2009年11月10日

総集編 その3 今回の旅の目的

秋休みが終わってもうすぐ2週間。
東京のスピードは、本当に早く書こう書こうと思っていた旅のまとめがなかなか叶っておりませぬ。

今回の旅の最大の目的は、ヘルシンキで開催されるブックフェアに通う・・・というものであり、なんとなくそのあたりのことをつらつらとご報告しようかなと思います。

KM09-02.JPG

入場券です。



今まで、比較的絵本の新刊本にばかり目がいっていたのだけれど、今回は、意識的に小説を探すようにしました。お気に入りで、特にこの人の作品は欠かさず読むというような作家さんはまだいなくて、まだまだぼんやりと気になる作家さんがいる程度。今回は、気になる作家さんの多くが新作を発表されていたので、得した気分でした。

MANGA熱は相変わらずで、コスプレで会場内を闊歩している人たちもみかけました。なんだかちょっと気恥ずかしい感じもします。日本ではマンガは、こんな風に読まれているんだ、日本のマンガとは、こういうものなのだ・・・というような話が、真剣に展開されているわけですよ。ちょっと焦点ずれているんじゃないかなと思わなくもないものの、私自身がそれほど多くのマンガを読んでいるわけでもなく、しっかりとした意見を持っているわけでもないので、なんだかモヤモヤした気分のままでした。


ヘルシンキのブックフェアの楽しいところは、作家さんのインタビューがとても多いこと。そして、出版社のブースでサイン会が開催されること。ブックフェア開催会場で新人作家賞の発表もあり、処女作品を発表した作家たちが、作家になった経緯や作品に対する思いを語る時間も毎日のように設けられており、そういうイベントに多くの人が足を運んでいるのも素敵なことだなと思いながらお話を聞いていました。

聞くところによると、フィンランドの作家協会には、三冊以上の本が上梓されてからでないと登録の申請ができないそう。職業・作家と言えるようになるには、それなりの年月と努力が必要ということですね。もちろん、日本だって作家デビューするのは、そうとうたいへんなことですが、作家として認知される過程のフィン・日の違いを今回はっきりと意識しました。

会場をふらふら動き回って、あら、はて、この顔どこかで見たことあるような?と思った場所は、こんな感じでした・・・

KM09-01.JPG

外国作品を扱う「ブランド」のコーナーでのこと。

「海辺のカフカ」と「スプートニクの恋人」は既に訳されていて、今年「羊をめぐる冒険」のフィンランド語版が出版されたのです。う〜ん。どうして「風の歌を聴け」より先に「羊・・・」が翻訳されたのでしょう。

今回、気になった作品として購入してきたものについての報告はまた次回。

posted by みほこ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

総集編 その2 キャンペーン活動〜ピンクリボン ROOSA NAUHA

Roosa nauha1.jpg

ピンクリボン活動。


フィンランドでも取り組まれていました。あ、やっているんだ、と気が付いたのは、marimekkoのお店に入ったとき。お馴染みのボーダーTシャツと、ウニッコのリフレクターのピンクバージョンが一カ所に集められて『売上の一部は(乳)癌協会に寄付されます』との説明が。寄付されたお金は乳がん研究に充てられるのだそうで、それならば、協力しようと思いまして、リフレクターを購入しました。せっかく購入するのなら、使えるものをと思ったのですが、タオルとか、カバンとか、小物とかにピンク色ってけっこう平気に使っているのに、このリフレクターは、どうもくっつけているのが恥ずかしい。なぜなのでしょうね?

roosa nauha3.jpg

ところで、ピンクリボンのキャンペーン。フィンランドでは、ピンク色の商品を持っている企業が参加しているようでした。協会のオリジナルグッズ(傘とかループのリボン)もあるようです。Fazerはゲイシャチョコで参加。10月中のバー型チョコの売り上げの一部を寄付。IITTALAももちろん参加していて、2商品をわざわざこのために作ったようで、こちらは、商品がなくなるまで販売するとか。

roosa nauha2.jpg


それ以外にも、お店や公共機関の女性スタッフが胸元にピンクリボンをつけて働いておられました。日本の赤い羽根とか緑の羽根に近い感覚があるのかもしれません。
続きを読む
posted by みほこ at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

総集編 その1「自転車のある風景」

街を歩いていて、今回も気になったのは自転車。

自転車のある風景
自転車が止められている風景

は、気になります。
動いている自転車の撮影は、超困難なので、
「止められている自転車」で吸いつけられたものには、カメラを向けてみました。明かりが足りず、手ぶれしている写真もありますが、気に入った風景なので、データ削除せず、そのまま保存。
中でも「ヒット」した自転車たちを総集編としてご紹介です。

自転車・自転車・自転車!!!
posted by みほこ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

7049歩 搭乗するまでの歩数

・・・いっぱい書いていたのに、操作を間違えて、テキストを飛ばしました。ふぅ。

27-10-09-02.JPG
やっとうっすらと青空が・・・嬉しかったです。


ヘルシンキ市内で、色々動いて、空港へ向かって、搭乗するまでの歩数は、7049歩。

スーパーマーケットへ行ったり、郵便局へ行ったりばたばたと。あっという間に午前中が終了。

夏の経験を踏まえて、今回は、早めに空港に入りました。
そしたら、拍子抜けするくらいに空いていて、どこもかしこも、滞りなく、待つこともなく、手続きすることができました。

聞くところによると、午後3時以降は、夕方出発の便が多いので、やはり各所混み合うとのこと。空港は、拡張されて、とても広々しましたが、搭乗口までが今までよりも遠くなったので、早く行動する必要はありそうです。

大好きなRAJATONのベストアルバムが発売に!


27-10-09-01.JPG

DVD付き。ベストアルバムなのだけれど、初めてCDに収録されている曲も2曲あって、いいですよ。2曲の内の1曲は、夜中にラジオで聞いた曲でした。

う〜ん。幸せじゃ!
posted by みほこ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

けっこう歩いて9,121歩

けっきょく今日も曇りと雨で、散歩をすることはできませんでした。雨が激しく振り出すと、移動は断然トラムに変わり、外を闊歩する距離も短くなりましたが、それでも、本日の合計歩数は、9,000歩以上。けっこう歩いておりました。

今日は、頼まれ物のお買い物デーでもありましたが、人に会う日でもありました。初めて歩いた通りもあって、約束の時間がなければ、もっと脱線しながら通りの探検をしていたかもしれません。


本日の一枚・・・ランチ@パン屋さん。

26-10-09-1.JPG

かぼちゃのスープにパンです。
持ち帰りもできますし、お店のテーブルで
ちょこっと食べることもできます。
コーヒーだけふらっと立ち寄って飲んでいく人もいます。
posted by みほこ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

13895歩で往復

日曜日。夏時間から冬時間に移行して、なんだかぼけぼけの状態でトゥルクへ。
ヘルシンキからの出発は、まず、トラムに乗って・・・
25-10-09-2.JPG
〔乗っている人がほとんどいなかったので、クマたちも堂々とトラムに乗りました。〕

それから、バス。
25-10-09-3.JPG


バスの出発時間は、午前9時。特に早いバスではなかったけれど、車内はがらがら。ま、日曜日ですからね。

バス移動中の風景はこんな感じ・・・

25-10-09-4.JPG


トゥルクに到着してすぐに行ったところは、ここ。

25-10-09-9.JPG

まだ、日曜礼拝中だったので、こっそりお邪魔しました。今日は、特別礼拝の日だったようで、教会前の広場に大型バスも一台停まっており、大勢の人が参加していたのでちょっと驚きでした。だって・・・私の周囲に日曜ごとの礼拝に出かける敬虔で、信仰の厚いフィンランド人は誰もいないのですもの。

さて、今回のトゥルク行きは、友人たちに会うためだったのですが、秋の恒例行事『Silakka(にしん)市』最終日と聞いて、さっそくアウラ川沿いに行きました。

25-10-09-7.JPG

トゥルクのにしん市は、本当に久しぶり。その変容に時代の流れを感じました。初めて行った20年前(そう、ちょうど20年前)は、オーランド諸島から来た漁師さんたちの自家製のニシンの酢漬けの数々を、川岸につながれたボートと、岸辺から直接やりとりして買っていたのに、今は、川の土手の上の道に、ところ狭しと屋台が並ぶという光景に様変わり。売っているものも、鮭を焼いたものだったり、手工芸品があったり、イベントには欠かせないキャンディー売りのテントや地方都市のパン屋さんたちがあったりと、日本のお祭りの屋台や神社の仲見世のようでした。いつの時代から、こんな「なんでもかんでも市」になったのかと尋ねたら、たぶん、2000年代に入ってからだと思うという返事。

そんな風に様変わりしても、川岸に舟をつけてニシンの酢漬けを販売しているお店も何隻かあったので、私は、そこで、買いました。

買ったのは、こちらの3つ。

25-09-10-8.JPG

日本に持って帰れるものではないので、友人たちに上げて来ました。私ももちろんちょこっと食べましたけど。スーパーで売っている瓶詰めとは、味が違います。塩分がそんなに濃くなくて、ほんのり味で、お魚もぷりぷりしていて美味しいのです。そのままで食べても美味しいし、ライ麦パンにチーズと一緒に載せて食べても美味しいのですよ。

秋の進み具合は、ヘルシンキよりもトゥルクの方が早かったようで、ヘルシンキでは、まだ、木々が黄葉で美しいですが、トゥルクでは、道が秋色になっていました。

25-10-09-10.JPG

posted by みほこ at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本日の0歩〜すごいぞNokia!

今日からフィンランドは冬時間。(EU全部今日から冬時間)
時間帯としては‘普通’に戻っただけですが。


夏時間から冬時間への移行‘現場’を押さえるべく、
ラジオをつけっぱなしにしていたのですが、
「夜行バスや列車は、途中の停留所で1時間、時間調整のため、
停車します。」というラジオからの音を聞いた後の記憶がなく、
あ!と目を覚ましたときは、午前5時の時報の直前。
そう、普通時間に戻った後でした。「ホシ(犯人)を逃してしまったデカ(刑事)」の気分(大げさ)でした。

う〜ん、残念と伸びをしながら腕時計と携帯の時間を見比べてびっくり。携帯の時間が、自動的に冬時間になっているではないですか。
いつ変わったんだ!?どういうふうに、変わるのだ?
画面が変わる瞬間を見たかった、とそこでまた地団駄を踏みました。


これは、‘すごいぞNOKIA!’と自慢に思っていいことなのか、
それとも、GPS機能がついている電話は、全部自動的に変わるのか。
まあ、いずれにせよ、嬉しかったので、記念撮影しました。

ちょっとピンボケですが。

25-09-10 1.JPG
〔写真をクリックして拡大して見てください。〕

posted by みほこ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

意外と歩いて7531歩

本日は、いろいろシリーズでまとめてみました。

24-10-09-2.JPG
明るい色々ハロウィーン色のお花屋さん
小ぶりの菊の花もオレンジ系でまとめられていて、秋にぴったりな感じでした。


いろいろケーキ篇
24-10-09-6.JPG
美味しそう・・・で
甘そうです。



色々、根野菜篇
24-10-09-3.JPG
入れ物のカゴが良いなと思って。


24-10-09-4.JPG
色々な香辛料。
カラフルだな・・・と思って写真に撮ってみたら、
赤系の色が多いことを「発見」


24-10-09-5.JPG
こんな楽しい色合いの毛糸があるなら、
編み物ができるようになっていればよかったなと思います。
見ているだけでも十分嬉しくなります。


夏に来ていたときにも気になったポスター。
フィンランドのイメージポスターの一枚が
サルミアッキ。
24-10-09-1.JPG
説明文のタイトルは、「フィンランド人が好きなスイーツ」
イメージポスターで、これを出してくるフィンランドに脱帽。


さて・・・今日から明日に間に時間が冬時間に戻ります。
明日から、日本との時差は7時間!
ちょっとフィンランドと連絡を取り合うのがたいへんになります。
今はメールがあるので、あまり時差を感じずに働いておりますが、
緊急の仕事がある場合や、直接電話で話したいときなどは、ちょっと不便になります。たった一時間ですが、この3,600秒の差は、けっこう大きいのです。

久しぶりにHUOMENTA SUOMI 〔おはよう、フィンランド〕の新聞広告が見られるのかと今から楽しみです。

posted by みほこ at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ただ今 0歩

時差ぼけがまだ続いております・・・
この2日間のBLOGの文章を読み直し、あまりのひどさに、書き直そうかとも思いましたが、まあ、これも記録の一つとそのままにすることにしました。

夜8時を過ぎると突然意識レベルが低下します。すと〜んと意識が落ちます。昨日もブックフェア会場にいたのですが、午後5時を過ぎたところで、空腹と睡魔に襲われ、歩きながら眠りそうだったので、どうしても聞きたかった作家さんのインタビューを聞かずに会場を後にしました・・・うう、残念。椅子に座ってそのまま、舟を漕いでしまっても失礼ですしね(と、いろいろ言い訳つけている自分が情けない。)

ただ今、7時55分。
明日は、ちょっと遠出するので、今日はそのための準備と買出しに出かけます!

本日は「国連の日」。日の出と同時に国旗が掲揚されるはずです。
posted by みほこ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

13,836歩のマーチ

本日の歩行歩数の半分は、街で。つまり、屋外で。
残りは、ブックフェア会場で。

今日もお天気はあまりよくなかったのだけれど、木々の黄色い黄葉の色がとても濃くて、芝の上に落ちた葉っぱの香りが公園に差し掛かるとふわっと漂ってきました。こういうアロマな香りって、究極のアロマでしょうから、とても贅沢をしているなと思います。

ほどほどに湿っていて、落葉の上を人があるくといい具合に香ってくるのです。香りは全く違うけれど、日本で芝生を刈っているときに出る香りの感じに似ています。

23-10-09-1.JPG
〔香りがふわっと漂ってきた公園の一つ。〕


街が黄色勝ちなのは、けっして黄葉のためばかりではないようです。お花屋さんの前を通ると、オレンジ色が目立ちます。
ハロウィーンですね。全然こういう「イベント」は関係のない、関心もなさそうな国なのに、とうとうこんな商業主義に流されてしまったのか・・・とちょっと残念な気持ちもあります。

23-10-09-2.JPG

posted by みほこ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

14117歩も歩き回ったところ

今朝外へ出たときの空の明るさ。

22-10-09-1.JPG

日は確実に短くなっています。
まだ、夏時間なので、日没は、日本よりも遅いです。
今週末の日曜日から冬時間へ移行。
時差ぼけの上、また、時間が1時間遅れるので、体内時計がきっと変なことになるのだろうなと思います。

さて、本日は、テクテク歩くというよりもあっちへふらふら、こっちへふらふらな一日でした。

何をしていたかというと、ヘルシンキで本日から始まったブックフェア(Kirjamessu)会場におりました。

会場にいた時間は、実に8時間近く。こんなに熱心に『展示会会場』で見て回ったことなどかつてないかもしれません。ヘルシンキでのブックフェアに足を運ぶのは、4回目。
いろいろな会場で開催される著者インタビューなども聞いております。

前回と変わったなと思った点は、イベント会場の装飾。IKEAが協力していて、書斎風、子ども部屋風、カフェ風などIKEAで扱っている家具などで舞台作りしていました。

22-10-09-2.JPG
<子ども部屋を意識した会場>

東京の国際ブックフェアほどではないものの、ヘルシンキのブックフェアもごった返すというイメージがありましたが、今日は初日で平日のためか空いていました。学校のクラス単位でまとまってブックフェアに来ている子どもたちは今年も大勢いて、ブックフェア会場内オリエンテーリングに挑戦していました。

同時開催していたのが『ワインと食』展。
日本からも秋田から「日本のお酒」で参加していました。
別のブースでは、お寿司屋さんも開店していて、けっこう人が入っておりまして不思議な気分でした。握っていたのはフィンランド人だったのではないかなと・・・

お酒エリアの出入り口には、警備員が立っていました。
最初、こんな中途半端なところにゲートがあってどうしたのだろうとぼんやり考えていたのですが、そのエリアに入ってわかりました。未成年の入場チェックをしている人なのだということに。

フィンランドは18歳から飲酒できるはずですが、どうやって判断するのだろうと思います。みんな大人っぽいので、判りにくいのではないかと。

ワインやシャンパンの試飲では、本物のワイングラスを使っていました。日本だったら小さなプラスティックか紙コップでホイホイ配るだけではないかと思うのですが、ちゃんと香りも楽しんでもらおうという趣旨なのでしょうね。手間もかかるし、割れると大変だろうに・・・と思います。土・日は、きっと入場者も増えて、今日のように悠長なことはできないのではいかと余計な心配も。
posted by みほこ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

8900歩で来たところ

自宅からの歩数     8,900歩
自宅からの徒歩の距離  5.08km

・・・で到着したところ・・・とは。

あ・・・外の写真を撮っていませんでした。

夕飯の後にいただいたデザートは、これ。

21-10-09-1.JPG
<チョコレートケーキ メジチ家風>
どこが、「メジチ家」なのかさっぱりわかりませんが。

夕食をご一緒した人が食べたデザートは、これ。

21-10-09-2.JPG
<ティラミス>

オープンから50年ほどのレストラン@ヘルシンキ。
フロアスタッフの方々も、もう何十年も変わっていないレストランなのだそうです。客も、フロアスタッフも若くないと駄目、務まらないというような風潮がある昨今、こんなに長い期間スタッフが変わらずに働いているということはとても素敵なことだ・・・とは、ご一緒した人の言葉。私もそう思います。
フィンランドでは、カフェのお客さんの年齢層の幅は広いと思うし、スタッフも若ければよいという傾向はそんなにないと思っていたのですが、同じスタッフがずっと同じ場所で働き続けることがそんなに稀有だとは思いませんでした。

posted by みほこ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋休み2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする