2016年08月30日

【夏休みの余韻にひたる ii 】リガのレストラン MUUSU

普段あまり食べ物の話題は出さないのだけれど、ラトビアで食べたものがとても美味しく、少なくとも私にはぴったり合ったお味で、しかも気張っていないのに見た目も美しいという、驚きの連続でしたので、奮発した外食の記録を残します。

多くの旅行者を、マックとか、ヘスブルゲリ(フィンランドのバーガーショップ)、キオスク系ファストフードのお店で見かけた一方で、地元のレストランにも旅行者はちゃんと入っていました。
ただ、フィンランドのレストラン値段とあまり変わらず、マーケットや市場での食材値段から考えると観光客価格に釣り上げられている感は否めませんでしたが、雰囲気と盛り付けのおしゃれさと美味しさと店員さんの可愛らしさ(とにかくみなさん、笑顔が素敵)を全てまとめれば、妥当なのかな、と。お仕事や家族の特別なイベントで食事に来ている人たちにも出会っておりますので、観光客だらけ、というわけではなかったのですが…

今日、余韻にひたるのは、レストランMUUSU。HPは、こちら。
血糖値が下がりきってふらふらな状態でお店に入ったので、食べ合わせをしっかり考えずに、目に飛び込んできた好きなものを注文してしまったので、お料理の組み合わせとしては、失敗。これは、ひたすら自分の選択ミスと反省。だからよけいに、残さないように一生懸命食べました。

何が失敗しただったかというと、クリーム系のラビオリを注文したのに、前菜にもクリーム系スープにしてしまったこと。サラダにしておけばよかったのです。ものすごく大反省。

最初にサービスされたのは、お店で焼いているというパン。オリーブオイルとバルサミコが入った2種類のオイルを用意してくださいました。パンも2種類。もちもちした感じて、お腹に溜まるモノでした。

前菜にお願いしたのはスープ。それだけでお腹がいっぱいになるようなこってりさとボリュームで美味しかったのですが、スープだけで満腹感が満たされてしまったので、メインのお料理をちゃんと食べることができるかどうか不安を覚えるほどでした。

次に登場したのは、メイン料理のラビオリ。

MUUSU 2.JPG

上に載っているミニトマトがこのラビオリを最後まで美味しくいただくための要。ラビオリ・ラビオリ・トマト、ラビオリ・ラビオリ・ラビオリ・トマトというリズムで食べると、たいへんな美味です。

MUUSU 1.JPG
ラビオリがサービスされる頃までは、こちらの区画にはほかにお客様がいなかったのですが、あっという間に半分以上の席が埋まりました。

あらびっくりと店内をきょろきょろしてしまったのは、リネン布使いの多さ。テーブルランナーとテーブルクロスはもちろんのこと、ソファ席のクッションカバーも椅子にかかっているカバーもすべてがリネン。すっきりしていて、でも、温かみがあってそれでいておしゃれ。カジュアルな服装で入ることもできますが、ドレスアップしたお食事を楽しむことができるような雰囲気のお店でした。

お店の外観はこんな感じ。

MUUSU 3.JPGMUUSU 3.JPG




posted by みほこ at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

9月と10月 フィンランド語講座(講読)告知

秋のフィンランド語告知です。

≪@朝日カルチャーセンター・新宿校≫

朝日カルチャーセンター 新宿校で開催の「体験・フィンランド語講読」(9月3日と17日)は、開講決定しました。

10月から3か月間の同内容の講座をまず体験していただこうという講座です。長文を読み始めてみたいという方、お待ちしております。
詳細は、こちらでご確認いただけます。

10月からの講座の募集も開始しています。
10月期始まりの講座の日程等詳細については、こちらでご確認ください。
体験講座とは違う長文を読む予定にしていますので、いきなり講座にお申込みいただくことも可能です。長文は、日本でもよく読まれているお話しのフィンランド語版を予定しています。

≪@マトカトリ・日本橋≫

マトカトリさん@日本橋で月1回開催している「フィンランド語で『絵本』を読む会」
9月と10月の日程が決定。募集開始となりましたので、ご案内いたします。
読む絵本は、引き続き「タトゥとパトゥのフィンランド」

9月17日(土)第5回目 タトゥとパトゥがフィンランドの今を紹介。
10月29日(土)第6回目 タトゥとパトゥが架空のVirtanen地区の家庭訪問をします。

申し込みならびに詳細情報は、こちらで確認してください。

参加にあたって求められるフィンランド語の習熟度について、先日簡単に案内しましたので、こちらをご確認ください。

フィンランド語講読講座の習熟度について ⇒ リンク


上山 美保子

posted by みほこ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろフィンランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

グリーンボックス!

夏休み終了後の初お花!
今回はお花無しで、葉っぱもの盛り盛りのアレンジです。
案内の写真を見て、楽そう!と思っていたのが大外れ。箱の装飾まで葉っぱで行うという、工作の時間が半分以上。パーツ作りも含め、下準備になんと1時間以上かかりました。

アレンジに盛り込む並べ方は、作り手の自由ということだったのですが、見本の通りにするのもなかなか難しい作業で止むを得ず自分でアレンジしやすい並びとなりました。

グリーン素材は、全部で10種。

ドラセナ くるくる巻いて使います。
ゲイラックス こちらも巻いて、ロートのような形にします。一部は箱の装飾に。
クロトン
レモンリーフ
ローズゼラニウム
ポリシャス ワイヤリングして使用
リキュウソウ
ミスカンサス 箱の装飾に。
アンスリウム (バタフライ)
グリーンネックレス

完成作品!

304018DF-9754-40F5-A806-4076AA4F6918.jpg

正面は奥側なのだけれど、写真だとこちら側の方が写りがよろしいようで…


posted by みほこ at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 幸せな時間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

【夏休みの余韻にひたる i】フィンランド 切手2015〜2016前半発行分から

日常に戻っておりますが、買い求めてきた切手やはがきを見ながらむふむふしております。

フィンランドへ行くと、前年に発行された切手パッケージを買い求め、漏れがないようにしています。本当は、郵便物に貼られているもの、使用済みの切手で集める方が好きなのだけれど、ホントに郵便物少なくなってクリスマス切手の他は殆ど困難に。パッケージ買いは必須です。

切手の図柄は、使って初めてより鮮明に記憶に残るように思います。郵便物を送る相手を考えながら切手選びをしたり、郵便物に使うなら、と好みの切手をまとめ買いするからかも。

今年発行の切手で気づいたことと言えば、ムーミン絵柄の切手がない!ということ。ムーミン切手初発行後、数年間隔で発行されていましたが、このところ連続して出ていて、いい加減出すのをやめた方が良いのではないかと思っていたので、トーヴェ100の記念年が終わって、やっと落ち着いたのかも。

さて、昨年から今年にかけて発行された切手からお気に入りのものをじっくり観察!

何処に切手が隠れているのかな?
なんと図柄の中にPriorityのシールもこそっと埋もれています。

27527BCB-55CB-457B-BC51-9E18D9DC72F7.jpg

この一枚全体でどこかの街の様子が表現されているようにも見えます。使うのがとても楽しい切手でした。

4512054E-8B49-4B0D-B334-28833867C3BE.jpg

今年発行の切手から。マキシムカードも発行された5枚組。街から離れるとよく見かける納屋。建物一つ一つに味がある。納屋の立つ場所で確実に素敵な風景の一要素になっています。

お次は、昨年発行の切手。これ使う機会があったら使いたかった…

C77BCEBD-52CB-4991-8199-BAECB98B34F3.jpg

可愛いというより楽しい。一枚ずつ使うのではなくて、小包を出すときなど全部を丸々使いたいと思った切手。

一枚もの切手から。

F38CE56A-9094-4E2C-9893-B2F6657ACB88.jpg

今年のEurope切手。
テーマはエコロジー。
切手の中に飛んでいる鳥たちが、切手外に配置されているPriorityシールの形にもなつているという懲りよう。


本当は全部を触れたいくらいなのだけれど、この辺りで、おしまいにしておきます。



posted by みほこ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

【夏休み 22日目】 お片づけ土曜日

暑いよ暑いよ暑いよ〜と、予告されて戻りましたが、今日は、降ったり止んだりで、かんかん照りではなかったので、わりと淡々と過ごしておりました。今日は、1日お片づけ。行く準備は、さかさかと出来るのに、帰ってきてからの片づけは、いつも時間がかかります。
休みだったから、その期間何処かに出かけていたから、お土産を渡さなきゃ、というのも変な話だと思うのだけれど、毎年、これに一番頭を悩ませます。今回は、うわ!どうしよう!とならないために、少しずつ多めに仕入れてきたので、多分、数が不足するという事にはならないかな。

加えて、今回も、お買い物を頼まれたので、それを仕分けて渡せるようにまとめたりしてました。

今回特にいろいろ買い込んだのはこちら。

【コーヒー】

77DE848A-F9DC-4EDF-BB4A-219BE87E3D4B.jpg
コーヒー。手前の二つはフィンランド国内のカフェなどで出されていることが多いというコーヒーで、エコショップとか食材にこだわりのあるお店での取り扱いがあるコーヒー豆。
後ろのPauligのコーヒーは、行くたびに種類が増えていて選ぶのがたいへんになってきました。定番のJuhla MokkaとPresidenttiですらロースト違いがあって、コーヒー音痴は選ぶのに苦労しますが、一応、説明書きを読んで選んでみました。

【ボディクリーム】

DD8A7B3F-E0C0-43AF-9906-537563006663.jpg

フィンランドの化粧品ブランドと言えばLUMENE。フィンエアーの機内で購入できていたので(そういえば、最近見なくなった)知名度はあるかと…化粧品なので、とにかくご縁は無かったのですが、昨年、白樺とはちみつ≠フボディクリームをいただいて、香りよし(決して強い香りではないです)、塗り心地(って言うのかな)だったので、今回は、自分用に買い求めようと買い物リストに入れていたのです。LUMENEなら、ストックマンかソコスデパートの化粧品売り場(高級ブランド化粧品の方ではなく、コスメグッズの取り扱いがある売り場)へ直行。なんと、クラウドベリーとクランベリーのボディクリームまであって売り場の華やかさに驚きました。今までルメネと言えば白というイメージしか無かったので。

実は、それぞれにシャワージェルと種類によってハンドクリームやフットクリームとデオドラント商品も出ておりましたが、取り敢えずボディクリームのみに。暑さの厳しい間は白樺とはちみつ≠使い、涼しくなったらベリーへ移行しようかと思っております。でも、ラッカ(クラウドベリー)もプオルッカ(クランベリー)もどちらかと言うと酸っぱさのあるベリーなので、香りも爽やかなのかなあ。ベリー=甘い香りは、絶対的に刷り込み思い込みですよね。


【憧れの調味料】
普通の胡椒と乾燥ニンニクですが、ミル型の入れ物で憧れること果てしなく…今回、やっと買い求めました。
010EA573-0B5A-4CD9-8EA1-117F2E580417.jpg
今回やっと…って高価だからではなく、いつも色々他に優先するものがあって、重量的に諦めていただけです。
プラスチックなので、詰め替え可能とは言え、どれだけ耐久性があるか多少心配。でも、使うのがとても楽しみ。

以上 買い込んだものレポートでした。




posted by みほこ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

【夏休み 20日目〜21日目】 日本へ戻る

帰国日はいつものことながら早めに空港へ。チェックインも保安検査も混んでいました。ただ、免税手続きは、かなり空いていて、出国審査は、日本のパスポートでICタグが入っていれば自動ゲートが使えるので、ストレスなくすんなり通過。これ一時期試験的に使えていましたが本格始動ということでしょうかね。

今回は関空へ戻りました。搭乗口は、バスで連れていってもらうところ。何と13箇所も並んでいるのですよ、出発口が。日本の長距離バスの待合室的で大勢座るところはベンチ。
乗り継ぎでやることもなくて、待つ場所がここしかないとちょっとたいへんかも。しかも、搭乗手続きした後、バスに乗るまでの間に待つスペースは、相当狭い。フィンランドにしては、珍しく効率重視で作った感じ。バスの発着スペースを見る限り、取り敢えず、という作りではなく本格始動に見えるのです。10分程度の待ち時間のためにそんなに快適な空間を用意する必要はないけれど、搭乗開始前の待合スペースは、もう少し滞留しやすい雰囲気の方が良くないかなぁ、などと思ってしまいました。

週明けからずっと雨に見舞われておりましたが、昨日はなんとか雨なしで出発出来ると喜んでいたところ、最後に降られました。

DC6D3F8A-0DE4-4211-A908-6FFF016C9563.jpg

今朝の関空で。

23BD1F3C-B3D8-4DAE-B8F0-C59BCC5C01F0.jpg

そして、羽田空港からモノレールに乗って見た風景。

0D2E9C28-CE84-4C91-B898-6F1130B9EAC7.jpg

左が通行、高速の立体交差。ニッポン!ですね。

自分でも驚くほど、あ!これこれ!と帰って早々感激したもの。
7F39AD9C-D9E0-4E17-8F6A-3B7D5F970895.jpg

使い捨てが殆どですが、おむすび一つ購入した時にも必ず入っているし、これが付いているとどれだけ便利か。濡れタオルであるところがミソですね。





posted by みほこ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

【夏休み 19日目】 日常の中のお休みという感じの一日

小・中学生の夏休みだったら、夏休み20日目の頃ってどんな気分だっただろうとふと思い出そうと思いましたが、ラジオ体操皆勤賞を目指したり、学校のプールに毎日のように通ったりしていたようなしていなかったような。40日間の夏休みの折り返し地点にあたります。
長期休暇の恒例で、本は読もうと何冊か携えて来ておりますし、それ以外にもやりたいこと用の道具も持ってきております。ただ、お天気が良いと部屋の中に閉じこもっているのがもったいなくて、けっきょく外へお散歩に出てしまうものだから、遅々としてはかどっておりませんが、のんびりするための夏休みだから、まあ良いか…と。

今日は、午前中が雨。お昼頃からようやく青空が出始めたので、お散歩がてら外出。いったん、部屋に戻って休憩。そして、また、外出という一日。

雲一つない真っ青な空が広々と広がる夏の空も魅力的ですが、地平線までずっと続きそうな雲の並びをこんな風に見ることができる空も大好きで、日本の空との違いを楽しんでおります。

17-8-2016.JPG


撮影時間は、本日、17時31分(フィンランド時間)。遊歩道が続いているところなので、歩く人、走る人が多いこと。もちろん、海を見ながらのんびりおしゃべりしている人もいますし、通り沿いにあるカフェにお食事に来ている人たちもかなりおりました。

フィンランドって、通りでは人を見かけないのに、お店に入ると人がいっぱいとか、いつの間にか人が集まってきているということが多く、「どこでもドア」で突如出現しているのか!?といつも不思議に思います。

今回も、時間ができると書店に行っておりますが、どこの書店でも、誰かのために、特に子どものために本を探す人は、お店にやってくるとまっしぐらに店員さんに相談に行っている様子がいつものことながらよいなぁ、と。日本だと、XXXという本はありますか?とか、△△さんの本はありますか?とお客側が求めるものが決まっていて、単にその書籍がある棚を尋ねたり、在庫の有無の確認だったりするけれど、フィンランドの場合は、○才の男の子または、女の子にお勧めの本はありますか?という尋ね方。だから、私なんぞが、あちこちの棚を見ていると、お手伝いしましょうか?と声をかけられます。いつも、特にお手伝いしてもらうことはないけれど、今度、お願いしてみようかな。「あなたの好きな作家さんの本を紹介してください。」とかね。
ちなみに、今読んでいる、フィンランドの小説は、昨年、店員さんがお客さまにお勧めしていた本。ちくりちくりと今のフィンランドの社会への苦言も呈している、ヘルシンキが舞台のちょっと面白い設定の作品。店員さん、ありがとう!な出会いをした作品です。






posted by みほこ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

【夏休み 18日目】 一日雨降り 

今回の夏休みで初めて一日中雨降りの日でした。小雨のときは、傘なしで闊歩しようと思えばできたのですが、濡れると冷えて風邪をひくので、一応、傘をさしました。とうとう、上着も重ね着しまして、そのくらい、涼しいというか、寒いです。

昨日から、複数の人に会うという日々になっておりまして、あれやこれやと近況報告して過ごしております。今日は、ちょっとしたハプニングもあり(トイレの鍵が開かなくなって、閉じ込められた)、いやぁ、「世界は狭い」という偶然の再会もあり、雨とは言え、よい一日でした。

そろそろ夏休みも終わり故、荷物のまとめとか、帰る日のことを考え始めているわけですが、今日は、買い込んだ絵ハガキまとめもしてみました。

まず、絶対に新作がないかを探してしまうVirpi Pekkala(ヴィルピ・ペッカラ)。

16-8-2016 1.JPG

妖精系ではなく、人間が主人公になっているカードもけっこうあるのですが、私は断然、妖精系。

今回、内容的に一番面白いと思って買い求めたもの。
誰かに送ろうと思ったのだけれど、こういうカードを面白がってくれる人が思い浮かばず未使用。
フィンランドの場所の名前、湖の名前、苗字を英語にするとどうなるか、とイラストと言葉と両方で表現しています。
16-8-2016 2.JPG

こちらは、ポスクロ(Postcrossing)をやっている友人から、フィンランドの好きな絵ハガキシリーズなのだと教えてもらったInge Löök(インゲ・リョーク)のもの。実は、けっこう見つけるのに時間がかかりました。
16-8-2016 3.JPG
私は、ちょっと苦手な絵なので、このイラストが好きという友人にカードを発信するために購入しました。


2年ほど前に初めて出会ったアップリケと刺繍デザインの絵ハガキ。在庫補給に買い求めました。
16-8-2016 4.JPG

今回、初めて目にしたカード。
16-8-2016 5.JPG
Mari Huhtanen (マリ・フフタネン)のもの。他にも夏要素満載のカードが数種類あったのですが、こちらで、あまりフィンランドらしい夏の暑さを感じないためか、フィンランドの夏の様子を描いているということはわかりつつも、どうも、購入意欲にまではつながりませんでした。食べ物だけでなく、こんなところにも実際の気候って影響するのかな、と驚いておおります。

日本にも数種類カードが輸入されている方たちのもの。
16-8-2016 6.JPG

ここからは、絵本のイラストレーター、本の挿絵を描く人という認識が強いお二人のハガキ。

まずは、日本でも既に人気があるというMatti Pikkujämsä (マッティ・ピックヤムサ)
16-8-2016 8.JPG

子ども向けの詩集のイラストを手がけた作品が多いです。面白い、言葉遊び満載の作品が多く、日本にも詩に親しむ人たちがもっと多かればきっと受け入れられるのに、と思いますが、訳すのはかなり骨が折れそう。

最後は、テキストを手がける作家さんも含め大好きな作品が多いMarika Maijala (マリカ・マイヤラ)の絵ハガキ。
16-8-2016 7.JPG
今年のボローニャ絵本原画展で、入選しているイラストレーターさんです。
彼女が手掛けているフィンランドの絵本は、なかなか日本版にしてくれるところがありません。お話の内容が難しい、いや、ちょっとぶっ飛び過ぎている、はたまた、テキストが長すぎる…と理由は色々ですが、いつの日か、やってみましょう!と言ってくださる出版社さんが出てくることをひたすら期待しているところです。

posted by みほこ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

考える一日

今日は、第二次世界大戦終結の日なので。

B0E363C6-F629-40C8-BD61-D20A971A3739.jpg


アフガニスタンでの平和維持活動に加わっていたフィンランド人兵士による手記。

C94F6E19-073C-4602-853D-65C7CBF5D60E.jpg

読み始めたところです。




posted by みほこ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

【夏休み 16日目】 ひたすら歩く一日

今日は、日曜日なので、何にもしない一日にしようと思っていたものの、せっかくだからと散歩に出ました。
でも、午前中は、雷雨で足止めとなり、本でも読んで静かに過ごそうとした矢先、青空が。こうなると、外に出たくなりますね。

≪今日のお散歩ルート≫

マーケット広場を起点に、シリヤ・ラインのターミナルを通過しつつ、カイヴォ公園(Kaivo puisto)へ向かい、「大使館区画」をぐるりと歩き、スオメンリンナ要塞が見える海岸沿いを少し歩いて高台になっているあたりを通過してエスプラナディ公園周辺に戻ってくるというルート。海岸沿いは、歩く人、走る人、自転車で走る人とけっこう人と行き違いましたがカイヴォ公園内は、ときどきすれ違う程度。入ってはいけない場所にいるのか?と不安になるほど人がいなかったです。夏休みが終わったばかりの日曜日だからなのかな、と勝手に想像してみたりしつつ、適度に空腹になったところでお散歩終了。

夏の強い日差しが葉っぱの向こうから照らしていて、きれいだなと思ったので、撮ってみた一枚。
あんまり感じが伝わらないかも・・・
14-8-2016.JPG

≪今日の失敗談≫

週末(金曜日〜日曜日)のみ開館しているマンネルヘイム元帥の博物館へ行きたくてカイヴォ公園まで足を延ばしたのです。本当は。過去に一度だけ訪問していて、その頃は、フィンランドのことも、ましてや、フィンランドの歴史もほとんど勉強していない状態だったので、「暖簾に腕押し」「糠に釘」だったわけなのですよ、何を見ても。来年は、フィンランド独立100周年になるし、ここでもう一度と思ったわけです。
ところが、博物館の見学は、ガイド付きのみ。まあ、確かにそうでないと、訪問する意味はないのかなと思ったり…。このガイド付きの見学は、所要時間が約1時間で、私が到着したのは、閉館ちょうど30分前だったので、また、次回来てください…となりました。次回って、来年になるなぁ、たぶん。
これから、マンネルヘイム博物館を訪問予定の方は、ガイド付きツアーになるということを念頭に置いて出かけてくださいね。





posted by みほこ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 夏休み2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする