2021年02月14日

スキー休暇@白馬八方 2021シーズン スキー第二日目

夕べの地震。白馬八方は、まったく揺れませんでした。お隣の白馬五竜では揺れを感じたと聞いております。大きな自然災害のニュースに触れるたびに、同じ日本と言う国にいて、普通に生活していていいのかなと気が引けます。じっとしていても意味はないよ…と言い聞かせ、普通に時間を過ごすようにします。

今日も、朝からゲレンデへ。8時半にはゲレンデに立ちましたが、既にお天道様がさんさんと輝いており、早くもザク雪状態に。みなさん、まるで春スキーとおっしゃっています。
さて今日は、腰引けスキーを直すため、半日だけスクールに入りました。「悪雪で腰引けます」と申告をしてレッスン開始。スクールも気を使ってくださって、もう一つ下のクラスのレッスンに移るかどうか、グループ分けの滑りチェックからしてくださいました。お手数をおかけしてしまいましたが、助かりました。けっきょく、元々予定していたグループでレッスンを受けることに。レッスンを受けることの醍醐味、楽しみは、他人の方々の滑りをコーチの解説付きで見ることができること。コーチの方々、どなたもそうですが、一生懸命言葉と身体でいろいろなことを伝えてくださろうとすること。ゴーグルの奥で目の表情を見ることができませんが、今年はマスクを付けているので、口元の表情もわからず、お互いにたいへんです。意思表示と言っては何ですが、コーチの言葉にうなづいたり、ちょっとしたことでも質問をしてみたり、お互いがお互いに工夫しながらレッスンを受けている感じでした。お蔭様で、滑り方の変な癖がどこにあるのかを思い出し、もっと格好良く滑ることができるようになるためのポイントも指摘いただきました。繰り返し滑ることが大事ではありますが、ピアノと同じような方法で練習するのはほぼ不可能。
何のために巧くなりたいのか、というとスキーを安全に楽しみたいから。地球温暖化でどうしようもないと言われておりますが、もうちょっと寒くて雪のある冬が毎年来るような状態にまで戻って欲しいと思います。

汗をかきながら滑り、マスクもしていてすっかり体は干上がったようで、昼食時、水分三杯アッと言う間に飲んでしまいました。宿に戻ってからもお茶をずっと飲み続けております。

スキーのあとは、ちょっとお散歩。スキージャンプ台のあるところまで行ってきました。長野オリンピックの時は、ここに選手と関係者と観客がどっさり来ていたんですよね。

641ECA25-62F7-4F7A-9709-786A3ACFAD6D.jpg




posted by みほこ at 14:18| Comment(0) | スキー | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください