなお花があるのかをチェック。どんなテーマで作ろうかと、空想しながら会場へ。仮想花屋の方が種類も多く随分と品揃えも違い、あらまあ、どうしましょうとまたまた頭の中を空っぽにして、色んなお花にご対面。

部屋の灯りを受けて、夏の木漏れ日のような感じになっていたヒメミズキ。使いたいけれど、一本のお値段が予算の三分の一を占めてしまうので、どうしようかな、と迷っていたら、もう一人、使いたいという方がいたので、半分にさせていただいて、予算面でもボリューム的にも無駄を省くことができたので、採用決定。

この季節のおすすめのお花として紹介されたのは、芍薬とトルコキキョウ。
メンバーのほとんどの方が、いずれかのお花を取り入れていました。

今日、一番に目を惹いたのはレモンオーラという名のついたひまわり。そして、超小ぶりのアジサイさん。この二つを取り入れるには、色合いも、季節感もずれているので無理があるかなとは思ったものの、「梅雨から初夏、そして夏」を表現する、ということにすれば、花束の中で一つのストーリーが出来上がるかな、とこじつけてみました。

選んだ花材は、次の通り。

ヒメミズキ
ひまわり(レモンオーラ)
アジサイ
スモークグラス
グリーンミント
ゆきみ
シダ

グリーンミントとスモークグラス、ゆきみは、アジサイからひまわりへとつなぐ、季節の橋渡し役になってもらいました。シダは、枝ものと、草もののつなぎ役兼足元を覆いになっております。

完成直後…お教室で撮影したもの。

A72770E8-7E24-4EF4-8FFF-7AECE1436DA8.jpg

自宅で…。周囲の雰囲気が違うのと、空間の広さの違いで感じ方も全然変わります。

75DAC0D6-2EA1-42F0-AB38-6D1AE6E493C3.jpg

おまけ… 記録として。
A58FA265-73C4-43EE-93C3-9FD739C85C7D.jpg
同僚の出産祝いに調子に乗って作ったアレンジメント…
慣れない「可愛い」がテーマで、花選びに時間がかかりました。



posted by みほこ at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック