2017年07月28日

今日もマッティは憂鬱らしい・・・ 「マッティは今日も憂鬱」第2弾

Matti 2.JPG


「マッティは今日も憂鬱」の第2弾を、フィンランド帰りの友人にポンと渡され、さっそく読んでみた。けっこうくすっと笑える、とか、そうそう、わかるわかる!そうだよね〜、ぐふふふふ…となってしまう感想をよく聞いていたのだが、全然違うのだ。なんでだろう?と考えることしばし…
あまりにも自分がやっていることと同じ過ぎて笑えないのかも、という結論に至ってやっとくすっと笑えました。

スーパーに行って知り合いに出会ったら、2度会わないようにドキドキしながら商品の陳列棚の間から確認ちゃう、なんて言うのは普段他人には話さないことを指摘されたようでむしろ辛かったくらい。

道に迷っている時にお節介を焼いて欲しいか…と言うと、私はノー。だから、同じ場面のマッティさんに同感。だからこそ、困っている人を見つけると、どうしよう、と迷ってしまう。ようやく最近になって、話しかけられるようになったけれど、それでも躊躇することも多い。おもてなしの国ニッポン…とか言っているけれど、けっこう負担だったりするんだな、これが。お節介を焼くことはむしろ、喜んで…と言う気持ちがあるので、助けて!シグナルをばしばし出してもらうとかなり積極的になれそう。こう言うことは、相手に期待しちゃいけないのか…

人付き合いはとかく憂鬱なものなのかな。


posted by みほこ at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック