2005年08月09日

やっとハンサムに撮れました

orava.jpg


フィンランドは、リスやらウサギやらに時々出会える国ですが
(さすがに首都のヘルシンキでは、街中で出会うことは不可能に近いかも)、
今、滞在中の町では、けっこうよく出会います。リスに。

木があまりにもざわざわしているので、鳥がワサワサしているのかと思ったら、
リスのけんかだったり、ちょっと遠くをスルスルと走り抜けるものがあるなと思ったら、
リスだったりということがよくあります。


けっこう木の枝の上で、ひょっとこちらを向いてちょこんと座っている姿を見つけることが多かったので、カメラを向けてみたこともたびたびあったのですが、
逆光だったり、望遠の加減がよくなかったりとなかなか「ハンサム」に撮れなかったのです。
今朝、ようやく一枚、満足な写真が撮れたので、アップすることにしました。

ここ数日、りんごも、ナナカマドも急速に色づき始め、
マツボックリも道ばたに落ちるようになりました。
リスたちも、そろそろ冬支度なのでしょうか。
大きな実を口にくわえて、冬に備えているようでもありました。

フィンランドでリスというと、その昔の貨幣。
高額貨幣は、金属でしたが、一番価値の低い貨幣はリスの皮。
それだけたくさん、そこら中にいたということですねリスたちが。
10年前に消滅してしまった(統廃合のため)フィンランドの某銀行のマークは、
リスをデザイン化したものでした。
よく「炎ですか」って聞かれましたけど。リスだったんですねぇ。
ちなみにその銀行の旧本店は、現在、KÄMP HOTELとして営業中です。
posted by みほこ at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 夏休み2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしが知っているフィンランド語のひとつは、
「OSAKE PANKI」です。
「おさけぱんき」(って読むのかしら?)

初めてフィンランド(ヘルシンキ)に行ったとき、
やたらにこの看板が目について、
なんだかもう、かわいくってかわいくって。

おさけぱんき

つぶやいてしまいます。。。
(記事と関係あるような、ないような)

Posted by はるみ at 2005年08月12日 17:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック