2017年07月25日

【映画鑑賞記】『朝鮮魔術師』

ファンタジー映画と紹介されていたので、ファンタジーだ、と思って観ていましたが、そういう前情報がなければ、最後の場面でやっとファンタジーだったのか、と気がつく、そんな作品ではなかったかと思います。

主演俳優さんが好きで観に行ったのですが、さすがの演技で、リアル感満載。冒頭部分は、薬でいかれているという状況で、そういう状況が、トリックをやっている場面と重なるとはらはら度が上がります。

魔術というと、恐ろしい感じですが、要はトリック、マジックを魅せる集団と、そこに偶然居合わせた、清国へ興しいれのために旅をしていた一行が交差することで生まれた物語。
恋に落ちちゃった男の子と女の子の物語に、本来交わることのない違う身分の、そして、本来の自分と自分の職業的身分の狭間でもどかしい思いを抱いている者同士が一緒に次官を過ごすことで、自分らしくなれることに気がつき、その心地よさに開放的になって、前向きに生きようとする物語が重なっています。そんな彼らの周りには、厳しく温かく、楽しく見守る人たちや、己の恨みを晴らそうとうごめく人間模様も。

魔術師たちの奇想天外な発想から生み出される、夢を現実にかなえてしまう楽しさ。手品と呼べるような小さなトリックで、人を喜ばせる楽しさ。トリックを実現するために施されているあらゆるからくりの調った舞台裏で起こる駆け引きは、残酷さもありながら、はらはらと楽しませてくれる場面でもありました。

終わってすぐよりも、こうして思い返すと、また観たいと感じている映画で、つまりは、そうとう気に入った映画なのだと思います。

640.jpg
ラベル:韓流映画 映画
posted by みほこ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・演劇・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック