2017年06月23日

花合わせレッスン 夏至のブーケ

仮想お花屋さんで予算に合わせて花材を選んで花束にまとめるレッスン。
10回目となりました(たぶん)。

昨年も、花合わせレッスンで夏至をテーマに作っていて、その時は、なんとなくぼんやりと、フィンランドの夏を感じられるような花材でまとめましたが、今回は、7種類を使うこと、できるだけ「野原から積んできました」感のあるお花たちを選ぶことを最低限の決め事について花材選び。

最初に選んだお花が、アストランケアマヨールとアリアムブルーパヒューム。そして、スモークグラス。
この二つを選んで桶に入れていたら、先生からは、独特の選び方をしている、と。王道的な選び方ではないということですね。みなさんは、シャクヤク、バラやアジサイなど、しっかりしたお花から選んでおられましたから。この段階で、私の今日の作戦は、まだ秘密。ひたすら派手な色ではない花材を選んでいたので、不思議だったのかもしれません。

ブルーパヒュームを選んだのは、もちろん、フィンランドの色、青だったからです。このお花以外は、見事すべて、白もしくは、緑。

今回選んだ花材たち

スモークグラス しゅっとしていたふわふわした感じがかすかに風を感じさせてくれます。
アストランケアマヨール スプレー型に広がっていることが選択のポイントでした。
アリアムブルーパヒューム 色と形に惹かれて。
ミント 庭先に生えている植物から花束を作るイメージを強調するために。
ロシアンオリーブ ちょっと枝ものの助けを借りて、ボリュームを出すために。
手毬草 緑で引き締め。
アイビーグレーシャー 何となく、植物の種類の数合わせでもあり、花束の動きをまとめるためでもありました。

完成直後・・・

2AC22D2E-4403-48FB-AAF1-C90E502507D0.jpg

自宅で明るい時間帯に。

A8FE16D4-83A3-483F-9A6F-471480AB1409.jpg
posted by みほこ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック