2011年11月28日

今回、思ったこと、感じたこと

ホテル滞在でしたので、お部屋が暗くて本や新聞を読む気持ちにはならず、テレビを見ると、固まってしまってなにもできなくなるので、ラジオばかりを聴いていました。ラジオだと、音楽もあるし、DJの他愛のないおしゃべりもあるし、そして、ニュースや天気予報も。私にはラジオがちょうどよいようです。

ニュースというのは、凄いことや、楽しいことよりも、え、なんでそんなことが?困ったなぁ、哀しいなあという話題の方が多いものですが、今回もやはりそうでした。EU圏内の経済問題はもちろん、フィンランド国内でも親が子どもを手にかける、某市長が仕事中に飲酒して云々というニュースも。時期的に、労組交渉でストライキをするかしないか・・・という話題もちらりほらり。そして、来年の大統領選に向けた話題も、真面目なトピックから、陣営同士の足の引っ張り合いか!?と思われるゴシップ的なニュースまで。

相対的に「なんだかな」というニュースが多いように思います。まあ、それだからこそニュースなのですね。

ヘルシンキの街へ出ると、相変わらずお寿司屋さんは、あっちもこっちも食事時は混雑していました。フィンランドで煮物まで食べられるようになって欲しいとは思いませんが、いい加減、日本食=お寿司の図式から脱皮して欲しいと切に思います。
posted by みほこ at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

来年もまたヘルシンキのカレンダー

例年購入している「ヘルシンキ」のカレンダー。
今年はなかなか見つからなかったのだけれど、ラッキーにも見つけられました。

一方、ほぼ衝動的に「大人買い」してしまったものは、来年のWorld Design Capital Helsinki 2012を記念して販売されているARABIAのマグカップ4種。
一応、本当に欲しいかどうか、一晩考えまして、いざとなったらプレゼントにできるから・・・という理由を一生懸命にくっつけて購入してしまいました。

ヘルシンキの街や建物を知っている人であれば、あ、この建物はあれだな・・・というのが可愛らしくデザイン化されております。個人的なツボは、Made in Helsinkiとなっているところでしょうか。

26-11-2011-1.jpg


今回、行く前からどうしても購入したいと願っていたのがRajatonの最新版クリスマスCD。

今はiTuneでDL購入することもできるけれど、どうしてもCDが欲しくてフィンランドへ行く日までひたすらガマンしていました。

そして、もう一枚が、Arttu WiskariのCD。
ラジオでしょっちゅうかかっていたTuntematon potilasが好きで、購入してしまいました。
内容は、かなり哀しいものだけれど、心に染みる曲でもありますね。

Tuntematon potilasのOfficial Videoはこちらから・・・



26-11-2011-2.jpg


最後に大量購入したのがチョコレート。
毎度のことながら・・・空港で大量購入。
頼まれ物だったり、「ご進物」になったりもしますが、周囲の人たちには、各種数個ずつ入れてお土産にします。クリスマスバージョンチョコがあったのは、この季節ならではですね。

26-11-2011-3.jpg


posted by みほこ at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

新旧交代!? カバンって消耗品!?

marimekkoのクラシックタイプのカバンが好きで永遠と使い続けているのだけれど、布製なので、色が落ちる、というか褪せるだけでなく、使い込めば使い込むほど角のあたりから薄くなってきて、穴があいたり、肩にかけるところや持ち手がほつれたりしてきます。あまりにもみすぼらしくなると、代替わりせざるを得なくなり、そんな風にして使っているカバンが2種類ほど。日本でもmarimekko愛用者が増えていますから、どんな状態で使っておられるのか、思わず観察してしまうことも。皆さん、形の崩れていない、色も妙な色褪せをしていないものを使っておられるように思います。フィンランドではときどき、はげっはげの色になったmarimekkoカバンを持っている人をみかけることもあり、そういう人のカバンをみると逆にうれしくなってしまいます。

このところの私の悩みは、「ペン入れ」にしているmarimekkoのガマ口タイプのメガネ入れを取り換えるかどうか。とがったものを入れているためか、すでに小さな穴が3つほど。入れていた蛍光ペンのふたが外れていたことがあって、ペンの色に染まった部分も。あまりの汚れに手洗い数回。洗うと余計に色落ちして、白っぽくなってきています。その分、やわらかくなって使いやすくはなっていますが、少々みすぼらしいかもしれません。小学生のときの筆箱は、6年間しっかりと使い続け、中学生になってから取り換えたら、なんとなく落ち着かなかった思い出があります。使い慣れたものは、少々くたびれても壊れていない限りは使い続けた方が落ち着くのかも。でもねぇ、あんまりみすぼらしいのもねぇ。と、ぐずぐずと思っています。一応、今回、まったく同じ柄の布でできたメガネ入れを見つけたので、購入はしたのですが、新旧交代はいつできることやら。

一応、新旧「ペン入れ」揃い踏み。

25-11-2011-1.jpg

posted by みほこ at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

ヘルシンキで女子会

今回も「女子集まり」がありました。「女子会」というには、ちょっと年齢が高すぎたかも・・・オープンしたばかりのサラダバーがあるから行きましょう・・・と連れて行かれました。

 ベースにトマト、きゅうり、レタス、マカロニなどを入れて、その上に2〜3種類のトッピング(チキン、オリーブ、乾燥トマト、パイナップル、パプリカなどなど)を載せ、ドレッシングをかける、というもの。

24-11-2011-2.jpg

決して新しい食事のスタイルではないですが、ここ数年でこういうタイプのお食事処が増えていますね。どうしても生野菜欠乏症になりがちなフィンランドでの滞在中にはありがたいお食事処です。

 今回の女子会メンバーは、お一人は、東京に仕事で来られたときに2日ほど一緒に行動をした方。もうお一方は、その方のお友だちで、かつて仕事で半年ほど日本に住んだことがあって、「大の日本ファン」(ありがたや)。このお二人の共通項がまったく思いつかなかったので、出会いをおうかがいすると、子どもたちの保育所がご一緒だったというママつながり。それが、子どもが成人した今でも、機会があるごとに行き来をする仲に。素晴らしい!ではないですか。日本のこと、フィンランドの中の日本のこと、日本の中のフィンランドのこと、それぞれの仕事や家族のこと、趣味や普段の生活のこと・・・と話は尽きませんでした。今日のいろいろなお話の中で、なるほど!と思ったことが一つ。ちょっと気になっていた、フィンランドで日本発のニュースや日本に関するニュースが少なくなっているように感じていたので、どう思う?と伺ったところ・・・「確かに注目度は低くなっているのかもしれない。でも、首相が代われば報道されるし(これは良いことなのかどうかは別として)、3.11.に関することはニュースになっているし、なんというか、日本のことが当たり前になってきているからではないかしら・・・」という見解。つまり、ドイツ、フランスやアメリカと同じような位置づけになっているということ。フィンランドにとって大きな出来事(フィンランド系企業が工場を設立するなど)はないので、大きな写真付きの記事にはならないけれど、動静はちゃんと報道されている、ということですね。
posted by みほこ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

クリスマスカードを書く。

せっかくこんな時期にフィンランドにいられるので、お礼状を出さなければいけないのにできていない人たちに、クリスマスカードを送ろうと買い込みました。はなかなか難しいカード選びでしたが、受け取る人の顔を思い浮かべながらカードスタンドをぐるぐる回すのは、楽しくもありました。

こちらから送るクリスマスカードは、いつものお気に入りのイラストレーターさんのカードと週末にトゥルクの手工芸博物館で購入した「手印刷」のはがきタイプのカード。ちょっと大人な方々には、手工芸博物館のカードにしてみました。

23-11-2011-2.jpg

そして、クリスマス切手を買うために中央郵便局へ。ホール内は、クリスマス一色になっていて、あらまぁと思わず立ち止まってしまいました。そして、もう一つびっくりしたのはFAZERとITELLAが結託しているのかしら?と見まがうほどにチョコレートの山、山、山。クリスマスプレゼント、というかクリスマスのごあいさつにチョコレート・・・郵便で送ることができる甘いもの、というとチョコレートになるのですかね。クッキーより破損を気にしなくてよいし、小さな粒だからちょこっと食べたい時にうれしいし。日本のキットカットのように、その箱のまま送れるようになっているものはさすがになかったようですが・・・そして、こういうものはないのかなぁと思って探したのは「糖尿病」などの食べ物制限のある人にも送ることができるプレゼントお菓子。いろいろな食品アレルギーや疾病に対応する食品を編み出すのが得意なフィンランドでもさすがに「甘いものが食べられない人(とくに高齢者に多いと思うのだけれど)」向けのチョコレートに代わる「郵送可能なクリスマス時期に合うお菓子」はまだ用意されていないようですね。もちろん、お菓子だけじゃなくて、グッズの取り扱いもありましたので、食べ物以外を送ればいいわけですけど。

今年のちょこっとクリスマスプレゼントのトレンドは、フェルト製品のように感じます。それも、小さなお団子をつないで作ったもの。

23-11-2011-1.jpg

クリスマス色、冬向きの温かな色。質素で実用的で堅実派からちょっと無駄じゃない?と思えるような小さくて可愛いも派に移行しているような感じもします。



posted by みほこ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

フィンランディア・ホールに潜入する


仕事で「セミナー&ワークショップ」に参加。私はどちらかというと、助手的役割だったのでじっとおとなしくしておりました。会場はフィンランディア・ホール内のセミナールーム。

ホールそばの公園で、お掃除隊発見。落ち葉の量は半端でないですから、吹き飛ばして寄せ集めてそれでまとめて取る!という手順ですね。

22-11-2011-2jpg.jpg

お掃除隊の人たちが背中に背負った機械が近未来を舞台にしたアニメ作品などで宇宙に飛び出すときに使う道具のように見えて仕方がありません。
日本だと掃き寄せて取り除くけれど、こちらでは吹き飛ばし方式。どちらが効率がよいのでしょうね。省エネルギーという意味では、ほうきで掃き寄せ派でしょうか。

さて、仕事が終了して、表に出た時は、すでに真っ暗。時間は午後4時半頃。去年の今頃は雪がいっぱいあって真っ白だったのに・・・と、ぶつくさ言っている人もいる一方で、滑らないし、寒くないから楽で嬉しいよ、と言っている人も。まあ、どちらの言い分もごもっともでございますね。

今日は、お昼ご飯を食べ損ねたので、血糖値が下がりすぎてふらふらに。とにもかくにも、まずはご飯をと思い、ヘルシンキ滞在中に一回は必ず行くタイ料理でグリーンカレーをいただきました。相変わらず辛くて美味しかったです。

早めの夕飯を済ませた後は、お買いものタイム。

まずは、本屋さん。今回は、ちゃんと読む時間があるのか考えてから買おう!と自分に暗示を一生けん命かけまして、あまり物欲爆発状態にはなりませんでした。暗示って大事かも。あとは、そういう場所、物欲が爆発しそうな場所に近づかない。これ、大事です。本は重いですからね。いつも、どうしているの?と聞かれるのですが、実は、書籍だけは郵送しています。そうしないと、重量オーバー確実なのでね。

さて、頼まれモノ。それらを求めて大急ぎでお店からお店へと歩きまわりました。ほとんどがスーパーマーケットで購入できるものなのだけれど、なんと、ホテルの近くのお店は小さすぎて種類が少なくお願いされているものがない!なので大きめのスーパーマーケットまでお散歩。その道々、気になるような新しいお店もできていて、用事もないのにふらふらと入ってみました。日本にもあるような、「ちょっとおしゃれ風」「ちょっと私、生活にこだわりがありますのよ」という人たちに好まれそうなお店が少しずつ増えていますね。

最終日に、もう一度、お店周りをしようかと・・・物欲爆発しないように暗示をかけながらね。

22-11-2011-1.jpg
posted by みほこ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

雪が降るって予報だったのだけれど・・・

朝 「通勤」時の朝焼けです。

朝がそろそろと、ゆっくりとやってくる、という感じを体感できるこの季節。暗い時間帯が長いのはたしかにたいへんだけれど、地球って大きいなって、実感できるときでもあります。


21-11-2011.jpg

一日室内で仕事だったので、写真はこれだけ。

普段はメールでやりとりして仕事を進めている人たちと、顔をあわせて仕事の話をすると、なんとまあ、ものごとの進みが早いこと。メールは確かに便利だけれど、電話とか、会って話をするっていうこともやはり大切ね。


今回、リフレクターを持ってくるのを忘れてしまい、まずいなぁと思っていたら、仲良し同僚に「危ないから付けなさい!」言われてしまいました。そうなんです、街を歩いていて自分でも危ないよなぁと思うのです。しかも、コートの色が真っ黒なので、余計危ない。スーパーマーケットに立ち寄ったので聞いてみたら、取り扱いがないお店でした。キャッシャーのお姉さん自身も、「どうして、ないのかわからないのよ。私もあったらすぐにでも買うのに!」って、思わず、その場にいる店員さんと客がみんなで会話。寒さが厳しくなれば、急に帽子やら手袋が売れ、暗くなればリフレクターが売れる。どこでも人の心理は同じですね。
posted by みほこ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

トゥルクで

昨日、各街でクリスマスストリートのオープニングイベントがあったようですね。
昨日は、午後からトゥルクへ移動。新しい「高速」道路だったのでトンネルが多かったです。


トゥルク訪問は、毎度の事ながら街を回るというより、人に会いに行くのが目的なので、どこに寄ることもなく、会う人のお宅へまっしぐら。朝食の時間がちょうど森の向こうから太陽が昇ってくる時間帯で、こんな写真が撮れました。

20-11-2011-1.jpg

今日は、今シーズン初めての零下の朝だったようで、駐車場に停めてある車の手入れをしに来ている人が多かったです。街に出てみると水溜りは凍り、午後になっても落ち葉がこんな感じでした。

20-11-2011-2.jpg


今年、トゥルクは、ヨーロッパ・カルチャーキャピタルだったのですよね。来年は、ヘルシンキがワールドデザインキャピタルですし。文化だのデザインだのでがんばってますねぇ、フィンランド。


さて、明日からは仕事。頑張ります。
posted by みほこ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

双子ちゃんと公園で遊ぶ・・・

友人のお孫さんの公園遊びに押しかけました。両親には、ちょっと休息のお時間をプレゼント。

ちょうど人見知りをする時期らしく、私を見たら二人とも固まりまして・・・近づいたら一人は大泣き。もう一人は、なんじゃ?この人は?とじっと見つめて近づくなビームを発しておりました。

これはだめかなぁと、思いつつお茶をして、しばらくしたら二人とも落ち着いたのでお出かけの準備。寒いのと、朝雨が降ったので、足の先から頭のてっぺんまで遊ぶための準備がたいへん。雪が降るようになったらもっともこもこに着せないといけないから、着せるだけに一仕事。子どもの準備が終わったら大人の準備。まあ、こちらは、そんなにたいへんではないですけどね。


この頃には、二人とも慣れてくれて、私は走り回る妹ちゃんと主に遊びました。

19-11-2011-1.jpg


短い日中にしっかり遊ばせようと何人かの子ども家族が来ていました。子どもと遊ぶ一時間はあっという間。そろそろお昼だから家へ帰ろう・・・と言っても、「やだ。」と言われてしまいましたが、もう一人が疲れて眠くなってきたのか泣き始めたので、強引にバギーに乗せると抵抗することもなく、泣き続けるお姉ちゃんのことを気にして、どうしたの?と声をかけるあたり、双子ちゃんだなぁと思いました。泣き続けていたお姉ちゃんも、妹ちゃんに声をかけられると自然と泣き止んで、これまた不思議。お家に帰ってからは、外遊び用の服脱ぎのお手伝い。二人とも脱がされる作業に慣れているのか、おとなしくしていました。そんなに動き回ったつもりはなかったのに、しっかり運動した後のような疲労感がどっと来ました。子育て中のご両親ってすごいパワーが必要なんだなぁと思った次第。

posted by みほこ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

今日からフィンランド 

今年は夏のフィンランドには出かけなかったのでなんだかなぁ・・・ですが。こちらのフィンランド人には、「一番楽しい季節にフィンランドに来るね・・・」と揶揄されつつの訪問です。

フィンランドに行くけれど、何か欲しいものある!?と募集したところ、こんなものたちのご所望がありました。実は、もう既に一ヶ所にはお渡ししているので、少し量は多かったのですが・・・


18-11-2011 1.jpg


ここには、私からの一方的なお土産も含まれています。

その一。UNIQLOの靴下。フェアリーソフトソックス。この感触は、絶対にフィンランドの人も喜んでくれるだろうな、と思って。それに、家の中で靴下で歩きまわるから、ぴったりかな、と。


お土産その二は、PLUSのDECO RUSH。
10代の女の子が家族にいる人が何人かいるので、2個でセットにしてみました。喜んでもらえると嬉しいのだけれど。私的お気に入りはカバ柄なので、カバ柄+もう一柄でセットに。伊東屋@銀座でまとめ買い。メーカーの方が(委託だろうけれど)市場調査していて、どの柄を購入したのかチェックされました。私のプロフィール、どういう風に見て取ったのかが気になりました。


依頼があったもので買うのに一番苦労したのは、雑誌。

POPTEENとSEVENTEENを頼まれたのだけれど、SEVENTEENがなかなか見つからず、5箇所目でようやくみつけました。何でこの号が売り切れ続出なのかよくわかりませんでした。専属モデルの子が卒業する号だったからなのか、付録が付いているからなのか。KARAみたいな美脚を目指すためのストレッチも紹介されていて、なるほどなるほど・・・と私も見させていただきました。要はヨガなのだと思いましたね。

どれだけ探してもなかったのは、COOKDO!のキムチチゲ用。
中華あわせ調味料はどこに行ってもあるのに、韓国合わせ調味料はけっきょく見つかりませんでした。季節的なものなのでしょうかね。もう少し時間があれば、メーカーさんに問い合わせることもできたのですが。次回はぜひとも探し出して持って来てあげたいな・・・と。

さて、そして、ヘルシンキ。
このところ、ああ、いつもの風景ね・・・と思うようになったのは、乗り換えの手荷物チェックの行列。アジア、インドなどからの便がほぼ同時に到着して、その人たちが国内便やヨーロッパ乗り継ぎ便に向けて一斉にヘルシンキで手荷物チェックとパスポートコントロールに向かうものだからものすごい列になっています。今回も、名古屋便やタイ、インド、ロシアからの便がほぼ重なったようで、待っている人たちは、うんざりとした顔をしておりました。一時間の乗り継ぎ時間で間に合うのかなぁという感じ。ヘルシンキで降りる人は、ほとんどいないので、私の方はとっても楽でしたが。
ほぼ定刻どおりに到着して空港から外へ出たときは、もう夕方に。道は金曜日の帰宅ラッシュになっていました。本当であれば積雪があってもよさそうなのに、全くなくて。東京から来た身としては、動きやすくて助かりますけれど。

街中を少しだけ歩きました。クリスマスが近づいていることを感じさせるものがあちこちにありました。例えばこれ・・・

18-11-2011 4.jpg


東京も、ホテルやショッピングセンターへ行くとクリスマスツリーが立っていますから、ヨーロッパならなお更ですね。
posted by みほこ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋 2011  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする