2011年08月11日

8月16日(火)サラリーマンNEO@NHKで

なかなか面白いという噂のある(私は残念ながら観たことございませんの。)テレビ番組サラリーマンNEO。番組内のコーナー「世界の社食から」でフィンランドの「大」企業Stora Enso(ストーラ・エンソ)の社食が登場するのだそうですよ。


8月16日(火)午後10時55分〜11時25分
サラリーマンneo
NHK 総合
詳細は番組HPでご確認くださいませ。

「世界の社食から」コーナーは、こちらから。




posted by みほこ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

すてきな一日〜トークイベントのお知らせ

「初めまして」の出会いは、いつもどぎまぎ、そして、どきどき。

今日は、今年で三回目というL’éléphant vert緑のぞうの絵本屋さん「夏の絵本屋」@赤羽を主催されているHirokoさんにお目にかかりました。私がどうして「絵本屋」さんか?というと、この「夏の絵本屋」さんで「フィンランド・森の精霊と旅をする」「CD+絵本 Rajaton無限の森へ」を扱ってくださることが決まり、フィンランドのあれやこれやをお話していただけないか、というご依頼をいただいたから。

「夏の絵本屋」では、お奨めの絵本100冊以上!と、その絵本にちなんでアーティストたちが作った作品の販売があります。その100冊以上!の本の中に、この2冊も加わったわけです。

 どんな方が、どのような絵本屋さんをなさるのか。絵本好き、本好きの方々との出会いは、とても大切なことなので、一度お目にかかってみようと出かけたのです。まず、Hirokoさんが絵本屋さんをなさろうと思った経緯を教えていただきました。そんなお話をしていく内に、私がどうして、フィンランドに関わるようになったのか、どんな時代を見て来たのかというようなお話もしていました。そして、お話をしている中に出てきた本のタイトルは、絵本に留まらず、フィクションやノンフィクションの本のお話も。生で経験したこと、本を通して経験したこと、そんなことをざっくばらんにお話ししていました。

 ときどきお話しさせていただく機会はあるけれど、私のフィンランドへの思いは偏っているし、絵本・本は好きだけれど専門家ではない。名前を出している仕事と言えば、何冊かの本を翻訳・監修させていただいているだけ。こんな私でよいのかな?と思いつつ、トークイベントをお引き受けすることにしました。フィンランドで、フィンランドにつながる場所で私の体験してきたあれやこれやを、本や絵本、そして、「夏の絵本屋」さんで扱ってくださる本の内容に関係することをざっくばらんにお話しできれば良いなと思っています。
イベント詳細情報はこちらから
posted by みほこ at 21:02| Comment(1) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

【再放送】ハイビジョン特集 世界里山紀行「フィンランド 森とともに生きる」

またまた再放送でございます。よほど反響があるのですね。この番組。

ハイビジョン特集 
世界里山紀行「フィンランド 森とともに生きる」
BSプレミアム
2011年 7月24日(日)
午後3:00〜午後4:30(90分)



今回は、90分オリジナル版。つまり、あのラヤトンの歌声がBGMで流れるバージョンでございます。

フィンランドの森は、夏の風景をよく映像・画像で見るけれど、番組では、冬のフィンランドの森の様子も出てきます。こちらが、また良いのです。厳しい冬があるからこそ、美しい夏を心から慈しむのだな、とつくづく思います。

この番組の撮影中にプロデューサーの柴田昌平さんがずっと傍らに置いていた本の日本語版が、こちら「フィンランド・森の精霊と旅をする」

treepeople_cover_240.jpg

そして、ラヤトンの歌声を、もっと日本の皆さんに紹介できたらいいね・・・という発想も手伝って作り出されたCD+絵本「ラヤトン・無限の森へ」

映画「森聞き」のサントラでもあり、ア・カペラグループ「ラヤトン」のラヤトンらしい楽曲ばかりを選んで構成されたベスト盤でもあるCD+絵本です。もちろん、番組で使用された曲もすべて含まれておりますよ。



rajatonCD_cover_250.jpg




posted by みほこ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

日本国際切手展@横浜 2011年7月28日〜8月2日

切手好きな私にうってつけのイベントでございます。その中に、フィンランド関係のブースが出ているとなれば、テンションがぐ〜んと上がるのも当然なことでございます。

日本国際切手展@パシフィコ横浜
2011年7月28日〜8月2日
主催者HPは、こちらから。


ポスター画像
赤系の切手で形作ったハート
とっても可愛い

poster_B1.jpg


 国際切手展の最大の目的は、切手コレクターたちの「作品」の発表があること。つまり、コレクターたちが、集めている切手の中からこだわりをもって、さらに作品集として仕上げて発表するというもの。今回は、65の国と地域から、528作品も出品されるようです。こちらもしっかり拝見したいなと思います。でも、切手ですからね、小さい作品の集合体がどんな風に展示されるのかを眺めるのはなかなか根気が要りそうです。
 ちなみに、海外からの出展者の中には、フィンランド郵政からも参加があって、ムーミン切手ほかたくさんの切手販売も期待できます。そして、この暑い中、フィンランドからムーミンとミイも来日。会期中フィンランド・ブースに時々出没する予定なのだとか。なおかつ、30日(土)には、イベントステージで、ムーミンとミイと写真が撮れるイベント(午前・午後各1回)も予定されています。(私、ちょこっとボランティアでお手伝いしちゃいます!)
posted by みほこ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

カード織でキーホルダーを作りました

ただ今、中目黒で開催中のグループ展Morjens!
Glad Midsommar!2011@PGギャラリーであったワークショップに参加して、やっと念願のカード織を体験することができました。

展示販売以外にも、会場内では、編物をニットカフェ風に楽しむ人、フェルトで金太郎飴風アクセサリー作成にいそしむ人、そして、私たちカード織のグループが、それぞれにおしゃべりを楽しみながら、もくもくと作業をしていて、なんだかとてもゆったりとした楽しい空間でした。

カード織は、作品を見て、作業している人たちの姿を見て、やりたくて仕方のなかったもの。

糸をカードに通して
image-20110625142446.png

しっかりとしたところに固定し


image-20110625142549.png

あとはひたすら、織るのみ。

私はちょっと皆さんよりいつも作業が遅いので、他の方の作業を見聞きしつつ、だんだん織が出来上がって来る姿に、内心ほくほくさながらあっという間の三時間でした。

ご一緒した方がたも、おっとりのんびりした方ばかりだったので、楽しさも倍増したのだと思います。

皆さんの作品を並べて記念撮影。


image-20110625143146.png


ちなみに私の作ったモノはこれ。


image-20110625143238.png

横糸をぎゅうぎゅう引っ張ったので、スリムになりました。ふんわりしっかりつくるのには、まだまだ練習が必要そうです。

作り方を忘れないようにと、家でさっそく作成。同じモノを作るのは面白くないので、糸の組み合わせを変えて、口頭で教わった織の組み合わせも実験しつつ織ってみたのがこちら。


image-20110625143836.png

糸の組み合わせを考えたり、織の組み合わせを考えたり、横糸を引く強さで締め具合を変えたり…やってみたいことが、いっぱい。

また、楽しいことが増えてしまい、どうするんだよ、私…と自問自答中。

グループ展開催中は、まだワークショップがあるそうなので、興味のある方は、ぜひ会場へ行ってみてくださいね。

posted by みほこ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

〔お知らせ〕Luetaan suomeksi!<フィンランド語を読んでみよう!>夏期も開催

この春から私にとって初の試みフィンランド語の教科書のテキストではないテキストを教材にして行なう講座「フィンランド語を読んでみよう!」を昭和女子大学オープンカレッジで企画させていただいております。

6月24日(土)にも開催予定でございますが、夏期(7月〜9月)も月1回開催予定です。

当日配布するテキストを読みますので、予習は不要です。教材とするテキストは、フィンランド語学習者向けに平易に書き直された新聞記事などを予定しています。尚、授業には、辞書をご持参ください。

夏期開催予定日 
7月2日(土)
8月6日(土) 
9月3日(土)

開催時間    15時30分〜17時

1回ごとの参加も可能です。

詳細問い合わせは、昭和女子大学オープンカレッジへお願いします。

posted by みほこ at 01:00| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

<ハンドクラフト・グループ展>Morjens! Glad Midsommer!2011

北欧をテーマに3人の作家たちの作品の展示(&販売、そしてワークショップ)開催のご案内。

題して・・・

Morjens!
Glad Midsommar!2011


Morjens.jpg



開催期間 2011年6月21日(火)〜7月4日(月)
時間 11時〜18時30分(最終日は、17時まで)

会場 PGギャラリー
目黒区東山1-15-5



モリエンス!と読みますのよ。最初の言葉。
フィンランド国内でもスウェーデン系の人たちが挨拶言葉に使っておりますね。
フィンランド人でも使っている人いますけど、あんまり聞かないかな。
・・・とどうしても言葉の話題になってしまいますが、こちらのイベントのお知らせが本日のメインテーマでございます。

今回は、スウェーデンの麻布(アザブじゃなくて、麻の布)で作ったバッグ、カバー、裂織マット、オブジェやプリントアート作品の展示販売です。
その他、シルバーのアクセサリーなど夏をテーマに展示を展開するそうです。

会期中は、ワークショップも開催予定。
詳細は、BLOGで発表だそうです。

posted by みほこ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

【フィン音楽部】@カフェmoi

本日は、カフェmoiの部活に初参加。
フィンランド人の演奏するジャズやら何やらかにやらが、面白いと言われるその秘密を教えていただけたように思います。

自分の中でもやもやしていた疑問にもお答えいただけて、それだけでも参加した甲斐がありました。

音楽は、本や映画以上に嗜好性の強いものだと常々考えていて、皆さんのお話を聞いていて、それを再認識。音楽も美術も文学も、映画もスポーツも、一般人は、何となくいいね、好きだな、面白いなと感じるだけて良いと思っているのだけれど、一般人総玄人化している日本という国に住む人たちの感覚には抵抗を禁じ得ません。この自分の身勝手な想いもまた再確認したひと時でした。

生演奏を聴く、てとても刺激的な時間だと

posted by みほこ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

EUフィルムデーズ2011 5都市で開催

恒例のEUフィルムデーズの季節の到来。
今年は、東京他の四都市で開催されるようです。


東京は、5月27日から。
フィンランド映画は、昨年のフィンランド映画祭でも公開された「ツイステッドルーツ」

上映日程ほか詳細は、こちらからどうぞ。

http://eufilmdays.jp/

posted by みほこ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

【お知らせ】フィンランド語のテキストを一緒に読みませんか

今年は、少し変わった講座を昭和女子大学オープンカレッジて企画させていただきました。

名付けてLuetaan suomeksi!!

いわゆる学習用テキストではなく、新聞や雑誌、エッセイなどの文章を一緒に読みましょう!と言う講座です。

フィンランド語の名詞と形容詞の基本的な格変化と動詞の過去形辺りまでを学習した経験のある方が対象です。

必要に応じて、文法的説明もいたしますが、とにかく辞書をひきつつ、文章を読む、がコンセプト。

日時
6月4日と25日午後3時30分から

場所
昭和女子大学オープンカレッジ@三軒茶屋

一回毎の申し込みも可能。

詳細問い合わせ・申し込みはこちらから。




posted by みほこ at 08:53| Comment(1) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

CD絵本 Rajaton「無限の森へ」発売記念イベント@カフェmoi(吉祥寺)


イベント告知です。

フィンランドのアカペラコーラスグループのRajaton(ラヤトン)の音楽15曲を納めたCD(日本向けに複数のアルバムから再編成。オリジナルの構成です)とその音楽にインスピレーションを得て描かれたイラストで絵本を構成した「ラヤトン 無限の森へ」の発売を記念して、いつもお世話になっているカフェmoi@吉祥寺でイベントを開催します。

題して・・・

部活#1 CD絵本『ラヤトン 無限の森へ』発売記念お話会

お話会・・・と言っても、関係者が講談師のようにお話をするのではなく、集まってくださった方々と、クラブ活動の部室のような雰囲気でざっくばらんにお話できると良いですね、という空間をカフェmoiさんが提供してくださるというイメージでしょうか。

でもですね、この部活には、ラヤトンの楽曲を全面的にBGMとして使用して完成させたドキュメンタリー映画「森聞き」(東京公開3月5日から@東中野ポレポレ)の監督であり、CD絵本のプロデュースもなさった柴田監督と不思議で優しくて楽しくなるイラストを独特の手法とアプローチで(と、私は思う)描かれたイラストレーターの三田圭介さんが何と揃い踏みなのです。

お二人がこの作品のために皆さんの前に揃って現れるなどということは、滅多にあることではありません。2月の寒さの厳しい時期ではありますが、人とのつながりのぬくもりを感じに、興味のあることが共通する人たちとの出会いを楽しみにぜひお越しください。

日程は次のとおり。

●日 時 2月2日(水) 19時30分〜
     2月9日(水) 19時30分〜
     ※上記のうちから、お好みの日程をお選び下さい。

●場 所 moi(吉祥寺)

●ゲスト 柴田昌平(映画監督)
     三田圭介(イラストレーター)

●参加費 1,000円(1ドリンクつき)

お申し込みは・・・

お名前、人数、連絡先お電話番号を明記の上、メールにてお願いします。なお、件名は「部活」として下さい。メールアドレスは下記のとおり(★の部分を@に変換の上送信して下さい)。

info★moicafe.com


部活って何!?という方は、カフェmoiマスターのBLOGでご確認ください。


私も、当日「部員」として参加します。


posted by みほこ at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

絵本CD ラヤトン 『無限の森へ』 完成!

昨年から取り掛かっていた仕事がようやく形になりました!

柴田昌平監督賞のドキュメンタリー映画『森聞き』の映画内での音楽にラヤトンの楽曲が使用されることが決まってからサポート仕事が始まりました。

そして、映画完成と同時に映画で使用した楽曲をまとめたCDを出す作業に。せっかくラヤトンのことが紹介できるのなら、映画に使用されていない楽曲も入れて、一つのストーリーになるようにしたい、とか、あれやこれやを監督でありCD絵本のプロデューサーでもある柴田監督と話し、こんな素敵な絵本に仕上げてくださいました。


iphone/image-20101217095654.png


私は、本職としては歌詞の翻訳で参加。正確には歌詞の内容を生かしつつ書き下ろしました。

韓国までコンサートを追いかけたラヤトンをこんな形で紹介出来る機会を得られたことは、本当に感謝です。

そして、今日は絵本とCDを合体させる作業でした。イラストレーターの三田さんもミセスと共に作業に参加。半年ぶりに会った三田さんはやっぱり素敵でした。

みなで、なんやかやといいながらする作業は楽しいですね。三田さんも私も普段の仕事は基本孤独な作業の積み重ね。グループで何かすることになんだか妙なテンションでした。

この作業にはピー助を連れて参加しました。今日は私に同行なので移動手段はチャリ。

image-20110125213604.png

寒かったようですが、こんなことも出来て
image-20110125213711.png
大喜び。

これとこれが合わさります!


image-20110125221502.png

出来たてほやほやの絵本を見て語り合う三田さん、他のみなさま。


image-20110125221630.png

こちら在庫保管場所を確保中の柴田監督。


image-20110125221751.png

家内制手工業作業中の写真は、私が作業していたのでなし。

アカペラ好きとしては、断然ラヤトンの音、歌が好きで、CDに肩入れしてしまいます。一方、絵本好きとして、本だけを見た時、見開き一つ一つのページが不思議な雰囲気をもっています。通して眺めてもいいし、その時の気分によって好きなページを開いて絵を鑑賞することも出来る、そんな作品だと思います。


どこで買えるの!?という方は、こちらからお申し込みください。


発行日は、1月26日です。
posted by みほこ at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

「フィンランド 森とともに生きる」再放送のお知らせ

【追記 12月25日(土)です!!】

2007年6月に初放送がありました世界里山紀行「フィンランド 森とともに生きる」が、NHK BShi放送で「BSベスト・オブ・ベスト」として再放送されます。

当時、ハイビジョン放送が観られなかった方、ぜひぜひ、大画面でご欄ください。

放送予定日時 12月25日(土)午後3時〜 (90分間)

この番組で使用しているBGMの一部が、12月17日付けで紹介しているRajatonの楽曲です。
そのあたりも、耳を澄ませていただけると嬉しいです。


posted by みほこ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

【フィンランド関連CD+絵本】「ラヤトン 無限の森へ」先行予約開始のお知らせ

【フィンランド関連CD+絵本】
「ラヤトン 無限の森へ」先行予約開始のお知らせ


image-20101217095654.png


ここでもたびたび話題にしているフィンランドのアカペラコーラスグループRAJATON(ラヤトン)の楽曲15曲を納めたCD付きの絵本が来年一月下旬発売になります。

CDに納めた曲の内10曲は来年三月から公開されるドキュメンタリー映画「森聞き」(柴田昌平監督作品)で使用されています。映画にももちろん関係あるのですが、映画のサントラ版と言うよりラヤトンのベスト盤 for Japanというコンセプト。ラヤトンのことをきちんと紹介したくて、また、絵本づくりを意識して、ひとつの物語になるように選曲し並べました。

只今、先行予約絶賛受付です。詳細は版元であるプロダクションエイシアのHPをご覧下さい。

先行予約申込はこちらから。


CD+絵本「ラヤトン 無限の森へ 〜 フィンランド・アカペラの響き」
歌: ラヤトン (Rajaton)
絵: 三田圭介
訳: 上山美保子
アートディレクション・デザイン: 小野太作
解説: 柴田昌平


今回も訳その他でスタッフ参加させていただいています。

続きを読む
posted by みほこ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

今日はルシア祭だったのね

ということにこれで気づきました。


image-20101213235900.png
posted by みほこ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

フィンランドの独立記念日に

昨日はフィンランドの独立記念日
アラビアのクリスマスカレンダーはこんなのでした。


image-20101207073329.png
posted by みほこ at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

トークイベント@ランミンヨウル2010

このところ、BLOGを書くと言ったらイベント告知ばかりで・・・まずいなぁと思いつつ、年末は皆さんけっこう忙しいはずなので、大勢の方に来ていただくために、お知らせすることにします。

フィンランドが大好きという「手工芸作家さん」たちが「温かいクリスマス」(私は、ぬくもりのあるクリスマス・・・というイメージを持っていますが)をテーマに展示会を開催されます。

会期 2010年11月30日〜12月5日
   11:00〜19:00(最終日は〜17:00まで)

会場 ギャラリーTEN 


lamminnjoulu.bmp


このイベント会場で、最終日にトークイベントをさせていただくことになりました。

題して「切手で親しむフィンランド」

12月5日(日)午後2時〜 (最長90分の予定)
定員 20名様
参加費用 1,500円 (お茶・お菓子付き)


私が大好きな切手を素材に使って(もちろんフィンランドの切手です)、フィンランドのあれや、これやを季節に合わせた内容で、今まで体験したこと・経験したことを織り交ぜならがお話させていただきます。

本格的なクリスマス・年末突入前の週末のひと時、皆さまと、ぬくもりのあるひと時を過ごせればと思っています。お待ちしております。

トークイベント開催中は、トークイベントご参加の方以外は、会場へお入りいただくことができませんので、あらかじめご了承ください。イベント終了後、クローズ時間までは、展示作品をお楽しみ、お買い求めいただけますので、その間は、谷根千散策をお楽しみくださいね。

尚、申し込み他詳細問い合わせは、下記のメールアドレスへ。
lamminjoulu★hotmail.co.jp

★印を@マークに変えてください。


過去、カフェmoi@吉祥寺でも切手を素材にトークイベントをさせていただいたことがあり、
そのお話を聞いてくれていた今回のイベントのメンバーが、ぜひ、ぜひ・・・ということで
実現したイベントです。
moiでのイベントのレポートについては、こちらからどうぞ。

2005年12月開催
2008年8月開催 その1
2008年8月開催 その2

ランミンヨウルに関する情報は、こちらのBLOGで確認いただけます。
posted by みほこ at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

オウル国際青少年映画祭で、日本の映画

ちょっと嬉しいお知らせです。

今年で29回目となる「オウル国際青少年映画祭」に日本のドキュメンタリー映画が上映されることになりました。

開催期間 2010年11月15日〜21日




英語タイトル『Mountais,Students and sages 』
フィン語タイトル『Vuorten viisaat』

映画についての詳細は、公式HP(↑からリンクを張っています)をご確認ください。
映画祭期間中、3回上映されます。日本に興味を持っている映画『森聞き』の主人公たちの年代の人たち、そして、大人の人たちに観てもらえると嬉しいな、と思います。

この映画、日本での公開は、来年2011年3月。東京を皮切りに、鹿児島、名古屋、大阪での公開が決まっています。

なぜ、この映画のことを、ここで紹介したかと申しますと、映画監督が、あのNHK世界里山紀行・フィンランド篇のプロデューサーであり「森の精霊と旅をする」の翻訳本を自社で出版された柴田昌平さんだから。しかも、この映画全編に流れる音楽は、フィンランドのア・カペラ・ボーカルグループのRajaton(ラヤトン)なのです。
試写を見た感想
posted by みほこ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

フィンランド語寺子屋塾12月に開催です!

例年夏に開催していたフィンランド語寺子屋塾。今年は夏には開催いたしませんでしたが、12月に「昭和女子大学オープンカレッジ」の講座として2回開催予定でございます。

日時 12月11日(土)&18日(土)
午後1時30分〜午後4時 (途中休憩あり)
費用 6,000円 

問合せ先 昭和女子大学オープンカレッジ 


フィンランド語を勉強していたのだけれど、いろいろな事情で中断してしまった方で、再開したいと考えたいる方。普段、語学学校等で文法の勉強やテキストを読むことはしているけれど、実際に言葉を発してみるってどんな感じなのかな?と思っている方。とにかくフィンランドやフィンランド語に興味のある人たちと、出会いたい、つながりたいという方。お待ちしております。

文法の説明は必要最小限に抑えます。独学・語学学校などで、半年以上学んだ経験がある方を対象といたします。

過去のフィンランド語寺子屋塾開催に関する記事は以下に記しています。いったい、どんなことをやるのかしら?と興味を持ってくださった方は、参考になさってください。

☆2005年フィンランド語寺子屋塾
★2006年フィンランド語寺子屋塾
☆2007年フィンランド語寺子屋塾
★2008年フィンランド語寺子屋塾
☆2009年フィンランド語寺子屋塾
posted by みほこ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

今年の冬のグリーティング切手は日本フィンランド共同企画なのだ・・・

記念切手好き、お手紙・おはがき大好き人間には、とっても嬉しいニュースです。

日本でも記念切手発行が定着した感のある「グリーティング切手」(額面50円、80円、90円各5種類セット)。今年の発行は11月8日(月)ですが、50円と80円の切手は、フィンランド・日本共同発行の企画モノでございます。

彼の国フィンランドでは、「クリスマス切手」として発行されるフィンランド人デザインの切手は、80円のシリーズに。日本との共同企画切手と発行される日本人デザイナーの作品は、50円額面に。
フィンランドでの発行は、11月5日(金)。もうすぐです。


i_yhteisjulkaisu2010.jpg
フィンランドで発行される予定の図柄



年末年始、寒中お見舞いにはぜひぜひこのグリーティング切手を使ってお手紙を出しましょう!
これでフィンランドの友人たちにクリスマスカードを送るとびっくりするだろうなぁ。

日本郵便さんのHPのグリーティング切手発行に関する情報は、こちらから。

posted by みほこ at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする