2021年04月06日

4月は投稿月刊

あれよあれよと言う間に4月。しかも、2週目。新年度で生活環境が変わったと言う方も多いと思います。私は新年度もほぼ変わりない毎日です。
おかげさまで新年度から新しく始まるフィンランド語のオンライン授業(土曜日、隔週、朝8時半から)も開講が決まり、画面上ではありますが初めてお目にかかる方との時間に新年度らしさを感じられるな、と喜んでいるところです。

その他、もう四年以上(たぶん)続いているクラスの皆さまと(こちらもオンライン)、ハイブリッドでフィンランド語の小説を読むクラスも成立して、フィンランド語に興味がある方々との時間が過ごせることにわくわく&ドキドキです。

今月は、「フィンランドをもっと好きになる」を合言葉にNoteの中にサークルを立ち上げられているカフェmoi さんのサークル活動の一つ『深掘りフィンランド』に4月中、参加させていただきます。要はサークル活動の種まき、波紋ができる一雫落としかな?と思っています。

昨日、一通目のお便りが公開となりました。

nuotio|takibi〜フィンランドをもっと好きになる|岩間 洋介|moicafe.com



また、明日は、メンバーである北欧語書籍翻訳者の会の週一記事のお当番記事の公開予定日です。


posted by みほこ at 08:15| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

オンラインイベント『フィンランドで考える 男女平等から多様性へ』と題してお話しします。

「フィンランド」が生活の糧になってそろそろ30年。学生時代を加えるともう少し長くフィンランドとかかわってきたことになります。仕事柄、様々な職種の人たちとかかわらせてもらいましたし、フィンランドのXXと「項目別」に特定の分野のお勉強をしなければならず、門前の小僧のようになった分野も増えました。そして、友人としてお付き合いのあるフィンランドの人たちとも、ことあるごとにちょっと真面目なテーマで話をし、ふむふむと思いながら年月を重ねています。

 これまでも不特定多数の方へ向けて、初めましてという方を対象に自分の言葉でフィンランドについて語らせていただく場はありました。「旅案内」やクリスマスの過ごし方など生活密着型の楽しい話題中心でした。そしてちょっとまじめなお話しでも「フィンランドの歴史」「文学のこと」など、私自身の得意分野ばかりでした。

 今回は、普段、フィンランド語の講師として講座を持たせていただいているマトカトリ@東京・日本橋さんから、「フィンランドについての、ちょっと真面目なお話しはできませんか」と依頼をいただき、う~ん、と考えて挑戦させていただくことになりました。

第一回目のテーマが「男女平等」となって、いやいや、フィンランドでこのテーマにするのであれば、「多様性」についてもお伝えしないとフィンランドらしさが伝わらないと今回のタイトルとなりました。

前置きがすっかり長くなりましたが、以下の日時にお話し会をさせていただきます。完全オンラインでライブです。

オンラインセミナー

『フィンランドで考える 男女平等から多様性へ』

フィンランドの今を伝える情報があふれ出ています。話題となる文言の一つが「男女平等」。あるいは、ジェンダーフリー。フィンランドでは自分と他者との違い、人間社会の多様性をどんな風に考えようとしているのでしょうか。シリーズ・フィンランドで考えるの第一弾として、『男女平等から多様性へ』と題してお届けします。

日時:3月19日(金) 20:00-21:00 参加費:1000円


申し込み等は、主催者のマトカトリさんへ。


フィンランド・ジェネラリスト(勝手にそう名乗っています。フィンランドと、ひろ~く、あさ~く日々お付き合いしている者です。という意味です。)として、専門家ではない、一市民の目線でのお話しです。状況が許せば、オンライン上の方々と言葉のやりとりもできれば嬉しいなと思っておりますが、この辺りは、当日、回線を開いてみないとわからないところです。
フィンランドについて、ちょっと興味がある…という方、ぜひ、ご参加ください。



 
posted by みほこ at 16:57| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

春からのフィンランド語講座のお知らせ 朝活もあります!

フィンランド語講座 いわゆる入門者向けの講座のご希望をちらほらいただいておりまして、この度、久しぶりに入門者対象のフィンランド語講座を作ることにいたしました。開設に至るか否かは、参加ご希望者の人数によりますが・・・

A4FC725A-D85D-4347-B90B-354190BDD7B7.jpg
完全オンライン授業です。

【朝活‼】フィンランド語基礎・入門編 
マトカトリ@日本橋主催

日程 2021年①4/10(土)②4/17(土)③5/8(土)④5/22(土)⑤6/5(土)⑥6/19(土) 
時間帯 8時30分~10時


使用するテキストなどの詳細は、マトカトリさんのHPでご確認ください。

基本的な文法説明もいたします。読み書きよりも、話すことを主体に授業を進めます。


その他、フィンランド語のフレーズを丸覚えして使いましょうという講座もご用意しています。
内容と日程を発表しているものは、以下の通りです。

フィンランド語会話丸覚え
サウナ篇  3月31日(水)20:00-21:00(60分)
自己紹介篇 4月21日(水)20:00-21:00(60分)

ここで丸覚えしたフィンランド語を一方的に話すときっと「あ、フィンランド語できるんだ」理解され、フィンランド語でうわ~っと言葉を返されるようになります。そうして、フィンランド語、ちゃんと勉強しなきゃ…となった際に受け皿となるのが「朝活」講座でございます。朝活講座では、かなりまじめにお勉強していただきます。
今の季節、いろいろな語学講座で新しいフィンランド語入門クラスの案内も出ておりますので、講師の先生方の個性も楽しみながらフィンランド語をどこかでお勉強いただけると嬉しいです。


フィンランド語の長文を読む授業も朝日カルチャースクール@新宿で継続しています。ただいま、ハイブリッド授業になりまして、オンラインからもご参加いただけるようになりました。予習必須の授業ですが、教科書以外のテキストを読んでみたいという方はぜひご参加ください。
今読んでいる作品と授業の進め方については、1月15日付けのBLOGにしたためましたので、気になる方は、確認してください。進度は、1回の授業でだいたい1.5話。1話3ページの小噺集です。

興味がある!かも!という方、お待ちしております。

posted by みほこ at 13:10| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

【オンライン授業】シーリーズ・フィンランド語講座 フィンランド語必須単語持久走1000 4月以降の日程発表!

オンライン授業】
≪フィンランド語≫ ≪単語を覚える≫


 
フィンランド語必須単語持久走1000


88AAC86A-627D-495D-A578-5DECC0151C88.jpg


 フィンランドの書き言葉(新聞、雑誌等)で使用頻度の高い単語トップ1000をご紹介するシリーズです。
 フィンランド語の文法と語彙の知識がある程度あることを前提に授業を組み立てています。
 一回にご案内する「主役となる単語」の個数は、10~20個。派生語、関連語等のご紹介もしていますので、触れる単語の実数は、5倍以上です。各単語が持つ意味の幅の広さがわかるよう、例文も提示。派生語、関連語が多い単語は、辞書を使ってその場で確認作業も行います。要は「辞書を使いこなそう」と言う辞書崇拝授業でもあります。

 授業中、確認作業時に使っているフィンランド語―日本語辞書:
 フィンランド語日本語小辞典 荻島 崇 著 大学書林
 パスポート初級フィンランド語辞典 吉田欣吾 編 白水社

 他の辞書でもかまいませんが、ある程度語彙数
 授業の詳細と申し込み等は、マトカトリさん@東京・日本橋のホームページでご確認ください。

第10回 3月20日(土曜日)10:30-12:00 発表済み
第11回 4月24日(土曜日)10:30-12:00 新規
第12回 5月29日(土曜日)10:30-12:00 新規
第13回 6月26日(土曜日)10:30-12:00 新規

 2回分セットでお申込みいただくと、ちょっとお得です。

 フィンランド語に関して、なんだかちょっと新しいことを初めてみたいという方、お待ちしています。





 
posted by みほこ at 07:58| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

フィンランド語必須単語1000持久走 3月分までの日程決定 

月1回の完全オンライン授業『フィンランド語必須単語持久走1000』。8回目が終わりました。
ただいま、ようやく249個目が終わったところです。頻出単語のトップ1000個を丁寧にご案内中。
前後の関係全く無し。下から積み上げタイプの授業ではありませんので、途中抜けてしまっても大丈夫。途中からでも大丈夫です。

88AAC86A-627D-495D-A578-5DECC0151C88.jpg

今後の予定
2021年2月20日(土)
2021年3月30日(土)


どんなことをやっているのか…と言いますと。
〇 元となる単語がはっきりしているものをご紹介。 
   この元単語は、必ずしも必須単語1000という順位の中に入ってるわけではありません。
〇 派生語をご紹介。
   同じ系列の動詞、名詞、形容詞、副詞など。
〇 幅広くある意味をご紹介。
   りんごは、おそらくリンゴ以外のナニモノでもないけれど、「光」という単語の場合、光線もあれば、電気の灯もあれば、希望の光もあるわけで、そんなこんなをご紹介。
〇 類義語をご紹介。
   別の単語に置き換えることができるかどうか。ニュースや小説を読むと、同じ単語の繰り返しが続きそうなときに、同じ物事を指しているのに意外な単語で置き換えられていたりします。そんなことに気付くように。

一回当たりの進度は、15個~20個で落ち着いています。類義語などをご紹介していますので実際に扱っている単語は、3倍ほどになっています。

フィンランド語を独学されている方。語学講座で勉強している方。でも、アプローチを変えてみたい方。
単語の面白さに触れたい方。もう少し語彙を増やしたい方。
フィンランド語の面白さを別の面から感じたい方。

フィンランド語の勉強そのものは、絶対的に不要不急。でも、なんだかちょっと面白いことをやりたいなと言う方、お待ちしております。
完全オンラインで実施中でございます。月に一回のお楽しみにしていただければと思っております。

お申込み他詳細は、マトカトリのWEBサイトでご確認ください。





posted by みほこ at 14:32| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

「フィンランドのユーモア小説を読む」~ハイブリッド授業へ〜

Mielensapahoittaja.jpg

オンライン授業のご要望もあったということと、緊急事態宣言も出たことも重なり、ハイブリッド授業に挑戦することにいたしました。

対面授業+オンライン授業

果たしてどんなことになるのやら?若干不安はございますがとにかくやってみます。

どのクラスをハイブリッド化するのかと申しますと、朝日カルチャーセンター新宿校で行っている、長文を読みましょうというクラス。

詳細は フィンランドのユーモア小説を読むでご確認下さい。

2回目からのハイブリッド化で、大丈夫?と思われるかと思いますが、小噺集なので大丈夫です。

読んでいる作品については2021年1月からのフィンランド語講座のご案内:にしたためております。

予習は必須。順番に訳回ししています。パス発動は、ありです。

とにかく面白い本なので、長文読みに挑戦したい方は是非ご参加ください。

実は皆さん、初回の授業でちょっと苦労されておりました。教科書の文とは違うので勝手が違う…ということもあったのだと思います。そして、微妙に違う『クスッ』となる笑いのツボのずれ。一言解説をさせていただくと、嗚呼なるほど…と笑ってくださいました。
フィンランド語を読み解くだけでなく、フィンランド人的感覚を感じることもできますので、ハイブリッド化したこの機会に東京…遠いよ、という方々にもご参加いただければ幸いです。

おとぼけ爺さんには、ハイブリッド?なんだそれは。ミドルとか、ロウではダメなのか?と言われそうですが… とにかく、ハイブリッドでございます。どうぞよろしくお願いします。

上山 美保子


posted by みほこ at 18:38| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

2021年1月からのフィンランド語講座のご案内



マトカトリさん@東京・東日本橋のフィンランド語講座は、オンラインで、朝日カルチャーセンター新宿校のフィンランド語講座は、対面授業で2021年1月以降も開催予定です。それぞれのスケジュールが発表となりましたのでご案内です。

「もっともっとフィンランド語②」~オンライン授業~ 
 マトカトリさん主催のフィンランド語講座。今、受講されている方の多くは「ニューエクスプレスフィンランド語」(白水社)を一通り終えています。このテキストで扱った文法事項を学んだことがある方であれば、どなたでもご参加いただけます。どちらかというと「声に出して使うこと」に重きをおいています。「もっともっと」のシリーズに入ってから、初めて出会う文法事項もちらほら登場する予定です。会話形式の文章を使って授業をしています。お手元に辞書をご用意の上ご参加ください。

 1月期は、1月16日(土)~ 3月末までの全6回です。
詳細問い合わせ、申し込みは、マトカトリのWEBサイトでご確認ください。

「フィンランドのユーモア小説を読む」~対面授業~
 朝日カルチャーセンター新宿校では、長文読解授業を受け持たせていただいています。今まで、新聞記事や高校の歴史教科書を読み、アルト・パーシリンナの「行こう!野うさぎ」を読了して、今回からは新しい作品に挑戦します。読む作品は、”Mielensäpahoittaja"仮邦題『おとぼけ爺さんぼやき三昧』。小噺の集合体のようなシリーズ第1作目。

Mielensapahoittaja.jpg

 
 1月期は、1月9日(土)~ 3月末までの全6回です。

「おとぼけ爺さん」からデビュー10年。映画化された三作目は、『頑固じいさんとしあわせな時間』(2018年)は、日本でもフィンランド映画祭で映画館で上映されました。この時、映画化された作品は長編小説ですが、講読作品は、おじいさんの40個の憂い事がそれぞれ短編小説となっています。その憂い事を一回の授業で2話ずつ読み進める予定です。フィンランドの普通の人たちの生活や思いも垣間見ることが出来る作品です。

 詳細問い合わせ、申し込みは、朝日カルチャーセンターのWEBサイトでご確認ください。


月1回のオンライン授業『フィンランド語必須単語持久走1000』も継続中。

Sanakirjoja.jpg


授業の進め方を大幅に変更。単語の使い方を例文でご案内するほか、類義語、反対語、派生語などもご案内しながらゆったり、呼吸しやすい速度で走り続けております。辞書を準備の上ご参加いただくことを条件とさせていただいています。


【今後の開催予定】
2020年11月28日(土) 終了しました。
2020円12月19日(土)
2021年1月23日(土)
2021年2月20日(土)

授業の進め方変更に伴い、料金も改定いたします。
詳細問い合わせ、申し込みは、マトカトリのWEBサイトでご確認ください。

「ユーモア小説を読む」は、トライアルでお試し参加も可能です。

皆さまのご参加、お待ちしております。

上山 美保子




 


posted by みほこ at 22:16| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

【オンラインイベント】切手で楽しむフィンランドのクリスマスと冬

オンラインイベントを開催することにしました。
この春以降、フィンランド語の授業もオンラインに切り替え、オンラインならではのノウハウも少しづつ積み上がってまいりましたので、普段は対面でしか開催したことがないイベントをオンラインで開催することにいたしました。
6E316F12-F5F0-4D9F-980A-F5746E2B0BC5.jpg


フィンランドで発行された切手を写真等の画像、映像代わりに使ってご案内します。小さくて細かいところをじっくりと眺めるには拡大鏡が欲しくなる切手。オンラインならではの奥の手も使ってご案内できる…とちょっと楽しみにしています。


開催日時 125() 1400-1530

主催&問い合わせ マトカトリ

みなさまと画面越しにお目にかかれることを楽しみにしています。

上山 美保子


posted by みほこ at 08:20| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年10月16日

『フィンランド語必須単語持久走1000』の日程を12月分まで日程決まりました。=再掲載 追記あり=

 遠隔授業でやれることを考え、教科書が不要で、1回ごとにご参加いただくことも可能なもので…と考えた結果、編み出した?『フィンランド語必須単語持久走1000』4回の授業を終えてみて、毎回毎回、悩むこと多しの授業でした。遠隔授業の良いところは、場所を選ばず、各地からご参加いただけること。難点は、参加されている方々の表情やノートをとるスピードが確認できないこと。そこで、第5回目の授業から、大幅にやり方を変えてみることにしました。4回の授業で確認した単語数は、198個。1回平均50個ですが、次回から、速度をもっとゆるやかにし、単語へのアプローチも変えるよう準備を進めています。

 今までの授業、ちょっと息切れ気味で大変だったという方は、息継ぎもしやすくなると思いますので、ご安心ください。

今後のスケジュールは、次の通りです。 

 第5回 10月31日(土曜日) 10:30~12:00 (90分)
 第6回 11月28日(土曜日) 10:30~12:00 (90分) 
 第7回 12月19日(土曜日) 10:30~12:00 (90分) 

 
 △ 単語にまつわるお話しのみで、文法的な説明は行いません。
(格変化の仕方、階てい交替ってなんだっけ?という説明はいたしません。)
 ▼ フィンランド語の学習書を1冊~2冊終了している方は参加しやすいと思います。
 △ 普段使っている辞書をお手元にご用意ください。使用辞書の指定はしていませんが、WEB検索は、禁止としています。
 

 授業はZOOMで実施中です。詳細は、主催者のマトカトリさんのWEBサイトでご確認ください。

 みなさまのご参加、お待ちしています。


上山 美保子
posted by みほこ at 11:36| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

フィンランドの楽しい短編小説を読む @ 朝日カルチャースクール 新宿校


DF5D8CC1-7771-4E54-B4D4-E71ED7E454BE.jpg
朝日カルチャースクール新宿校で継続させていただいております「フィンランド語を原文・原書」で読む講座。長編小説1冊をようやく読み終えることができますので、11月と12月の2か月は、4回で読み切ることが出来る短編小説に挑戦します。文学作品を読んでみたいけれどまだ挑戦したことがない方。教科書以外の文章を読んでみたい方。一緒に読んでみませんか。

今回、予定している作品は、2つ。いずれも、児童書やYA作品で有名な作家の作品で、「若者」を読者対象としたもので、主人公は、10代です。

授業への参加には、予習は必須とさせていただいています。
きれいな日本語にすることが目的ではなく、内容を正しく読み取って、その世界を楽しみましょう…をモットーに進めます。

トライアルも可能な講座ですので、挑戦したい方はこの機会にぜひお越しください。

尚、この講座は、対面授業のみで実施させていただいています。

詳細は、朝日カルチャースクール新宿校へお問い合わせください。


1月期も短編小説を準備する予定です。


posted by みほこ at 23:30| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

『フィンランド語必須単語持久走1000』の日程を12月分まで日程決まりました。

 
88AAC86A-627D-495D-A578-5DECC0151C88.jpg

フィンランド語の基礎的単語、実際の生活の中で頻出度が高い順1000個を確認し、類義語や使い方などもご紹介する授業『フィンランド語必須単語持久走1000』の年内いっぱいの日程が決まりました。

 遠隔授業ですので、普段、東京で行われている授業・イベントに参加できない!という方にもぜひご参加いただければと願っています。
 

 第5回 10月31日(土曜日) 10:30~12:00 (90分)
 第6回 11月28日(土曜日) 10:30~12:00 (90分) 新規発表日程
 第7回 12月19日(土曜日) 10:30~12:00 (90分) 新規発表日程

 
 △ 単語にまつわるお話しのみで、文法的な説明は行いません。
 ▼ フィンランド語の学習書を1冊~2冊終了している方は参加しやすいと思います。
 △ 普段使っている辞書をお手元にご用意ください。使用辞書の指定はしていませんが、WEB検索は、禁止としています。
 

 授業はZOOMで実施中です。詳細は、主催者のマトカトリさんのWEBサイトでご確認ください。

 みなさまのご参加、お待ちしています。


上山 美保子
posted by みほこ at 11:01| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

新装開店!?「もっともっとフィンランド語」始めます

新装開店フィンランド語講座です。

「もっともっとフィンランド語」


マトカトリさん@東日本橋(東京)主催のフィンランド語講座のご案内です。

新規、入門ではなく、フィンランド語の文法の基礎の基礎は、終わっている方、辞書を自力で引ける方が対象です。文法のレベルをもう少しわかりやすくすると、次の文法事項を勉強した経験のある方であればご参加いただけます。


【動詞について】 現在形、過去形、命令形、第三不定詞
【名詞・形容詞について】 単数形、複数形それぞれの格変化

【授業形態】   ZOOMを使った遠隔授業
【使用テキスト】 会話形式の文章と練習問題等を組み合わせたテキストをご用意します。

 既習の文法事項を基本としたテキストに、新しい文法事項も取り入れながら、会話など、フィンランド語を音に出すことにも重きをおいてゆっくりとしたペースで進めます。

 日程ほかの詳細は、マトカトリさんのWEBサイトでご確認ください。

 初回は9月19日(土)年内 4か月で6回レッスンを予定しています。




posted by みほこ at 22:26| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年07月20日

『フィンランド語必須単語持久走1000』 10月分までの予定発表

88AAC86A-627D-495D-A578-5DECC0151C88.jpg


『フィンランド語必須単語持久走1000』の日程を10月分まで発表しました。

 外国語を勉強するのに、いったいどのくらい単語を覚えておけばよいのかは、誰もが直面する問題であり悩みです。知っている単語の数が多いに越したことはありませんが、最初から5000個なんて目標を立てるのは無茶以外のなにものでもありません。とにかく1000個くらい覚えておけば後は自然に増やせるはず。しかも、その1000の単語が使用度の高いものであればなおのこと。
 1回目と2回目の授業で、授業を進める速度等の調整に多少苦慮いたしましたが、ご参加くださった皆さまからのご意見も伺いながら少しずつ改良を加えて第3回目以降の準備を進めています。


 授業では、連動する格や類義語などもご案内しています。
 
 

 第3回 8月22日(土曜日)  10:30~12:00 (90分)
 第4回 9月26日(土曜日)  10:30~12:00 (90分)
 第5回 10月31日(土曜日) 10:30~12:00 (90分)

 
 △ 単語にまつわるお話しのみで、文法的な説明は行いません。
 ▼ フィンランド語の学習書を1冊~2冊終了している方は参加しやすいと思います。
 △ 普段使っている辞書をお手元にご用意ください。使用辞書の指定はしていませんが、WEB検索は、禁止としています。
 

 授業はZOOMで実施中です。詳細は、主催者のマトカトリさんのWEBサイトでご確認ください。

 みなさまのご参加、お待ちしています。

上山 美保子

posted by みほこ at 07:31| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

『フィンランド語必須単語持久走1000』 今後の告知

 ぼやぼやしている間に6月も中旬です。
 本日は、フィンランド旅行で使える会話フレーズ(初心者向け)「フィンランド人と仲良くなりたい!自己紹介をしよう」を開催しました。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。フィンランド語が初めてという方もおられましたので、母音の音の練習から始めましたが、へぇ、そうなんだ、ということも含め、楽しんでいただけていれば嬉しいです。今年は、「現地で実践」の機会には恵まれそうもないですが、オンラインでやり取りする機会はあるかもしれない、ということを想定した会話を想定したレッスンをいたしました。

 久しぶりのブログ更新ですが、また告知モノでございます。

『フィンランド語必須単語持久走1000』の日程を9月分まで発表しました。


 
第2回 7月 4日(土曜日) 13:30~15:00 (90分)
 第3回 8月22日(土曜日) 10:30~12:00 (90分)
 第4回 9月26日(土曜日) 10:30~12:00 (90分)


 これから暑い夏を迎えるのに、単語ばかりの90分、集中力は持つのかしら等不安もあろうかと思いますが、以外と短く感じる90分です。みなさまのご参加お待ちしております。 

 詳細は、主催者のマトカトリさんのWEBサイトでご確認ください。


うえやま みほこ

posted by みほこ at 15:50| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

『フィンランド語必須単語持久走1000』 初回無事終了しました

88AAC86A-627D-495D-A578-5DECC0151C88.jpg

フィンランド語の必須単語=頻出単語1000個をモノにする、覚えるきっかけを作る、確認する、語彙を増やすことを目的に据えたシリーズ講座。『フィンランド語必須単語持久走1000』
本日、初回を無事終えることができました。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

フィンランド語を勉強した経験がある方対象の授業なので、特に本日の初回の内容は、基本中の基本単語ばかり。きっと90分間で100の単語をおさらいするのは、楽勝と思っておりましたら、いやはやそんなことはありませんでした。内容を盛り込み過ぎたか?という反省もありますが、これからも、オンラインという特徴を生かしながら、また、内容も試行錯誤しながら、完走することを目標に、淡々とした速度で続けて行きたいと思います。

お蔭さまで2回目の開講も決定しています。定員になり次第、締め切りますが、空きがある限り4日前迄、募集しています。ご興味のある方、ぜひご参加ください。

第2回日程  7月 4日(土曜日) 13:30~15:00 (90分)
一回に扱う単語数は、100個前後。

もう一つ、単発のフィンランド語オンライン講座。 絶賛募集中でございます。

『フィンランド旅行で使える会話フレーズ(初心者向け)』

②フィンランド人と仲良くなりたい!自己紹介をしよう
6月13日(土)13:30~15:00 (90分)

今は、日本に海外から外国籍の方が入国することもできませんし、私たちが海外に出るのも難しいので、旅行先で使うことを想定するのは、ちょっと難しいですね。でも、こんなときだからこそオンラインでフィンランドの人たちとチャットする機会があるかもしれません。今回のテーマは、オンラインでつながったときに使えるフレーズでもあります。

いずれの講座も、申し込み等詳細は、マトカトリさんのWEBサイトでご確認ください。


上山 美保子

posted by みほこ at 21:26| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

オンラインでフィンランド語講座 開催します(単発とシリーズ)

オンライン~で、お友だちつながりを維持し続けている今日この頃。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
この機会にフィンランド語の授業もオンラインで開催します。(2020年5月26日追記)

マトカトリさん@東京・日本橋で開催させていただいたフィンランド語の授業の中で、気軽にご参加いただける「旅先で使うフレーズ」を主眼に置いた単発講座と、オンライン授業だからこそ楽しめそうな、フィンランド語の語彙を増やす、定着させることを目的とした講座を準備しています。

Sanakirjoja.jpg


現在予定している講座は、次のとおり。

フィンランド旅行で使える会話フレーズ(初心者向け)
①ショッピング&レストラン篇 ①5月30日(土)10:30~12:00 (90分)
 開催見送りとなりました。
②フィンランド人と仲良くなりたい!自己紹介をしよう ②6月13日(土)13:30~15:00 (90分)  絶賛募集中!

フィンランド語ってどんな感じの言葉なのかな?というお試しの方や、丸覚え大好き、と言う方。とにかく、一つでも二つでもフィンランド語のフレーズを知ることができると嬉しい、という方。一生懸命勉強しているけれど、音に出して、「会話」するのは、かなり勇気がいるという方、お待ちしています。

テキストはオリジナルのものを準備します。

シリーズで予定しているフィンランド語の語彙を増やすを目的とした講座は、題して『フィンランド語必須単語持久走1000』  5月18日追記 開講決定!!しました。
5月26日追記 定員となりましたので、募集締め切りました。


使用頻度の高い順にご紹介する予定です。少しでもフィンランド語を勉強した経験のある方は、「知ってる!」単語が多いはず。聞いたことがある単語ではなく、知っている単語に変化させることを目標にしたいと思っています。参考にしていただくための参加基準は、「講座説明」に書きました。完走するには、10回以上かかる予定ですが、単発参加できる講座です。ご興味がある方は、日程の合う回のみの参加も可能です。



内容や申し込み方法等の詳細は、マトカトリさんのホームページでご確認ください。

お待ちしています。


上山 美保子

posted by みほこ at 13:19| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

特別公開講座 今 知りたい!フィンランド文学の魅力 ~児童書からミステリーまで~ 

江東区豊洲文化センターが開催している「深掘り!フィンランド~ムーミン、マリメッコから社会まで~」の中の特別公開講座「今 知りたい!フィンランド文学の魅力 ~児童書からミステリーまで~」で、石野裕子先生と、翻訳家の古市真由美さんと一緒に鼎談させていただきます。

開催日 2020/2/11(火)
開催時間 14:00~16:00
会場 豊洲文化センター 7階レクホール


詳細及び申し込み等については、豊島文化センターさんのWEBサイトでご確認ください。

年末に、担当者の方々を含めた打合せをいたしまして、どんな話題に興味を持っていただけるだろうか、フィンランドに興味があるという方だけでなく、普通に小説を読む、本を読むことが好きという方々にぜひお越しいただきたい、という思いで準備しています。
まずは、日本語化されているフィンランド生まれの作品に触れ、可能であれば、翻訳はされていない作品もご紹介できれば…などと欲張って準備しています。

チラシは、こちら…


当日は、登壇者それぞれが手がけた書籍の販売も予定しています。(こちらも、主催者さんに確認してください。)


みなさまのお越し、お待ちしております。







posted by みほこ at 23:19| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

フィンランド語の長文を読む会 「絵本を読む会」 2020年も継続します

フィンランド語の教科書を離れ、生のフィンランド語を読もう、長文に挑戦しましょうという目的で開設した「フィンランド語でXXXを読む会」を、マトカトリさん(@馬喰町・馬喰横山)で開催させていただくようになって、2020年で足掛け6年目に入ります。

今までは、予習無しでどなた様にもご参加いただけるようにしておりましたが、ご参加くださる方々のモチベーション引き上げと、満足度を上げるため、今回から、一部予習必須することにいたしました。予習必須ということは、参加者のみなさまにも予習した部分でご自分の訳文を発表していただくことを想定しています。「翻訳文」として完璧であることを目指すのではなく、こんな内容を言っているのではないか、ということを日本語にして発表すつ、というもので、内容がつかめているのかの確認作業です。


2020年1月から挑戦する読み物は、
「七人の犬兄弟」マウリ・クンナス 絵・文


Koira 7.jpg


アレクシス・キヴィの「七人の兄弟」を絵本化、現代語化した読み物です。
講座日程やその他詳細は、マトカトリさんのHPで確認してください。

400ページ超の原作を読むのはなかなか骨が折れることと思いますが、この絵本版は、ほどほどに文章も長いので読みごたえもあり、キヴィがこの小説の時代と設定したフィンランドの様子がうかがえる絵が物語の理解のかなりの助けになってくれるはずです。




ついでに宣伝してしまうと、マトカトリさんで継続中の普通のフィンランド語講座【フィンランド語の基礎・応用編 その5】も募集中です。
既に、開講が決定しておりますので、久しぶりにフィンランド語の勉強をしてみようかな、と言う方、誰かとフィンランド語を使ってお話ししてみたいという方、お待ちしております。

posted by みほこ at 10:53| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

ラヤトン・ジャパン・ツアー2019

このところ、なかなかタイミングが合わず行けていなかったラヤトンのコンサートに、ここ日本で行くことができました。
東京での開催がなく、少々躊躇しましたが、藤沢会場と狭山会場へ2日連続で通いました。

7E36A98A-7FF8-4388-9767-58971C9767E8.jpg

藤沢会場は、二階席でかなり見下ろす感じでしたが、ステージは袖も含め全てが一望でき、メンバーの動きも広角で見られました。この位置で観られたことが、2日目の狭山会場でほぼ目線の先にステージがある状態での見どころポイントを押さえることが出来た感じです。

歌なのに、ア・カペラなのになぜ?
そう、歌によって歌い手の役割が変わるので、曲ごとに位置も向きも動きも変わるのです。

今回のツアーは、大きな会場で、主催者も大手だからか、ラヤトンのステージトークが字幕で全て映し出されるという贅沢。歌詞まで邦訳されて出てくるので、至れり尽くせり。私は、文字がボケボケで読めなかったので字幕の恩恵には預かりませんでしたが。

MCの内容も決まっている訳で、毎回一語一句同じ内容で話さなければならないメンバーは、自由度がなく、その日の気分で口走ることもできず、大変ではないかな、と余計な心配。
MCも歌の一つと考えれば、あまり深刻に考えなくてよいのかも。


さて、肝心の歌。

恐らく、席の位置も聴こえ方にかなり影響するのだと思いますが、藤沢会場で初めてラヤトンを聞いた人たちに、本当はもっと凄く良いのよ!と言って回りたいくらいだったのです。
狭山会場では、あらゆるバランスが取れていて、集中して楽しむことができました。

プログラムに一曲、日本の作品がサプライズで入っていて、この曲が歌い出された時は会場全体が拍手。そして、皆が乗り出すのがわかりました。一人一人が旋律を受け持ち、ハーモニーにもなり、日本語の歌詞も明確で、(もともと歌っている方もはっきりと歌う方ですが)鳥肌が立ちました。2日とも鳥肌が立ったので歌力ってすごいですし、元歌を歌っているご本人も聞いておられると嬉しいなぁ、と思いながら聞いていました。
カレワラ、エイノ・レイノからビートルズ、クイーン、スティング、そしてクリスマスソングまで。ラヤトン・エッセンスが、ギュキュッと詰まった2時間でした。

アンコールは二曲。その締めくくりはフィンランディア賛歌。彼らのフィンランディアを聴くと、素敵な曲だからと、ちゃらちゃらと合唱曲で歌わないで欲しい、と願ってしまいます。それだけラヤトンのフィンランディアは、神聖で絶品だと思うから。
ラヤトンに限らず、フィンランド人の奏でるフィンランディアはいつも胸に迫るというか、心がしっかりと入っている凄い演奏になるので、穢してはいけないように考えてしまうのです。

舞台衣装

今回も女性陣の靴は、ミンナ・パリッカMINNA PARIKKAでした。遠くからでもなんとなくわかってしまう特徴的なデザイン。マリメッコだけじゃない、というフィンランドプロモーターでもありました。



《過去のRajaton記事》

2007年テジョン@韓国
2007年ソウル@韓国
2007年10月ヘルシンキ@フィンランド
2012年10月タピオラ・エスポー@フィンランド
2013年9月LevelEleven ヘルシンキ@フィンランド
2013年11月 焼津@日本
2013年11月 東京@日本
2014年12月 ヘルシンキ@フィンランド




ラベル:Rajaton ラヤトン
posted by みほこ at 21:13| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

『絵本で知る フィンランドのクリスマス』 ~クリスマスのはじまりは?~

今年もクリスマス前に1回 クリスマス会的お話会を行います。
都内では、フィンランドについて、あらゆるテーマで紹介される会が多くなりましたが、今回も私の好きで追い続けている「資料」から知り得たことと、今まで見聞きし、経験してきたことを織り交ぜながら『フィンランドのクリスマス』のことをお話しします。
みなさまのお越しをお待ちております。

Joulu1.jpg


開催日時 2019年12月7日(土)
14時~15時30分
会場 マトカトリ@東日本橋


フィンランドでクリスマスの「習慣」が始まったのはキリスト教が入ってきてから。では、その前は? フィンランドの人たちが準備するクリスマスの様子をみると、キリスト教が伝来する以前からの習慣も色濃く残っているようです。フィンランドのクリスマスのあれやこれやを、絵本とクリスマスに関する文献を紐解きながら、今のクリスマスに至る変遷も含めてご紹介します。


参加費:2800円 お茶と菓子付き 10名限定(カフェ形式なので少人数で開催いたします。応募が多い場合は抽選とさせていただきます。

ご友人とご一緒の方は、人数とお名前もご連絡ください)

応募期間:11/22-11/28
※抽選となった場合、参加の可否を11/29(金)にメールでご連絡いたします。

問い合わせ・申し込み先 :matkatori@gmail.com
posted by みほこ at 00:00| Comment(0) | いろいろフィンランド | 更新情報をチェックする